映画-Movie Walker > 人物を探す > テッド・タネンバウム

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2002年 まで合計13映画作品)

2002年

プロフェシー

  • 2002年11月2日(土)
  • 製作総指揮

60年代の米国で続発した、怪奇現象のナゾに迫る戦慄のサスペンス。人知を超えた正体不明の“なにか”がもたらす恐怖を、緊迫感あふれるスタイリッシュな映像で描く。

監督
マーク・ペリントン
出演キャスト
リチャード・ギア ローラ・リニー ウィル・パットン デブラ・メッシング
2000年

薔薇の眠り

  • 2000年10月28日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

 心の旅路をさまよう女性の愛と葛藤のドラマ。異なる2つの人生に翻弄されながら、真実の愛を模索し成長していく現代女性の前向きな姿が胸をうつ。実力派女優デミ・ムーア主演のラブ・ミステリー。

監督
アラン・ベルリネール
出演キャスト
デミ・ムーア ステラン・スカルスガルド ウィリアム・フィクナー ピーター・リガート

2番目に幸せなこと

  • 2000年6月17日(土)
  • エクゼクティブ・プロデューサー

 ロバート役は、長年の親友マドンナとの初共演を楽しんだと語るR・エベレット。私生活でもゲイを公言する彼の、持ち前のコメディ・センスと洗練された魅力が好印象。

監督
ジョン・シュレシンジャー
出演キャスト
マドンナ ルパート・エヴェレット ベンジャミン・ブラット ニール・パトリック・ハリス

ワイルド・スモーカーズ

  • 2000年1月22日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

マリファナの自家栽培で荒稼ぎを企む男たちの姿をブラックな味わいで描くドラマ。監督は「パリス・トラウト」のスティーヴ・ギレンホール。脚本は「悪魔を憐れむ歌」のニコラス・カザンとギレンホール。原案はギレンホールとジョアナ・ラシン。製作はジェイソン・クラーク。製作総指揮はナオミ・フォナー、トム・ローゼンバーグ、シガージョン・サイヴァッソン、テッド・タネンバウム。撮影はグレッグ・ガーディナー。音楽は「ディープ・ブルー」のトレヴァー・ラビン。美術はリチャード・シャーマン。編集はマイケル・ジャブロウ。衣裳はジョゼフ・A・ポロ。出演は「狂っちゃいないぜ!」のビリー・ボブ・ソーントン、「セレブリティ」のハンク・アザリア、「Mr.マグー」のケリー・リンチ、「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップほか。

監督
スティーブン・ガイレンホール
出演キャスト
ビリー・ボブ・ソーントン ハンク・アザリア ケリー・リンチ ライアン・フィリップ
2001年

ギフト

  • 2001年6月16日(土)
  • 製作総指揮

鬼才サム・ライミが実力派キャストの競演で描く異色犯罪サスペンス。生まれ持った不思議な霊感で、殺人事件の謎に挑む女性の活躍を、ミステリアスに描きだす衝撃作だ。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
ケイト・ブランシェット キアヌ・リーヴス ヒラリー・スワンク グレッグ・キニア

オータム・イン・ニューヨーク

  • 2001年2月10日(土)
  • エクゼクティブ・プロデューサー

 R・ギア&W・ライダーの2大スターが“運命の恋”を演じる恋愛劇。NYの色づく秋を背景に、限られた時間のなかで育まれる男女の愛の行方をロマンチックにつづる。

監督
ジョアン・チェン
出演キャスト
リチャード・ギア ウィノナ・ライダー エレーン・ストリッチ アンソニー・ラパリア
1999年

200本のたばこ

  • 1999年11月20日(土)
  • 製作総指揮

大晦日、年越しパーティーに集う独身男女の姿をコミカルに描いた恋愛群像劇。監督は「ピースメーカー」などのキャスティング・ディレクターとして知られるリサ・ブラモン・ガルシアで、本作が監督デビュー。脚本はシェイナ・ラーセン。撮影は「リアル・ブロンド」のフランク・プリンゼ。音楽は「ハンナとその姉妹」のマイケル・ブラモン。出演は「恋は嵐のように」のベンとケーシーのアフレック兄弟、「I love ペッカー」のクリスティーナ・リッチ、「ラリー・フリント」のコートニー・ラヴほか。

