映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・アダムス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1927年 まで合計21映画作品)

1927年

大進軍(1925)

  • 1927年9月30日(金)公開
  • 出演(Justin_Reed 役)

「栄光」「戦艦くろかね号」の原作者ローレンス・ストーリングス氏が執筆した物語を映画化したメトロ・ゴールドウイン社超大作品で、ハリー・ベーン氏が脚色し、「腕自慢」「半獣半人の妻」「男子凱旋」等と同じくキング・ヴィダー氏が監督した。主役は「半獣半人の妻」「男子凱旋」等出演のジョン・ギルバート氏と「愛の黒眼鏡」「神ぞ知る」等出演のルネ・アドレー嬢で、カール・デーン氏、トム・オブライエン氏、ホバート・ボスウオース氏、クレア・マクドウェル嬢、クレア・アダムス嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌が1926年度最優秀映画として推薦して賞碑を与えたもの。ニューヨークに於いて96週間の長期封切り興行を終わって最近に一般に発売された。キネマ旬報外国映画ベスト・テン3位。別邦題「ビッグ・パレード」。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルネ・アドレー クレア・マクドウェル ホバート・ボスウォース
1925年

狂乱船

  • 1925年当年公開
  • 出演(Martha_Joyce 役)

チャールズ・E・ウィティカー氏の原作によりA・P・ヤンガー氏が脚色し、「南海の島」「曠原に立ちて」等と同じくヴィクター・フレミンフ氏が監督したもので「南海の島」で共演したポーリン・スターク嬢とウォーレス・ビアリー氏及び「猛襲一騎討ち」等出演のウィリアム・コリアー氏が主演しクレア・アダムス嬢、レイモンド・ハットン氏、ジョージ・クーパー氏等が助演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ポーリン・スターク クレア・アダムス ウィリアム・コリアー・ジュニア
1924年

厚化粧の浮れ女

  • 1924年当年公開
  • 出演(Eunice_Whitney 役)

アラン・パール原作の舞台劇を脚色したものを、ジョン・ゴーマンが監督。主役は「疑惑の夜」「人類の破滅」のジェームズ・カークウッドと、「アダムス・リブ」「ソニー」のポーリン・ギャロンで、その他「荒野の放浪者」のキャスリン・ウィリアムス、「火焔の船」のジョン・ハロンをはじめ、アルバート・ロスコー、クロフォード・ケント、クレア・アダムス、ハル・クーリーが顔を見せる、現代流行のジャズ劇である。

監督
ジョン・ゴーマン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド ポーリン・ギャロン クロフォード・ケント キャスリン・ウィリアムス

浮気征伐

  • 1924年当年公開
  • 出演(Fay_Collen 役)

フレディリック・ロンスデール氏作の舞台劇をクララ・べランジャー女史が脚色し「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督したもので、「駅馬車(1925)」「性の敵」等出演のベティー・カンプソン嬢と「子の心親知らず」「禁断の楽園」等出演のアドルフ・マンジュウル氏と「ステラ・マリス」「自由結婚」等出演のエリオット・デクスター氏とが共演し、ザス・ピッツ嬢、クレア・アダムス嬢等が助演している。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
ベティー・カンプソン アドルフ・マンジュウ エリオット・デクスター ザス・ピッツ

叔父さん征伐

  • 1924年当年公開
  • 出演(Helen_Lawrence 役)

ジョン・ハバートン氏の原作をホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「名家の秘密」「厄介娘」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもので、主役は「淋しき灯台守」「名家の秘密」等主演のベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢で「女性礼讚」「二人頑固親爺」等出演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏を始めクララ・ボウ嬢、リチャード・タッカー氏等が共演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
リチャード・タッカー クレア・アダムス エドワード・エヴァレット・ホートン クララ・ボウ

豪傑ラリー

  • 1924年当年公開
  • 出演(The_Girl 役)

ラリー・シーモン氏の第一回長編喜劇でチャドウィック社の製作である。すなわち「笑国万歳」の前の作品で、原作はウィルソン・コリソン氏およびエイブリー・ホプウッド氏原作の舞台劇を、シーモン氏自身監督したものである。対手役は「我れ一度怒れば」「天晴トニー」等出演のクレア・アダムス嬢で、喜劇俳優として有名なチャールズ・マレイ氏も出演している。

監督
ラリー・シーモン
出演キャスト
ラリー・シーモン クレア・アダムス チャールズ・マレイ ルシル・ワード

独身倶楽部

  • 1924年当年公開
  • 出演(Bobette_Andrey 役)

J・L・ホッブル氏原作になりベラスコ氏の当たり狂言なる「父逢」に基づき、ジュリアン・ジョセフソン氏が脚色し、「唖も語る」「女は曲者」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもの。主役は「ホワイト・ローズ」「廻り会う迄」等出演のメイ・マーシュ嬢、「結婚とは」「女は曲者」等出演のハリー・マイヤース氏の二人で、その他「幸福の宮殿」「小公子」等出演のクロード・キリングフィールド氏、「天罰」等出演のクレア・アダムス嬢等が共演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
メエ・マーシュ ハリー・マイヤース クロード・ギリングウォーター クロフォード・ケント
1923年

極北の天地

  • 1923年当年公開
  • 出演(Felice_McTavish 役)

「世界大戦の際ベルギーに加わって赤十字犬として偉勲をたてた」と伝えられるリン・ティン・ティンという猛犬を主役として作られた北国を背景の活劇で、フレッド・マイトンとチェスター・M・フランクリンとが脚色を書きフランクリンが監督の任に当たった。「激浪の一船」「スザンナ」等出演のウォルター・マッグレイル、「無敵必勝」等出演のクレア・アダムスが主要な役を演じている。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
クレア・アダムス ウォルター・マッグレイル パット・ハーティガン Myrtle Owen

死の勝利

  • 1923年当年公開
  • 出演(Minnie_O'Reilly 役)

チャールズ・ファースマン氏の原作をウィリアム・パーク氏が監督したもので、主役は「燃ゆる砂」「赤ん坊悪魔」等出演のミルトン・シルス氏で相手役はクレア・アダムス嬢である。

監督
ウィリアム・パーク
出演キャスト
ミルトン・シルス マーガレット・キャンベル クレア・アダムス Edwin Sturgis

男性美

  • 1923年当年公開
  • 出演(Beatice_Peabody 役)

「一国の風雲」「古城の鮮血」等同様ハーバート・ローリンソンン氏主演のユ社映画である。リチャード・ハーディング・デイヴィス氏の同名の譚りをジョージ・チェスター氏が脚色したもので監督は「名声」等のスチュアート・ペイントン氏である。かつて1917年青島映画として同題名同作者で発表された映画があるが全然本映画とは役割劇筋も異なり、此譚りのシーリーズ中他の一節を扱ったものであった。相手役は「無敵必勝」「突撃邁進」等のクレア・アダムス嬢、其他「愛国の唄」等のエドワード・セシル氏等が出演している。

監督
スチュアート・ペイトン
出演キャスト
ハーバート・ローリンソン クレア・アダムス エドワード・セシル Morris Johnson
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・アダムス