映画-Movie Walker > 人物を探す > 飯田雅裕

年代別 映画作品( 2015年 ~ 2019年 まで合計20映画作品)

2019年

いちごの唄

  • 2019年7月5日(金)公開
  • 協力プロデューサー

ロックバンド、銀杏BOYZの楽曲をモチーフにした青春ラブストーリー。偶然の再会を機に、中学時代の親友の命日である七夕にだけ会うことを許された男女のせつない恋模様が描かれる。主人公の青年をフリーアナウンサーの古舘伊知郎の息子で歌手としても活躍する古舘佑太郎、ヒロインを『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石橋静河が演じる。

監督
菅原伸太郎
出演キャスト
古舘佑太郎 石橋静河 和久井映見 光石研

MONGOL800 -message-

  • 2019年7月5日(金)公開
  • 共同プロデューサー

2018年に結成20周年を迎えた沖縄出身のスリーピースロックバンド、MONGOL800。その20年の軌跡を追う音楽ドキュメンタリー。バンドメンバーの高校時代の後輩で、彼らの映像作品のほとんどを手がける山城竹織が企画・監督を務め、普段メディアへの露出を好まないバンドメンバーたちの生の声や、貴重な映像が見られる。

監督
山城竹識
出演キャスト
上江洌清作(MONGOL800)

新聞記者

東京新聞記者・望月衣塑子によるベストセラーを原案に、『怪しい彼女』などで知られるシム・ウンギョンと松坂桃李のW主演で映画化。政治権力の闇に迫ろうとする女性記者と、理想と現実の狭間で揺れる若手エリート官僚との対峙を描く。監督は、『デイアンドナイト』の藤井道人。

監督
藤井道人
出演キャスト
シム・ウンギョン 松坂桃李 本田翼 岡山天音

旅のおわり世界のはじまり

ウズベキスタン共和国に1か月滞在し、広い国土を存分に使ってロケ撮影を行った、黒沢清監督によるロードムービー。異国の地に投げ込まれたTVリポーターが体験する不安や緊張を、前田敦子が繊細な表情で伝えるだけでなく、クライマックスでは標高2443mの山頂で「愛の讃歌」をアカペラで披露する。

監督
黒沢清
出演キャスト
前田敦子 染谷将太 柄本時生 アジズ・ラジャボフ

小さな恋のうた

  • 2019年5月24日(金)公開
  • 共同プロデューサー

沖縄出身の人気バンド、MONGOL800の代表曲で2001年にリリースされた「小さな恋のうた」をモチーフにした青春ストーリー。バンドに青春をかける高校生たちが不幸な事故から再生していく姿が描かれる。バンドのボーカルを佐野勇斗、ドラムを森永悠希が演じるなど、実際に音楽経験のある俳優たちが熱のこもった演奏シーンを披露する。

監督
橋本光二郎
出演キャスト
佐野勇斗 森永悠希 山田杏奈 眞栄田郷敦

僕に、会いたかった

  • 2019年5月10日(金)公開
  • Co.プロデューサー

EXILEのヴォーカリストとして活躍するTAKAHIROが事故で記憶を失くした漁師という難役に挑んだ人間ドラマ。とある島を舞台に記憶を取り戻せずに葛藤する主人公とそれを見守る母親、島へやってきた高校生の少年との交流が描かれる。監督は『たたら侍』など、故郷・島根県を舞台にした作品を数多く手がける錦織良成。

監督
錦織良成
出演キャスト
TAKAHIRO 山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生

まく子

  • 2019年3月15日(金)公開
  • 製作

直木賞作家・西加奈子の同名作を、『くじらのまち』でPFFアワード2012グランプリに輝いた女性監督・鶴岡慧子が映画化した家族ドラマ。温泉旅館のひとり息子である小学生を主人公に、その家族や転入生の少女らが繰り広げるエピソードがつづられる。主人公の父親で女好きなダメ男を草なぎ剛が演じ、新境地を見せる。

監督
鶴岡慧子
出演キャスト
山崎光 新音 須藤理彩 草彅剛

愛唄 -約束のナクヒト-

  • 2019年1月25日(金)公開
  • アソシエイトプロデューサー

人気ボーカルグループ、GReeeeNのヒット曲「愛唄」をモチーフにした青春ドラマ。人生のタイムリミットを告げられ、自暴自棄になった青年が、旧友との再会、そして、偶然見つけた詩との出会いを経て、再生していく。俳優だけでなく、歌手としても活躍する横浜流星が主人公の青年を、彼に生きる勇気を与える詩人の少女を清原果耶が演じる。

監督
川村泰祐
出演キャスト
横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 中村ゆり

夜明け

  • 2019年1月18日(金)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

是枝裕和・西川美和の監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。ある日、哲郎は川辺で倒れている青年を見つけ、自宅で介抱する。哲郎は青年を自ら経営する木工所に連れて行き、仕事を教える。二人は信頼関係を築いていくが、青年はある秘密を抱えていた。出演は、「響 HIBIKI」の柳楽優弥、「映画 深夜食堂」シリーズの小林薫。第23回釜山国際映画祭コンペティション(ニューカレンツ部門)出品。

監督
広瀬奈々子
出演キャスト
柳楽優弥 YOUNG DAIS 鈴木常吉 堀内敬子
2018年

母さんがどんなに僕を嫌いでも

  • 2018年11月16日(金)公開
  • 製作

歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく。共演は「ラブ×ドック」の吉田羊、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、「ホペイロの憂鬱」の白石隼也、「ガールズ・ステップ」の秋月三佳、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「泣き虫ピエロの結婚式」のおかやまはじめ、「恋人たち」の木野花。脚本を「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の大谷洋介、撮影を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の板倉陽子が担当。監督は「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修。

監督
御法川修
出演キャスト
太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 飯田雅裕