映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ジェーン・アーヴィング

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1932年 まで合計22映画作品)

1932年

アルセーヌ・ルパン

  • 1932年当年公開
  • 出演(Marie 役)

探偵小説ルパン物の原作者モーリス・ルブランがフランシス・ドゥ・クロアッセと協力して書き卸した舞台劇から「彼の捕えし女」「やくざ者(1930)」のケイリー・ウィルソンが映画劇に書き改め「スコオ・マン」のレノア・コフィーとベイヤード・ヴェイラーとが台詞を附し、「侠盗ヴァレンタイン」「花嫁修業」のジャック・コンウェイが監督。「マデロンの悲劇」「パリの魔人」のオリヴァー・T・マーシュが撮影にあたった。主演に「悪魔スヴェンガリ」「狂へる天才」のジョン・パリモア。共演は「貞操切符」「マタ・ハリ」のライオネル・バリモア、「マタ・ハリ」「マデロンの悲劇」のカレン・モーリー、「太平洋爆撃隊」のジョン・ミルジャン、「戦う隊商」「国際盗賊ホテル」のタリー・マーシャル、「仮染の唇」のヘンリー・アーメッタ、ジョージ・デイヴィス、ジョン・デイヴィッドソン、ジェームズ・マック、メアリー・ジェーン・アーヴィング等。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジョン・バリモア ライオネル・バリモア カレン・モーリー ジョン・ミルジャン
1930年

トム・ソーヤーの冒険(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mary 役)

米国文豪マーク・トウェイン作の同名の小説を映画化したもので、「三週間」「駄法螺成金」のサム・ミンツが「危険なる楽園」「西部の星影(1930)」の共同脚色者グローヴァー・ジョーンズ、ウィリアム・スレイヴンス・マクナットと共同して脚色し、「唇の罪」「夫無き妻」のチャールズ・ラングが撮影した。主役は「喇叭手クーガン」「ジョニー髪を切れ」主演のジャッキー・クーガンが発声映画初出演で勤め、「ハニー」「高等恋愛術」のミッチー・グリーンと舞台劇に出演していたジュニア・ダーキンが相手役で、ルシアン・リトルフィールド氏、クララ・ブランディック嬢、タリー・マーシャル、ジャッキー・サール、ディック・ウィンスロー、メアリー・ジェーン・アーヴィング、エセル・ウェールス等が助演している。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ジャッキー・クーガン ジュニア・ダーキン ミッチー・グリーン ルシアン・リトルフィールド

恋愛古典風景

  • 1930年当年公開
  • 出演(Vibert_Children 役)

「恋愛戦線」「活動役者」と同じくマリオン・デイヴィース主演映画で「恋愛行進曲」の原作者たるジーン・マーキーが原作脚色台詞を書き、「歓楽の孤児」「ブロードウェイ・メロディー」のハリー・ボーモンが監督し、「月光の曲」「恋愛戦線」のオリヴァー・マーシュ氏た撮影した。助演者は「恋愛戦線」「歓楽の孤児」のローレンス・グレイを筆頭に、「ハッピイ・デイス」のウォルター・カトレット、「アイスクリーム艦隊」のサム・ハーディ、ルイス・ジョン・バーテルズ、イルカ・チェイス、ジェッド・プラウティー、ナンス・オニール等である。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ローレンス・グレイ ウォルター・カトレット ルイス・ジョン・バーテルズ
1929年

破戒(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(The_Vietim 役)

「キング・オブ・キングス(1927)」に次ぐセシル・B・デミル氏監督作品で、同じスタッフ即ち原作脚色ジェニー・マクファーソン女史、撮影ペヴェレル・マリー氏、助監督フランク・アーソン氏、に助けられて製作したパート・トーキーである。主役は「セレナーデ」「獄中日記」のリナ・バスケット嬢と新進のジョージ・ダーイー氏及び「赤い鳩」「リンダ」のノア・ビアリー氏で、「暴力団(1928)」「美人売約済」のマリー・プレヴュー嬢を始め「夜稼ぎ二人組」のメアリー・ジェーン・アーヴィング嬢、エディ・クィラン氏、ケイト・プライス夫人クラレンス・バートン氏等が助演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リナ・バスケット マリー・プレヴォー ジョージ・ダーイー ノア・ビアリー
1927年

夜稼ぎ二人組

  • 1927年当年公開
  • 出演(His_Daughter 役)

