映画-Movie Walker > 人物を探す > 北村一輝

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2018年 まで合計82映画作品)

2018年

去年の冬、きみと別れ

  • 2018年3月10日(土)公開予定
  • 出演

芥川賞作家・中村文則による同名小説を岩田剛典主演で映画化した純愛サスペンス

監督
瀧本智行
出演キャスト
岩田剛典 山本美月 斎藤工 浅見れいな

今夜、ロマンス劇場で

  • 2018年2月10日(土)公開予定
  • 出演(後藤龍之介 役)

「海街diary」の綾瀬はるかと「ナラタージュ」の坂口健太郎がW主演を務めるラブストーリー。映画監督を夢見る青年・健司は、通い慣れた映画館で長年憧れていたスクリーンの中のお姫様・美雪と出会う。二人は次第に惹かれ合っていくが美雪にはある秘密があった。「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の宇山佳佑によるオリジナル脚本を、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹が監督。共演は「少女」の本田翼、「無限の住人」の北村一輝、「超高速!参勤交代 リターンズ」の中尾明慶、「22年目の告白 私が殺人犯です」の石橋杏奈、「武曲 MUKOKU」の柄本明、「舟を編む」の加藤剛。音楽を「沈まぬ太陽」「アンフェア」シリーズの住友紀人が手がける。

監督
武内英樹
出演キャスト
綾瀬はるか 坂口健太郎 本田翼 北村一輝

羊の木

  • 2018年2月3日(土)公開予定
  • 出演(杉山勝志 役)

原作・山上たつひこ、作画・いがらしみきおという、ギャグ漫画で知られる2人がタッグを組んだ異色作を、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化したヒューマン・サスペンス。過疎対策として仮釈放された元殺人犯を受け入れた港町で起きる出来事を、錦戸亮演じる市役所職員の目を通して描き出す。

監督
吉田大八
出演キャスト
錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香
2017年

8年越しの花嫁 奇跡の実話

結婚式の直前に病に倒れて意識不明になった花嫁と、そんな彼女への愛を貫き8年間待ち続けた新郎との奇跡の実話を、佐藤健&土屋太鳳主演で映画化したラブストーリー。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の岡田惠和が脚本を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久が監督を手がけ、2人の恋愛と、ヒロインの両親との家族の物語を描き出す。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
佐藤健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太

無限の住人

  • 2017年4月29日(土)公開
  • 出演(黒衣鯖人 役)

不死身の用心棒の生きざまを描く、沙村広明による人気コミックを、木村拓哉主演で映画化した異色時代劇。少女の仇討ちを助ける事になった永遠の命を持つ人斬り・万次を待ち受ける数奇な運命がつづられる。監督は、これまでにも実写不可能と言われてきたコミックを次々と手がけてきた鬼才・三池崇史。

監督
三池崇史
出演キャスト
木村拓哉 杉咲花 福士蒼汰 市原隼人

相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

  • 2017年2月11日(土)公開
  • 出演(黒衣の男 役)

水谷豊主演の人気刑事ドラマの劇場版第4作。国際犯罪組織「バーズ」のメンバーと彼らを追う国連犯罪情報事務局の元理事らを巻き込んだ事件の行方が描かれる。水谷演じる右京の4代目相棒をSeason14から務める反町隆史が劇場版で初出演。そのほか、鹿賀丈史、北村一輝らが出演する。監督は『相棒シリーズ X DAY』の橋本一。

監督
橋本一
出演キャスト
水谷豊 反町隆史 鈴木杏樹 川原和久
2015年

猫侍 南の島へ行く

  • 2015年9月5日(土)公開
  • 原案、脚本、出演(斑目久太郎 役)

江戸時代を舞台に、かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人と一匹の白猫の交流を描く人気TVシリーズの劇場版第2弾。剣術指南役の仕事の話を受けた浪人・斑目久太郎が、愛猫・玉之丞を連れて土佐へと向かう姿を描く。「テルマエ・ロマエ」シリーズの北村一輝が浪人を演じ、「TOKYO TRIBE」の高山善廣、「さよなら渓谷」の木下ほうか、「市民ポリス69」の酒井敏也が共演。監督はTVシリーズを手掛けた渡辺武。

監督
渡辺武
出演キャスト
北村一輝 LiLiCo 高山善廣 木下ほうか

寄生獣 完結編

  • 2015年4月25日(土)公開
  • 出演(広川剛志 役)

斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が2部作として映像化したSFアクションの完結編。空から飛来した謎の生物を右手に宿してしまった少年・泉新一と、同じく謎の生物に寄生され脳を支配された“パラサイト”や、彼らを取り巻く人間たちが繰り広げる物語がつづられる。

監督
山崎貴
出演キャスト
染谷将太 深津絵里 阿部サダヲ 橋本愛
2014年

寄生獣

  • 2014年11月29日(土)公開
  • 出演(広川 役)

斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が2部作として映像化したSFアクションの第1弾。空から飛来した謎の生物を右手に宿してしまった少年・泉新一と、同じく謎の生物に寄生され脳を支配された“パラサイト”や、彼らを取り巻く人間たちが繰り広げる物語がつづられる。

監督
山崎貴
出演キャスト
染谷将太 深津絵里 橋本愛 東出昌大

ザ・レイド GOKUDO

  • 2014年11月22日(土)公開
  • 出演(リュウイチ 役)

警察とギャングとの壮絶な抗争を描き、ハリウッドリメイクが決定するなど話題を呼んだインドネシア発のクライム・アクションの第2弾。裏社会に潜入した捜査官と、成り上がりを企てるマフィアのボスの息子、日本のヤクザなどが入り乱れた死闘が展開する。監督は前作同様、インドネシア在住のイギリス人ギャレス・エヴァンス。

監督
ギャレス・エバンス
出演キャスト
イコ・ウワイス アリフィン・プトラ オカ・アンタラ ティオ・パクサデウォ

関連ニュース

色気をまとい、危険な役が似合う男・北村一輝。その原動力は「満足しないこと」
色気をまとい、危険な役が似合う男・北村一輝。その原動力は「満足しないこと」(2014年1月31日)

怪しいほどに妖艶。北村一輝には、“危険な役”がよく似合う。そんな彼が、最新作『KILLERS キラーズ』(2月1日公開)では、サディスティックな残忍さと独自の美…

北村一輝にとってR指定の映画とは?「開かずの扉の向こうは、見たがるもの」
北村一輝にとってR指定の映画とは?「開かずの扉の向こうは、見たがるもの」(2014年1月30日)

今、アジア圏で最も熱い注目を集めている映画大国のひとつ、インドネシア。壮絶なアクションで世界中の度肝を抜いた『ザ・レイド』(11)も記憶に新しいことだろう。そん…

北村一輝、仲代達矢との二人芝居に挑む「名優はここがすごい!」
北村一輝、仲代達矢との二人芝居に挑む「名優はここがすごい!」(2013年8月28日)

北村一輝が、名優・仲代達矢と堂々渡り合った『日本の悲劇』(8月31日公開)。メガホンを取ったのは、イラクでの日本人人質事件を題材にした『バッシング』(05)など…

北村一輝、「常に壁にぶち当たっている」。その時の処世術とは?
北村一輝、「常に壁にぶち当たっている」。その時の処世術とは?(2013年8月28日)

ギラギラとした野心や狂気に満ちた男役から、正義感にあふれたナイスガイまで、いろんな役どころで個性を光らせてきた北村一輝。彼の最新作は、名優・仲代達矢との二人芝居…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 北村一輝

ムービーウォーカー 上へ戻る