映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーヴェイ・クラーク

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1937年 まで合計38映画作品)

1926年

元気溌剌

  • 1926年
  • 出演(Edwin_Irving_Mansfield 役)

マキシーン・アルトン女史とアデール・バフィントン女史が特に執筆した原作によりチャールズ・ダーントン氏が映画脚色し、「ブロークン・ロー」等と同じくロイ・ウィリアム・ニール氏が監督したもので、主役は「雷鳴轟く」「覇気満々」等主演のバック・ジョーンズ氏で、対手役は「情熱の悪鬼」等出演のヘレナ・ダルジィ嬢が勤め、ダイアナ・ミラー嬢、ルレッチャー・ノートン氏及びハーヴェイ・クラーク氏等が助演している。尚ジョーンズ氏の愛馬「ホワイト・イーグル」が出演していることはもちろんである。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
バック・ジョーンズ ヘレナ・ダルジー ダイアナ・ミラー Chappell Dossett

歓楽の宮殿

  • 1926年
  • 出演(Jose 役)

舞台劇に基いてベンジャミン・グレイザー氏が執筆したストーリーをブラッドリイ・キング女史が脚色し「蛮勇恋の武者修行」「パレスの騎士」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督したもので、主役は「駅馬車(1925)」「紅ばらの唄」等出演のベティー・カンプソン嬢と「サイベリア」「愚者」等出演のエドモンド・ロウ氏とでヘンリー・コルカー氏、ニーナ・マーノ嬢、フランシス・マクドナルド氏、ハーヴェイ・クラーク氏、ジョージ・シーグマン氏等が助演している。因みに本篇の女主人公ローラ・モンテスは十九世紀中葉の欧州各国の帝王貴族文人画工等と嬌名を謳われたスペインの有名な踊女で本篇は彼女の幾多の情事中の一つを現代風に脚色したものである。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ベティー・カンプソン ヘンリー・コルカー ハーヴェイ・クラーク

韋駄天騎手

  • 1926年
  • 出演(Joe_Timmons 役)

マックス・ブランド氏作の西部譚を映画化したもので「勇猛果敢」「飛鳥の如く」等と同じくバク・ジョーンズ氏主演演劇である。脚色者はガートルード・オール女史で新進のオーヴイル・ダル氏が監督した。ジョーンズ氏の対手女優はフォックス社の若手女優グランデイース・マッコネル嬢で、ハーヴエイ・クラーク氏ウォルター・パーシヴァル氏及びハンク・マン氏が助演している。

監督
オーヴィル・ダル
出演キャスト
バック・ジョーンズ グラディス・マッコネル ウォルター・パーシヴァル Bruce Covington

暗黒の楽園

  • 1926年
  • 出演(Hazy 役)

「飛鳥の如く」「虎穴の壮漢」等の監督者ロイ・ウィリアム・ニールが自ら原作を書き監督したもので、脚色はL・G・リグビーが担当。主演は「お針娘バーサ」「大山鳴動」等出演のマッジ・ベラミー。「サイベリア」「風雲急を告ぐ」のエドモンド・ロウ及び「大山鳴動」「誉れの一番乗り」のレスリー・フェントンで、その他エドワード・ピール、ハーヴェイ・クラーク、マーセラ・デーリー、ポール・パンザーが助演している。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
マッジ・ベラミー エドモンド・ロウ レスリー・フェントン エドワード・ピール
1925年

戦禍(1925)

  • 1925年
  • 出演(Biddle 役)

ヘンリー・ウォール氏の原作に成る舞台劇に基づき、「ブライト・ショール」等を脚色したエドモンド・グールディング氏が脚色し、「永遠の嘆き」「青春の血に燃えて」等と同じくローランド・V・リー氏が監督した。主役は「紺碧の空の下に」主演のジョージ・オブライエン氏「女難襲来」「離婚」等出演のマーガレット・リヴィングストン嬢「楽園の美神」「名馬の蹄鉄」とう出演のマッジ・ベラミー嬢「震天動地」「灯消えぬ」等出演のウォルター・マッグレル氏等で、その他にもデイヴィッド・バトラー氏やバートラム・グラスビー氏等が出演している。大掛かりな戦争を背景にしたロマンスである。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ウォルター・マッグレイル マーガレット・リヴィングストン マッジ・ベラミー

