映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーヴェイ・クラーク

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1937年 まで合計38映画作品)

1928年

炭坑(1928)

  • 1928年
  • 出演(Joe 役)

「曙光の森」と同じくジノールド・バーカー氏の監督作品で、エル・ジー・リグビー氏の原作並脚色したものによったものである。主役を演ずるのは「ステラ・ダラス(1925)」「煩悩」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア氏と「恋とボクシング」「飛脚カンター」のジョビナ・ラルストン嬢との2人で、それを助けて「魔炎」のハーヴェイ・クラーク氏、ダグラス・マクリーン物のシナリオを多く書き併せてそれに出演もしたウェード・ポトラー氏、ロバート・ライアン氏等の人々が出演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ジョビナ・ラルストン ハーヴェイ・クラーク ウェード・ポトラー

棚からぼた餅

  • 1928年
  • 出演(Senator_McKugg 役)

「浮気天国」に次ぐチャーリー・マレイ氏主演映画で同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。ハリー・レオン・ウィルソン氏のオリジナル・ストーリーをハーヴェイ・シュウ氏が改作し、ハワード・J・グリーン氏と共同脚色した。助演者は「情炎夜曲」出演のロレッタヤング嬢、「踊子気質」「恋せよ乙女」のラリー・ケント氏を始め、ハーヴェイ・クラーク氏Littlefield氏等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
チャーリー・マレイ ロレッタ・ヤング ラリー・ケント ルシアン・リトルフィールド
1927年

紫の騎士

  • 1927年
  • 出演(Thomas_Larkin 役)

「感傷の秋」に次ぐジョージ・フィッツモーリス氏監督作品で、ミナ・カロリン・スミス女史とユージン・ウッドワード氏との合作になる物語をベス・メレディス女史とフィリップ・バーソロメイ氏とが脚色したもの。主役は「決死隊」「ドン・ファン(1926)」「美人国二人行脚」等出演のメアイ・アスター嬢と「椿姫(1927)」出演のギルバート・ローランド氏が演じ、「感傷の秋」「悲恋舞曲」等出演のモンタギュー・ラヴ氏を始め、グスタフ・フォン・セイフェルティッツ氏、アンドレ・シュロン氏、フロラ・フインチ嬢等が助演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
メアリー・アスター ギルバート・ローランド モンタギュー・ラヴ グスタフ・フォン・セイファーティッツ

魔炎

  • 1927年
  • 出演(The_Aide 役)

「夢想の楽園」「悲恋舞曲」に次ぐロナルド・コールマン氏、ヴィルマ・バンキー嬢主演映画で、ルドルフ・ロタール氏作の舞台劇「道化王」をベス・メレデイス女史が映画的に書き改め、ジューン・メイシス女史が台本を執筆し、「夢想の楽園」「ステラ・ダラス(1925)」等と同じくヘンリー・ギング氏が監督したもの。助演俳優はグスタフ・フォン・セイフエルティッツツ氏、アウグスチノ・ボルガト氏、ハーヴエイ・クラーク氏、シャーリー・パルマー嬢等である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヴィルマ・バンキー アゴスチノ・ボルガト グスタフ・フォン・セイファーティッツ

椿姫(1927・アメリカ)

  • 1927年
  • 出演(Count_Varville 役)

アレクサンドル・デュマ・フィリスの名作小説を映画化したもので「お転婆キキー(1926)」に次いで製作されたノーマ・タルマッジ嬢主演映画である。フレッド・デ・グレサック氏が改作し、オルガ・プリンツロー女史とチャンドラー・スプレイグ氏とが脚色の任に当たった。相手役はタルマッジ嬢に見いだされた無名の青年ギルバート・ローランド氏が勤め、ヘレン・ジエローム・エディー嬢、リリアン・タツシユマン嬢、ハーヴェイ・クラーク氏、モーリス・コステロ氏、アレック・B・フランシス氏等が助演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ ギルバート・ローランド ヘレン・ジェローム・エディー ハーヴェイ・クラーク

恋人強奪

  • 1927年
  • 出演(Marquis_de_Valens 役)

