映画-Movie Walker > 人物を探す > モント・M・カッタージョン

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1931年 まで合計15映画作品)

1931年

龍の娘

  • 1931年当年公開
  • 脚本

「フー・マンチュー博士の秘密」「続フー・マンチュー博士」の続編で、原作も同じくサックス・ローマーの物語。「青春来る(1931)」「青春倶楽部(1930)」の共同監督者ロイド・コリガンが一本立の監督者となって監督したもので、脚色にもモント・M・カッタージョンと協力にしている。キャメラは「キック・イン」「失われた抱擁」のヴィクター・ミルナーが担任した。主演者は「ピカデリー」のアンナ・メイ・ウォン、前期「フーマンチュー」2編のワーナー・オーランド、サイレント時代に当ててスターだった早川雪洲で、「悪魔スヴェンガリ」のブラムウェル・フレッチャー、「魔人ドラキュラ」のフランセス・デードを始め、ホームズ・ハーバート、ニコラス・スーサニン、ネラ・ウォーカー等が助演している。

監督
ロイド・コリガン
出演キャスト
アンナ・メイ・ウォン ワーナー・オーランド 早川雪洲 ブラムウェル・フレッチャー
1929年

レヴュー時代

  • 1929年当年公開
  • 脚本、台詞

アリス・ホワイト嬢主演のオール・トーキーでジェイ・ゲルザー氏作の「ブロードウェイの銃士」を「東へ向く3つの顔」のモント・エム・カッタジョーン氏が脚色し、「高速度娘蕾の巻」「同ジャズの巻」のマービン・ルローイ氏が監督したものである。助演俳優は「高速度娘」「のらくら新療法」のチャールズ・デラニー氏を始め、「砂丘を越えて」「サンダーボルト(1929)」のフレッド・コーラー氏、「パリ酔語」「グッドバイ・キッス」のサリー・アイラース嬢、「彼の捕えし女」「キートンの船長(キートンの蒸気船)」のマリオン・パイロン嬢、「踊る青春」「ウイリー・リバー」のルイ・ナトー氏及びジョスリイン・リー嬢、ボディル・ロージング嬢等で、撮影は「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ボリート氏が担任している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アリス・ホワイト チャールズ・デラニー フレッド・コーラー トム・デューガン
1928年

春爛漫(1928)

  • 1928年当年公開
  • 脚本

パテ社ドミル作品で、ジョージ・キッブ・ターナー氏の小説に基づきモント・M・カッタージョン氏が書卸した物語を「村の医者」「メリケン波止場」等と同じくルパート・ジュリアン氏が監督完成したものである。主役は「空中サーカス」「空の鍛冶屋」のスー・キャロル嬢と「当り狂言」「モガ地獄」のリチャード・ウォーリング氏との2人で、これを助けて「市俄古」のロバート・エディソン氏、アーサー・ランキン氏、イヴァン・レベデフ氏等が出演する。

監督
ルパート・ジュリアン
出演キャスト
スー・キャロル リチャード・ウォーリング ロバート・エディソン Jane Feckley
1925年

愛の大雪嶺

  • 1925年当年公開
  • 脚本

コートニー・ライリー・クーパー氏作の小説をモント・エム・カッタージョン氏とL・G・リグビー氏とが脚色し「大分水嶺」「名馬天に嘶く」等と同じくレジナルド・パーカー氏が監督したもので、主役は「名馬天に嘶く」「黎明のサハラ」等主演のクレア・ウィンザー嬢と「腕自慢」「美人懸賞」等出演のバット・オマリー氏及び「紅椿」「紅の大空」等出演のロバート・フレイザー氏で、フランク・カリアー氏、スニッツ・エドワーズ氏、上山草人氏、ブリッシュ・ポナー嬢等が助演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
クレア・ウィンザー パット・オマリー ロバート・フレイザー フランク・カリアー

蛇身の鞭

  • 1925年当年公開
  • 脚本

ジョン・グッドウィン氏作の小説をモント・M・カッタージョン氏が脚色し「地獄の猛火」「夕陽の山路」等と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもので主役は「女人禁制」「霊魂の叫び」等出演のヴィラ・レイノルズ嬢が演じ、「雪国秘話」等出演のドロシー・フィリップス嬢と「国境の狼」等出演のロックリッフフェローズ氏とが助演し、その他ロバート・エイムス氏、ライオネル・ベルモア氏、パトリシア・パーマー嬢等も出演している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ドロシー・フィリップス ロックリフ・フェローズ ロバート・エイムス ライオネル・ベルモア
1923年

放埒娘

  • 1923年当年公開
  • 脚色

英国の小説家ジョゼフ・ホッキング原作の小説を、「大陸に鳴る女」等と同じくモント・M・カッタージョンが脚色し、「大陸に鳴る女」「白絹の女」等と同じくサム・ウッド監督。グロリア・スワンソン主演になったもの。今度の相手役は「夢の街」「世界を敵として」「君を思えば」等出演のラルフ・グレイヴス、「爆音千里」「ふるさとの家」のセオドア・ロバーツ等で、その他新進のヴェラ・レイノルズ、ロバート・エイニュー等も共演する。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
グロリア・スワンソン ラルフ・グレイヴス ヴェラ・レイノルズ セオドア・ロバーツ

滅亡への道

  • 1923年当年公開
  • 脚色

1923年に出版されたアーサー・トレイン氏原作の小説に基づき、「放埒娘」「8度目の妻」等と同じくモント・M・カッタージョン氏の脚色、サム・ウッド氏の監督で作られたもので、主役は「激闘の天地」「刺激を追う女」等主演のビービー・ダニエルス嬢、新進の花形ドロシー・マッケール嬢、ジーグフェルド・フォーリスから映画界に入ったばかりのメアリー・イートン嬢の3人で、相手役にはドロシー・ギッシュ嬢の夫君ジェームズ・フォーセット氏、ヘール・ハミルトン氏、マーロン・ハミルトン氏等の腕利きが出演している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ドロシー・マッケール ジェームズ・レニー ジョージ・フォーセット
1922年

海のモーラン

  • 1922年当年公開
  • 脚本

フランク・ノリスの小説を、モント・M・カッタージョンが脚色し、「シーク」などと同じくジョージ・メルフォードの監督したもの、主役は「愚か者の楽園」主演のドロシー・ダルトンと、「シーク」主演のルドルフ・ヴァレンティノとである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ドロシー・ダルトン ルドルフ・ヴァレンティノ Charles Brindle ウォルター・ロング

白絹の女

  • 1922年当年公開
  • 脚色

デイヴィッド・ライルが1916年に著した同じ名の小説から脚色したもので、「世界に鳴る女」「黄金の篭」と同じくサム・ウッド監督、グロリア・スワンソン主演になったもので、対手は「焼け爛れし翼」のコンラッド・ネーゲルと「運命の鼓」のロバート・ケインとである。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
グロリア・スワンソン ロバート・ケイン コンラッド・ネーゲル リチャード・ウェイン
1921年

シーク

  • 1921年当年公開
  • 脚本

エディス・M・ハル原作の小説を「瞬間の瞬間」などと同じくモント・M・カッタージョンが脚色し、「エヴリー・ウーマン」「海の狼(1920)」などを監督したジョージ・メルフォードが監督したもので、主役は「黙示録の騎手」で有名なルドルフ・ヴァレンティノと、近頃売り出しのアグネス・エイアースとである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
アグネス・エイアース ルドルフ・ヴァレンティノ アドルフ・マンジュウ ウォルター・ロング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > モント・M・カッタージョン