監督
リサ・ブラモン・ガルシア
出演キャスト
ベン・アフレック ケイシー・アフレック ギレルモ・ディアス ジャニーヌ・ギャロファロ

プリティ・ブライド

  • 1999年10月23日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

結婚式をドタキャンばかりする女性と、彼女を取材にきたジャーナリストのラブコメディ。監督は「25年目のキス」のゲーリー・マーシャル。脚本は「スリーメン&リトルレディ」のサラ・パリオツトとジョサン・マクギボンのコンビ。製作はテッド・フィールド、「リアル・ブロンド」のトム・ローゼンバーグ、スコット・クローブ、ロバート・コート。製作総指揮は「フェニックス」のテッド・ターナバウム、「おかしな二人2」のデヴィッド・メイデン、「真実の行方」のゲーリー・ルケッシー。撮影は「ある貴婦人の肖像」のスチュワート・ドライバーグ。音楽は「ダイヤルM」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「アイス・ストーム」のマーク・フリードバーグ。編集は「カーラの結婚宣言」のブルース・グリーン。衣裳は「ユー・ガット・メール」のアルバート・ウォルスキー。主演は「ノッティングヒルの恋人」のジュリア。ロバーツ、「北京のふたり」のリチャード・ギア。共演は「イン&アウト」のジョーン・キューザック、「乱気流 タービュランス」のヘクター・エリゾンドのほか。

監督
ゲイリー・マーシャル
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ リチャード・ギア ジョーン・キューザック ヘクター・エリゾンド

隣人は静かに笑う

  • 1999年4月17日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

正体をつかめない隣人の恐怖を描いたスリラー。監督は『Going All TheWay』のマーク・ペリントン。製作は「オスカー・ワイルド」のピーター&マーク・サミュエルソン兄弟と、トム・ゴーライ。共同製作はジャン・ヒギンスとリチャード・S・ライト。製作総指揮はトム・ローゼンバーグとシガー・ジョン・シグヴァトソン、テッド・タネンボウム。共同製作総指揮はジャド・マルキン・エドロス。脚本は新鋭アーレン・クルーガー。撮影は「死にたいほどの夜」のボビー・ブコウスキー。音楽は「ロスト・ハイウェイ」のアンジェロ・バタラメンティ。美術はテレーズ・デプレス。編集はコンラッド・バフ。衣裳はジェニファー・バレット・ペリントン。タイトルデザインは「セブン」「ナイトウォッチ」のカイル・クーパー。出演は「ビッグ・リボウスキ」のジェフ・ブリッジズ、「ナッシング・トゥ・ルーズ」のティム・ロビンス、「イン&アウト」のジョーン・キューザック、「死の接吻」のホープ・デイヴィスほか。

監督
マーク・ペリントン
出演キャスト
ジェフ・ブリッジス ティム・ロビンス ジョーン・キューザック ホープ・デイヴィス

フェニックス

  • 1999年5月22日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

ギャンブルの借金返済のため強盗をはたらく悪徳刑事の姿を描くアクション。監督は「ジャッジ・ドレッド」のダニー・キャノン。脚本はエディ・リチー。製作はヴィクトリア・ネヴィニーとトレイシー・グラハム=ライス。製作総指揮はトム・ローゼンバーグ、シガージョン・サイヴァッソン、テッド・タンネンバウム、マイケル・メンデルソン。撮影はジェームズ・L・カーター。音楽は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のグレアム・レヴェル。美術はチャールズ・ブリーン。編集はザッハ・スタエンバーグ。衣裳はアレクサンドラ・ウェルカー。出演は「コップランド」のレイ・リオッタ、「エバー・アフター」のアンジェリカ・ヒューストン、「依頼人」のアンソニー・ラパグリア、「ヴァンパイア 最期の聖戦」のダニエル・ボールドウィン、「ロポコップ2」のトム・ヌーナン、「ユージュアル・サスペクツ」のジャンカルロ・エスポジートほか。

監督
ダニー・キャノン
出演キャスト
レイ・リオッタ アンソニー・ラパリア アンジェリカ・ヒューストン ダニエル・ボールドウィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > テッド・タネンバウム