映画-Movie Walker > 人物を探す > 大森立嗣

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2019年 まで合計29映画作品)

2019年

タロウのバカ

  • 2019年秋公開
  • 監督、脚本、編集

大森立嗣が監督・脚本・編集を務める、1度も学校に行ったことがないある少年の物語

監督
大森立嗣
出演キャスト
YOSHI 菅田将暉 太賀

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

漫画家・宮川サトシが自身の経験をつづったエッセイ漫画を、『日日是好日』の大森立嗣監督が映画化した家族ドラマ。母親の突然のガンの告知に動揺する主人公と彼を取り巻く人々との絆が描かれる。個性派・安田顕が母親の愛の深さに気付いていく主人公を、母親を倍賞美津子が演じる。物語を盛り上げるBEGINによる主題歌も聴きどころだ。

監督
大森立嗣
出演キャスト
安田顕 松下奈緒 村上淳 石橋蓮司
2018年

日日是好日

お茶の魅力に気付き、茶道を習うことで日々成長していくヒロインの姿を描く人間ドラマ。黒木華が20歳でお茶と出会い、さまざまな体験をするヒロインの10年を演じる。また、2018年9月に亡くなった樹木希林がヒロインの師匠となるお茶の先生を演じ、味わい深いドラマにエッセンスを加える。監督は『さよなら渓谷』の大森立嗣。

監督
大森立嗣
出演キャスト
黒木華 樹木希林 多部未華子 原田麻由

菊とギロチン

「64-ロクヨン- 前編/後編」の瀬々敬久が、構想30年の企画を実現させた入魂の作品。大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく。出演はTVドラマ『デリバリーお姉さん』の木竜麻生、「散歩する侵略者」の東出昌大、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の寛一郎、「霊的ボリシェヴィキ」の韓英恵。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
木竜麻生 韓英恵 東出昌大 寛 一 郎
2017年

光(大森立嗣監督)

  • 2017年11月25日(土)公開
  • 監督

本屋大賞を受賞した「舟を編む」などで知られる三浦しをんの同名作を、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督が映画化した人間ドラマ。平穏な日常を過ごす男女の前に、25年前に離島で起きた悲惨な事件を知る男が現れ、運命を狂わせていくさまがつづられる。事件の加害者である中学生のその後を井浦新、彼を脅す幼なじみを瑛太が演じる。

監督
大森立嗣
出演キャスト
井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ
2016年

セトウツミ

  • 2016年7月2日(土)公開
  • 監督、脚色、構成

2人の男子高校生が河原で交わす関西弁によるユニークな放課後トークを描いた、此元和津也の人気コミックを映画化した青春ストーリー。クールな塾通いの内海を池松壮亮、天然な元サッカー部の瀬戸を菅田将暉が演じるほか、瀬戸が思いを寄せるヒロイン役で中条あやみが出演する。監督は『まほろ駅前狂騒曲』の大森立嗣。

監督
大森立嗣
出演キャスト
池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ 鈴木卓爾

俳優 亀岡拓次

  • 2016年1月30日(土)公開
  • 出演(安井監督 役)

演劇ユニット『TEAM NACS』の一員で「新宿スワン」他に出演する安田顕を主演にした、「ウルトラミラクルラブストーリー」の横浜聡子監督6年ぶりの長編。地味な生活を続ける脇役俳優が恋をしたことから、彼の人生が動き始める。パフォーマンスグループ『鉄割アルバトロスケット』を主宰する戌井昭人の同名小説を原作にしている。主人公が恋する居酒屋の若女将を「グッモーエビアン!」の麻生久美子が、大女優を「魂萌え!」の三田佳子が演じる。また山崎努、新井浩文、染谷将太、映画監督の大森立嗣が主人公を起用する監督たちとして出演している。劇場公開に先駆け、第28回東京国際映画祭アジアの未来部門で2015年10月25日、30日に上映された。