雪辱の大快戦

  • 1925年
  • 出演(Dennyson 役)

サタデイ・イヴニング・ポースト誌に連載されたラリー・エヴァンス氏作の小説「一度はすべての男に」を映画化したものでリリー・ヘイワード女史が脚色し、「アイアン・ホース」「香も高きケンタッキー」等と同じくジョン・フォード氏が監督したもの、主役は「アイアン・ホース」「戦禍」等出演のジョージ・オブライエン氏が演じ、相手役は「虚栄地獄」「西部の星影(1925)」等出演のビリー・ドウ嬢で、J・ファーレル・マクドナルド氏、ダイアナ・ミラー嬢ヴィクター・マクラグレン氏等が助演するボクシング劇である。因みに比の原作に基いて映画化されたフローマン映画「最後の栄冠」は大正九年十二月我国でも公開されたことがある。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ビリー・ダヴ J・ファーレル・マクドナルド ヴィクター・マクラグレン

国なき人

  • 1925年
  • 出演(Peter 役)

1863年に出版されたエドワード・エベット・ヘール氏原作の愛国小説に基づき、ロ バート・エヌ・リー氏が脚色し、「戦禍」「永遠の嘆き」等と同じくローランド・V・リー氏が監督した愛国劇である。主役は新進のエドワード・ハーン氏で、相手には「パレスの騎士」「田園壊し」等出演のポーリン・スターク嬢が出演している。フォックス社の超特作品として「アイアン・ホース」と共に期待すべき大作品である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
エドワード・ハーン ポーリン・スターク アール・メトカルフ リチャード・タッカー
1924年

紺碧の空の下に

  • 1924年
  • 出演(Fight_Manager 役)

この原作者ロバート・W・サーヴィス氏は1883年英国ランカシャー州に生まれ冒険的生活を送った人、詩人及び小説家として有名である。氏の筆に成った同じ名の小説をチャールズ・ケニヨン氏が脚色し「単騎突進」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督したもの・主役は最近「アイアン・ホース」で一躍フォックスのスターになったジョージ・オブライエン氏で、相手は「荒野の放浪者」「若人よ永遠に」等出演のビリー・ダヴ嬢、その他「文化果つるところ」出演のハリー・T・モーレイ氏「良人の危険時代」出演のクレオ・マディソン嬢「黄金の篭」出演のアン・コーンウォール嬢等が共演している。劇中のコーンウォール嬢が海底で鱶と戦う場面が壮快である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ビリー・ダヴ ハリー・T・モーレイ クレオ・マディソン

再生の男(1924)

  • 1924年
  • 出演(Charles_Reising 役)

ジョン・フレミング・ウィルソン氏の小説に基づいたジュールス・エッカート・グッドマン氏の舞台劇をエドモンド・グールディング氏が脚色し「巌窟王(1922)」「愛? 金?」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督したもので、主役は「戦禍」「紺碧の空の下に」等出演のジョージ・オブライエン氏で相手役は「剣戟の雄」「琴線の響」等出演のドロシー・マッケール嬢が演じラルフ・ルイス氏、シリル・チャドウィック氏等助演者も良い顔振れである。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ドロシー・マッケール シリル・チャドウィック ラルフ・ルイス
1923年

パレス

  • 1923年
  • 出演(Alphonso 役)

「ホワイト・シスター(1923)」の原作者たるアメリカの小説家マリオン・クローフォード氏の書いた小説を、ジューン・メイシス女史が脚色しフォックス社で「巌窟王(1922)」「或る愚者有りき」「ラスト・トレイル」等を監督したエメット・J・フリン氏が監督したもの。主役は「快男子ソーヤー」等出演のブランシュ・スウィート嬢「沈黙の命令」等のエドモンド・ロウ氏「虚栄の市(1923)」等のホバート・ボスウォース氏「南海の情火」等のポーリン・スターク嬢「ロビン・フッド(1922)」等のサム・ド・グラッス氏等である。十六世紀のスペイン王廷を背景にした壯大なロマンスである。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート エドモンド・ロウ ホバート・ボスウォース ポーリン・スターク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーヴェイ・クラーク