「あれ」「乱暴ロージー」「フラ」と同じくクララ・ボウ嬢主演喜劇で、ルイ・ヴェルヌイユ氏作の舞台喜劇に基いてホープ・ロアリング女史が執筆した映画物語をアグネス・ブランド・リー女史が脚色し「近代女風俗」「モダン十戒」と同じくドロシー・アーズナー女史が監督したもの。ボウ嬢を助けて「つばさ」「デパート娘大学」出演のチャールズ・バディー・ロジャース氏「錯覚恋愛」「弥次喜多消防の巻」出演のジョセフィン・ダン嬢の二新進俳優を始め、老練ジョセフ・スウィッカード氏、ハーヴェイ・クラーク氏等が出演している。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
クララ・ボウ チャールズ・バディー・ロジャース ジョセフィン・ダン ジョセフ・スウィッカード

喧嘩友達

  • 1927年
  • 出演(Interlor_Decorator 役)

「甘い親爺」「長屋騒動成り金物語」等出演のチャーロー・ムーレー氏と「山だし娘」「勇み肌美人女給」等出演のチェスター・コンクリン氏とが出演した喜劇で、ガス・ヒル氏が執筆した物語をジャック・ワグナー氏、ジャック・ジェヴン氏、レックス・テイラー氏が脚色し「相縁奇縁」の監督者リチャード・ウオーレース氏が第2回作品として監督したものである。助演者は「珍婚世界漫遊記」「死線に立つ」等出演のエドナ・マーフイー嬢を始め、ラリー・ケント氏、アギー・ヘリング嬢、デ・ウイット・ジエニングス氏、フリーマン・ウッド氏、ドロシー・ドワン嬢等である。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
チャーリー・マレイ チェスター・コンクリン エドナ・マーフィ ラリー・ケント

アラビヤ三人盗賊

  • 1927年
  • 出演(Rube 役)

「珍妙ライオン狩り」「出世水兵」に続くダグラス・マツクリーン氏主演喜劇で、ジョージ・ランドルフ・チエスター氏が特に書き卸した物語をウエード・ポトラー氏とフレデリック・チャピン氏とが脚色し、「出世水兵」「古着屋クーガン」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもので、相手女優は新進のスー・キャロル嬢、ウェード・ボトラー氏、ナイジエル・デ・ブルリアー氏、アルバート・グラン氏、等が助演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ダグラス・マックリーン フランク・レイ ラス・パウエル スー・キャロル
1926年

白銀の財宝

  • 1926年
  • 出演(Tito 役)

「卑怯者」の原作者ジョセフ・コンラッドの著名な小説『ノストロモ』を映画化したもので、ロバート・N・リーが脚色し「戦禍」「国なき人」などと同じくローランド・V・リーが監督した。主役は「愛の投縄」「無花果の葉」「3悪人」など出演のジョージ・オブライエンが勤め、「3悪人」「サイベリア」など出演のルー・テリジェン、心身のジョアン・ルネ、ヘレナ・ダルジー、ヘッダ・ホッパーが共演するほか「人生の行路」出演の英国名優スチュワート・ロームも重要なる役を演じている。その他エヴェリン・セルビー、ハーヴェイ・クラーク、オットー・マティーソン、桑原ジョージなどが助演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ジョアン・ルネ ルー・テリジェン ヘレナ・ダルジー

ディキシーの商人

  • 1926年
  • 出演(Baptiste 役)

バリー・ベネフィールド氏作の小説に基づいてケネス・B・クラーク氏が脚色し「なまけ者」「秘密」「死に行く我が子」等と同じくフランク・ボーザー氏が監督したもので、「3悪人」「電光」等出演のJ・フェーレル・マクドナルド氏、「サンディー」「電光」等出演のマッヂ・ベラミー嬢、「地下鉄サディー」「甘い親爺」等出演のジャック・マルホール氏等が主演し、クレア・マクドエェル嬢、エドワード・マーティンデル氏、エヴェリン・アーデン嬢等が助演している。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
J・ファーレル・マクドナルド マッジ・ベラミー ジャック・マルホール クレア・マクドウェル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーヴェイ・クラーク