TOP > 人物を探す > ポール・スティーヴンス

年代別 映画作品( 1962年 ~ 1973年 まで合計6映画作品)

1973年

残酷欲情軍団

  • 1973年5月12日(土)
  • 出演(Mitch 役)

好きになった女のために殺し屋組織に戦いを挑む1匹狼の物語。監督は「真夜中のカーボーイ」「黒いジャガー」の編集者ヒュー・A・ロバートソンの監督第1回作品。製作はバービス・アトキンズ、脚本はロン・エルダー、撮影はウィルマー・バトラーとジェリー・ピーターズ、編集はポール・L・エバンズが各々担当。出演はカルヴィン・ロックハート、ロザリンド・キャッシュ、ヴォネッタ・マギー、ポール・スティーヴンスなど。

監督
ヒュー・A・ロバートソン
出演キャスト
カルヴィン・ロックハート ヴォネッタ・マギー ポール・スティーヴンス Rockne Tarkington

激怒(1972)

  • 1973年6月16日(土)
  • 出演(Colonel_Franklin 役)

化学兵器の実験ミスのトバッチリを受け、最愛の1人息子を失った中年の男の復讐物語。「センチュリアン」のジョージ・C・スコットの監督デビュー第1作。製作総指揮はJ・ロナルド・ゲッティ、レオン・フロムケス、製作はフレッド・ワイントローブ、脚本はフィリップ・フレイドマンとダン・クレインマン。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はラロ・シフリン、編集はマイケル・カーンが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、リチャード・ベースハート、マーティン・シーン、バーナード・ヒューズ、ポール・スティーヴンス、スティーブン・ヤング、ケネス・トビー、ロバート・ウォルデンなど。

監督
ジョージ・C・スコット
出演キャスト
ジョージ・C・スコット リチャード・ベイスハート マーティン・シーン バーナード・ヒューズ
1969年

スパイ大作戦 薔薇の秘密指令

  • 1969年11月21日(金)
  • 出演(Frank_Wayne 役)

TVで好評のシリーズ物の映画化。監督はポール・スタンリー。脚本はウィリアム・リード・ウッドフィールド、アラン・バルチャーの合作。撮影はミシェル・ユーゴー、音楽はラロ・シフリン、編集はデイヴィッド・ワージェスが担当。製作はジョセフ・ガントマン。出演は「テキサス」のピーター・グレイヴス、「ネバダ・スミス」のマーティン・ランドー、バーバラ・ベイン、黒人俳優のグレッグ・モリス、ピーター・ルーパス。そのほか、ロバート・フィリップス、ポール・スティーヴンス、エドアルド・シァンネッリが助演。

監督
ポール・スタンリー
出演キャスト
ピーター・グレイヴス マーティン・ランドー バーバラ・ベイン グレッグ・モリス

新・黄金の七人 7×7

  • 1969年3月15日(土)
  • 出演(Bingo 役)

ワルテル・パトリアルカとジャンフランコ・クレリチの原案を、セルジョ・ルフィーニが脚本化し「黄金の七人」「続黄金の七人 レインボー作戦」のマルコ・ヴィカリオが監督した。撮影はフランコ・ビラ、音楽は「女性上位時代」のアルマンド・トロバヨーリが担当。出演は「続黄金の七人 レインボー作戦」のガストーネ・モスキン、「真昼の一匹狼」のゴードン・ミッチェル、アドルフォ・セリ、ライオネル・スタンダースなど。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
マルコ・ヴィカリオ
出演キャスト
ガストーネ・モスキン ライモンド・ヴィアネロ ゴードン・ミッチェル ポール・スティーヴンス
1970年

かわいい女(1969)

  • 1970年12月8日(火)
  • 出演(Dr._Lagardie 役)

アメリカの代表的ハードボイルド作家レイモンド・チャンドラーのベストセラー小説の映画化。製作はガブリエル・カッカとシドニー・ベッカーマン、監督はポール・ボガート。脚色は「まごころを君に」のスターリング・シリファント、撮影は「脱走特急」のウィリアム・ダニエルス、音楽はピーター・マッツがそれぞれ担当。出演は「夕陽に立つ保安官」のジェームズ・ガーナー「野良犬の罠」のゲイル・ハニカット、「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のキャロル・オコナー、「ウエスト・サイド物語」のリタ・モレノ、「ボディガード(1968)」のシャロン・ファレル。他にH・M・ワイナント、ポール・スティーヴンスなど。メトロカラー、メトロスコープ。1969年作品。

監督
ポール・ボガート
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー ゲイル・ハニカット キャロル・オコナー リタ・モレノ
1962年

骸骨面

  • 1962年5月3日(木)
  • 出演(Dr._Allan_Barnes 役)

立体映画は、昭和25年の「恐怖の街」「ブワナの悪魔」以来、「肉の蝋人形」等次々に紹介されたがやがて下火となった。この映画は8年ぶりに登場する新形式の立体映画で、立体感をより以上に出す工夫がされている。製作・監督はジュリアン・ロフマン、立体感を出す幻想場面のカラー・シーンは、世界唯一の英国開発局の特殊カメラで撮影された。出演はポール・スティーヴンス、クローデット・ニーヴェン、アン・コリングス、マーティン・ラバットなど。

監督
ジュリアン・ロフマン
出演キャスト
ポール・スティーヴンス クローデット・ニーヴェン ビル・ウォーカー アン・コリングス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ポール・スティーヴンス

ムービーウォーカー 上へ戻る