アルバート・シェルビー・ル・ヴィノ氏のオリジナル・ストーリーを映画化したものでガートルード・オール女史が脚色し、「鉄腕の男」と同じくジョージ・アーチェンボード氏が監督したものである。主役を演ずるのは、「絹の靴下」「娘一人に婿百人」のジョニー・ハロン氏、「ギャング・ワー」のエディ・グリッボン氏、「ゴリラ(1927)」「踊子フィリス」のアリス・デイ嬢、この3人であるが、そのほかに「速力時代」のウォルター・ハイアース氏、等も出演している。キャメラは「アマゾンの紅薔薇」のチェスター・ライオンズス氏。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
アリス・デイ ジョニー・ハロン エディ・グリッボン ウォルター・ハイアース
1926年

曙光の森

  • 1926年当年公開
  • 出演(Ruth_McTavish 役)

大北物の大衆作家として知名なジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の小説の映画化で、それを「三人」「ドロシー・ヴァーノン」と同じくウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「大分水嶺」「怒號する天地」の監督者レジノルド・バーカー氏が監督したもの。主役は「明眸罪あり」「イット」出演のアントニオ・モレノ氏と「ビッグ・パレード」「ミシガン小僧」出演のルネ・アドレー嬢との二人で、ガードナー・ジェームズ氏、トム・オブライエン氏、匈牙利オスカー・ベレギ氏等が出演してイる。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
アントニオ・モレノ ルネ・アドレー ウィリアム・オースティン トム・オブライエン
1923年

消え行く燈明

  • 1923年当年公開
  • 出演(Younger_Maisie 役)

現代英文学を語るものでキプリングの名を知らないものはない。この映画は氏の原作になった小説に基づいたもので、マッグルー・ウィリスとジャック・カニンガムが脚色し、「シーク」「妻欺くなかれ」等と同じくジョージ・メルフォードが監督した。主役は「冬来りなば」で名声を挙げたパーシー・マーモントと「干潮」「一時間六十仙」「剣劇の響」等出演のジャクリーン・ローガンで、「涙の街」「有閑階級」等出演のシグリッド・ホルムキストや、先日死んだデイヴィッド・トーレンスが共演している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン パーシー・マーモント デイヴィッド・トーレンス シグリッド・ホルムキスト

謎の良人

  • 1923年当年公開
  • 出演(Francois 役)

ルローイ・スコット氏の原著の小就に基づき、フランク・ベレスフォード氏が脚色して「嵐の娘(1949)」等と同じくジョージ・アーチェンボード氏が監督した映画で、主役は「彫刻家の妻」「懐かしの小唄」等と同じくクララ・キムボール・ヤング嬢、対手役は「幸福の扇」「社交界の誘惑」等出演のハントリー・ゴードン氏で、メアリー・ジェーン・アーヴィング嬢、ロイド・ウィットロック氏、カロール・ホロウェイ嬢等も共演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング ハントリー・ゴードン キャロル・ホロウェイ ロイド・ウィトロック

南海の情火(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Baby_Madge 役)

ケイリー・ウィルソンの原作を、パウル・ベルンが脚色し、「世界を敵として」セレナーデ」等と同じくラウール・ウォルシュが監督したもの。主役は「嵐」「人類の心」等出演のハウス・ピータース、「渓谷の乙女」等出演のアントニオ・モレノ、「田園懐かし」等出演のポーリン・スタークの3人で、その他可憐な子役メアリー・ジェーン・アーヴィング、「メアリー・ゴー・ラウンド」のジョージ・シーグマン、「絶海の黄金」出演のローズマリー・セビー等、良い役割である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ハウス・ピータース ポーリン・スターク アントニオ・モレノ メアリー・ジェーン・アーヴィング

若葉の庭

  • 1923年当年公開
  • 出演(Mary_Ellen_Anderson _as_a_girl 役)

「懐かしの泉」「我が恋せし乙女」等の原作を書いたジェームズ・ウィッコーム・ライリー氏の作になる詩に基づいたもので、ルイス・D・ライトン氏の脚色、ハリー・ガースン氏の監督になったもの。主役は「アダム・リブ」「返り咲く花」等出演のエリオット・デクスター氏と「女性礼讚」「火焔の船」出演のヘレン・ジェローム・エディー嬢で、その他に子役として有名なメアリー・ジェーン・アーヴィング嬢パット・ムーア君等も少年時代に出演する。

出演キャスト
パット・ムーア エリオット・デクスター メアリー・ジェーン・アーヴィング ヘレン・ジェローム・エディー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ジェーン・アーヴィング