監督
横浜聡子
出演キャスト
安田顕 麻生久美子 宇野祥平 新井浩文
2015年

ロボとミリ

  • 2015年11月28日(土)公開
  • 声の出演

「アレノ」公開記念上映vol.3として上映。

監督
muttnik
出演キャスト
柄本佑 田村愛 吉岡睦雄 上原剛史

正しく生きる

  • 2015年3月7日(土)公開
  • 出演(小児科の医者 役)

“とある大きな災害”をきっかけに様々な事情を抱えたまま“愛”を求め疾走し始める人々の姿を描く群像劇。監督・脚本・プロデューサーは「愛してよ」の福岡芳穂、共同脚本で「BOX 袴田事件 命とは」の高橋伴明が参加。出演は「大鹿村騒動記」の岸部一徳、「悪人」の柄本明、「モーニングセット、牛乳、春」の水本佳奈子。京都造形芸術大学映画学科による映画製作プロジェクト“北白川派”の第5作。

監督
福岡芳穂
出演キャスト
岸部一徳 水本佳奈子 青山理紗 宮里紀一郎
2014年

まほろ駅前狂騒曲

  • 2014年10月18日(土)公開
  • 監督、脚本

2人の便利屋がさまざまな依頼を解決していく姿を描く、三浦しをんの人気小説「まほろ駅前シリーズ」。同作を瑛太&松田龍平主演で映像化した映画、ドラマに続く第3弾。東京郊外のとある町の駅前に居を構える便利屋“多田便利軒”を営む青年・啓介と彼の元に転がり込んできた春彦が繰り広げるエピソードがつづられる。監督は大森立嗣。

監督
大森立嗣
出演キャスト
瑛太 松田龍平 高良健吾 真木よう子

関連ニュース

『まほろ駅前』続編に意欲満々!?  瑛太&松田龍平がゆるゆるな舞台挨拶
『まほろ駅前』続編に意欲満々!? 瑛太&松田龍平がゆるゆるな舞台挨拶(2011年4月23日)

東京郊外に位置するちょっと変わった街“まほろ市”を舞台に、便利屋を営むふたりのバツイチ男と住民たちの交流を描いたヒューマンドラマ『まほろ駅前多田便利軒』の初日舞…

瑛太と松田龍平、4度目の共演で「共同生活をしてもうまくいきそう」
瑛太と松田龍平、4度目の共演で「共同生活をしてもうまくいきそう」(2011年4月7日)

累計50万部を突破している三浦しをんの直木賞受賞小説を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』(4月23日公開)の完成披露試写会が4月7日、新宿ピカデリーで開催された…

松田翔太&高良健吾「思いを熱くして旅する様をただ感じてもらいたい」
松田翔太&高良健吾「思いを熱くして旅する様をただ感じてもらいたい」(2010年6月12日)

6月12日、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の初日舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われ、主演の松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、新井浩文、大森立嗣監督が登壇した。 …

松田翔太と高良健吾が大ハンマーでぶっ壊したものは?
松田翔太と高良健吾が大ハンマーでぶっ壊したものは?(2010年6月3日)

青春ロードムービー『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(6月12日公開)の完成披露試写会が6月3日に新宿ピカデリーで行われ、松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、新井浩…

松田翔太の俳優スピリットが凝縮されたフォトブックの中身は?
松田翔太の俳優スピリットが凝縮されたフォトブックの中身は?(2010年5月25日)

松田翔太主演、高良健吾、安藤サクラ共演の青春映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(6月12日公開)で、松田翔太をフィーチャーしたオリジナルフォトストーリーブッ…

松田翔太、「抜け出したいところは一緒」と役に共感
松田翔太、「抜け出したいところは一緒」と役に共感(2009年11月25日)

第10回東京フィルメックス特別招待作品『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(2010年初夏公開)が上映され、主演の松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、大森立嗣(たつし…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大森立嗣