映画-Movie Walker > 人物を探す > プリシラ・ボナー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1927年 まで合計17映画作品)

1927年

あれ

  • 1927年当年公開
  • 出演(Molly 役)

「人罠」「モダンガールと山男」「猿飛カンター」のクララ・ボウがパラマウント社のスターに昇進後の第1回主演映画。エリノア・グリンが自作の小説を特にボウのためにシナリオ化し、ホープ・ロアリングとルイス・D・ライトンが脚色、「娘十八運動狂い」「勇み肌美人女給」等と同じくクラレンス・G・バッジャーが監督。相手役は「我等の海」「明眸罪あり」等出演のアントニオ・モレノ、共演は「初恋ハリー」「当たりつ子ハリー」のプリシラ・ボナー、ウィリアム・オースティン、ジャクリーン・ガズドン、ジュリア・スウェイン・ゴードンほか、原作者グリン女史も特に出演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
クララ・ボウ アントニオ・モレノ ウィリアム・オースティン プリシラ・ボナー

痛ましの親心

  • 1927年当年公開
  • 出演(Faith_Cable 役)

ヴァイオラ・ブラザース・ショーア女史とギャレット・フォート氏との合作になる雑誌小説を映画化したもので、ジェーン・マーフィン女史が脚色し「鉄腕の男」「海駈ける猛虎」等と同じくジョン・フランシス・ディロン氏が監督した。主役は「紅草紙」「恋の人形」等出演のルイス・ストーン氏が演じ、「初恋ハリー」「当たりっ子ハリー」等出演のプリシラ・ボナー嬢、「陽気なパリっ子」「サイベリア」等出演のリリアン・タッシュマン嬢、「男見るべからず」出演のジョン・パトリック氏、「第四の戒律」出演のロバート・エイニュー氏及び新進花形アン・ローク嬢が共演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ルイス・ストーン プリシラ・ボナー E・J・ラトクリフ リリアン・タッシュマン

初恋ハリイ

  • 1927年当年公開
  • 出演(His_Bride 役)

「初陣ハリー」「当たりっ子ハリー」に続いて製作されたハリー・ラングドン氏第三回主演喜劇で、アーサー・リップリー氏が執筆した物語をロバート・エディー氏が脚色し「当たりっ子ハリー」と同じくフランク・カプロ氏が監督した。相手役も「当たりっ子ハリー」と同じくブリシラ・ボナー嬢が勤め、アルマ・ベネット嬢、グラデイス・ブロツクウエル嬢、ベティー・フランシスコ嬢等が共演している。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ハリー・ラングドン グラディス・ブロックウェル アラン・ロスコー プリシラ・ボナー
1926年

当たりっ子ハリー

  • 1926年当年公開
  • 出演(Mary_Brown 役)

「初陣ハリー」に続くハリー・ラングドン主演喜劇で、アーサー・リップリーが原作を書き、ハル・コンクリンとロバート・エディーが脚色し、ギャグマンから監督に昇進したフランク・キャプラが監督した。ラングドンの相手役は「愛の迷い路」「のんきなおばさん」のプリシラ・ボナーが演じ、ガートルード・アスター、ロバート・マッキム、ウィリアム・V・モングら腕利き連が助演している。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ハリー・ラングドン プリシラ・ボナー ガートルード・アスター ウィリアム・V・モング

偽りの警報

  • 1926年当年公開
  • 出演(Bessie_Flannigan 役)

リー・ベイアード女史が原作を書き、フランク・オコナー氏が監督した消防夫活劇で「5万ドル大事件」「メイル・マン」等出演のラルフ・ルイス氏、「奔流天に騰る」「知略一段返し」等出演のジョン・ハロン氏、「海の野獣」等出演のジョージ・オハラ氏、「鳴り響く命の警笛」出演のドロシー・レヴィア嬢を始め、メアリー・カー夫人、プリシラ・ボナー嬢、モーリス・コステロ氏等が共演している。

監督
フランク・オコナー
出演キャスト
ラルフ・ルイス メアリー・カー ジョン・ハロン ジョージ・オハラ

3悪人

  • 1926年当年公開
  • 出演(Millie_Stanley 役)

フォックス社が「アイアン・ホース」以上をモットーとして製作した特作映画で1870年代のダコタ州土地解放時代を背景とした仁侠と恋との物語たるハーマン・ホイッテイカー氏作の「国境越えて」を映画化したものである。脚色はジョン・ストーン氏の筆になり「アイアン・ホース」「雪辱の大快戦」等と同じくジョン・フォード氏が監督し、ジョージ・オプライエン氏が主演したもので、相手役は「無果実の葉」「奮い起つ快男児」出演のオリーヴ・ボーデン嬢が勤め、ルー・テリジェン氏が敵役を演じ、3人の悪人にはトム・サンテ氏、フランク・カンポー氏及びジョー・ファレル・マクドナルド氏が扮する。その他プリシラ・ボナー嬢、ジェイ・ハント氏、アレック・B・フランシス氏及びフィリス・ヘイヴァー嬢等が助演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジョージ・オブライエン オリーヴ・ボーデン ルー・テリジェン J・ファーレル・マクドナルド
1925年

愛の大雪嶺

  • 1925年当年公開
  • 出演(Mrs._Foster 役)

コートニー・ライリー・クーパー氏作の小説をモント・エム・カッタージョン氏とL・G・リグビー氏とが脚色し「大分水嶺」「名馬天に嘶く」等と同じくレジナルド・パーカー氏が監督したもので、主役は「名馬天に嘶く」「黎明のサハラ」等主演のクレア・ウィンザー嬢と「腕自慢」「美人懸賞」等出演のバット・オマリー氏及び「紅椿」「紅の大空」等出演のロバート・フレイザー氏で、フランク・カリアー氏、スニッツ・エドワーズ氏、上山草人氏、ブリッシュ・ポナー嬢等が助演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
クレア・ウィンザー パット・オマリー ロバート・フレイザー フランク・カリアー

腕自慢

  • 1925年当年公開
  • 出演(San_Francisco_Girl 役)

ローレンス・ライジング氏作の小説をハリー・ベーン氏とアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し「男子凱旋」「君が名呼べば」等と同じくキング・ヴィダー氏が監督したもので「富に群る者」「売られて行く魂」等出演のエリナー・ボードマン嬢「パンの問題」「美人懸賞」等出演のパット・オマリー氏「建国の乙女」「虚栄の市(1923)」等出演のハリソン・フォード氏が主演しジョージ・ニコルズ氏、プリシラ・ボーナー嬢、上山草人氏等が助演する。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
エリナー・ボードマン パット・オマリー ハリソン・フォード トリクシー・フリガンザ

風浪の一夜

  • 1925年当年公開
  • 出演(A_City_Girl 役)

ハリー・ヴァン・ティルザー氏とアーサー・J・ラム氏合作の流行歌「悩める人々の住家」に基づき、フレデリック・ストワース氏が脚色し、本年度プリファード映画監督者の一人に選まれたジェースム・P・ホーガン氏の第二回監督作品で、主役は一時映画界を退いていた前パラマウントのスターなるエセル・クレイトン嬢、「懦夫奮記せば」「漂泊える吾子今宵何処?」等出演のカレン・ランディス氏、「アラビアの恋」「モヒカン族の最後(1920)」等出演のバーバラ・ベッドフォード嬢、「ロビン・フッド(1922)」「怒涛の彼方へ」等出演のサム・ド・グラッス氏等で、その他にもプリシラ・ボナー嬢、フィロ・マッカロー氏、エディ・フィリップス氏等が出演している。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
エセル・クレイトン カレン・ランディス バーバラ・ベッドフォード サム・ド・グラッス

富豪の心理

  • 1925年当年公開
  • 出演(Sally_May_Ferris 役)

エリザベス・クーパー女史作の小説によりロイス・ゼルナー女史が脚色し「不満の熱火」「富貴を茶にして」等と同じくF・ハーモン・ウェイト氏が監督したもので「オーバー・ザ・ヒル」等出演のメアリー・カー夫人「人獣の国」等出演のケネス・ハーラン氏及び新進のプリシラ・ボナー嬢の共演になるもので、ウィリアム・ハムフレイ氏、クレア・デュ・プレイ嬢等が助演している。

監督
F・ハーモン・ウェイト
出演キャスト
メアリー・カー ケネス・ハーラン ヘンリー・バロウズ ウィリアム・ハンフリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > プリシラ・ボナー