映画-Movie Walker > 人物を探す > オリヴィア・ウィリアムズ

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2014年 まで合計17映画作品)

2014年

マップ・トゥ・ザ・スターズ

  • 2014年12月20日(土)公開
  • 出演(クリスティーナ・ワイス 役)

鬼才デイヴィッド・クローネンバーグ監督が、ハリウッドでリムジンの運転手だった脚本家の実体験を基に、ハリウッドのセレブファミリーの実情を暴くヒューマンドラマ。何不自由ない生活を送っていた一家が、施設に入れられていた長女の突然の出現によって運命を狂わされていく姿を描く。ジュリアン・ムーアほか実力派が多数顔を揃える。

監督
デイヴィッド・クローネンバーグ
出演キャスト
ジュリアン・ムーア ミア・ワシコウスカ ジョン・キューザック ロバート・パティンソン

ラスト・デイズ・オン・マーズ

  • 2014年11月22日(土)公開
  • 出演(キム・アルドリッチ 役)

シドニー・J・バウンズの短編小説をベースにしたSFスリラー。近未来の火星で微小生物の発見から始まる恐怖を描く。出演は、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のリーヴ・シュレイバー。監督は、短編アニメ「Fifty Percent Grey」がアカデミー賞にノミネートされた俊英ルアイリ・ロビンソン。

監督
ルアイリ・ロビンソン
出演キャスト
リーヴ・シュレイバー イライアス・コティーズ ロモーラ・ガライ オリヴィア・ウィリアムズ

サボタージュ

  • 2014年11月7日(金)公開
  • 出演(キャロライン 役)

アーノルド・シュワルツェネッガー扮する麻薬捜査官の戦いを描くサスペンス・アクション。彼の部下が何者かにひとりずつ惨殺される事件が発生し、犯人に迫っていく姿がミステリアスな語り口でつづられる。『エンド・オブ・ウォッチ』の気鋭監督デヴィッド・エアーの徹底的にリアリティにこだわった演出が緊迫感を生み出している。

監督
デヴィッド・エアー
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー サム・ワーシントン ジョー・マンガニエロ ジョシュ・ホロウェイ

ワイルド・ビル

  • 2014年5月19日(月)公開
  • 出演(ケリー 役)

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」の俳優デクスター・フレッチャーによる初監督作品。刑務所から出所した父親と息子たちの姿を描く人間ドラマ。出演は、「狼たちの処刑台」のチャーリー・クリード=マイルズ。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012長編部門(国際コンペティション)上映作品。

監督
デクスター・フレッチャー
出演キャスト
チャーリー・クリード=マイルズ ウィル・ポールター サミー・ウィリアムズ シャーロット・スペンサー
2013年

私が愛した大統領

  • 2013年9月13日(金)公開
  • 出演(エレノア・ルーズベルト 役)

人々から絶大な人気を誇った第32代大統領フランクリン・デラノ・ルーズベルト。彼と従妹にあたる女性デイジーとの秘められた愛、そして英国王ジョージ6世との友情を描く、実話に基づいた人間ドラマ。かつてはコミカルな演技で人気を博したビル・マーレイがルーズベルト大統領を好演し、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞候補になった。

監督
ロジャー・ミッチェル
出演キャスト
ビル・マーレイ ローラ・リニー サミュエル・ウェスト オリヴィア・コールマン

17歳のエンディングノート

  • 2013年4月27日(土)公開
  • 出演(母 役)

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の脚本家、オル・パーカーがベストセラー小説をダコタ・ファニング主演で映画化した青春ストーリー。突如、余命宣告を受けた少女が、生きている実感を得ようと奮闘する姿が描かれる。『戦火の馬』のジェレミー・アーヴァインがヒロインの心の支えとなる青年を演じている。

監督
オル・パーカー
出演キャスト
ダコタ・ファニング ジェレミー・アーヴァイン パディ・コンシダイン オリビア・ウィリアムズ

アンナ・カレーニナ

  • 2013年3月29日(金)公開
  • 出演(ヴロンスキー伯爵 役)

ロシアの文豪トルストイの最高傑作として知られるラブストーリーを、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が、キーラ・ナイトレイ主演で映画化。19世紀末のロシアを舞台に、愛のない結婚をしたヒロインが運命の男性と出会い、真実の愛に目覚める姿を描き出す。ジュード・ロウほか、実力派が多数共演する。

監督
ジョー・ライト
出演キャスト
キーラ・ナイトレイ ジュード・ロウ アーロン・テイラー=ジョンソン ケリー・マクドナルド
2011年

ゴーストライター

  • 2011年8月27日(土)公開
  • 出演(ルース・ラング 役)

ロマン・ポランスキー監督がベルリン国際映画祭最優秀監督賞を受賞したポリティカル・サスペンス。脛に傷持つ政治家の回顧録を書くことになったゴーストライターが巨大な陰謀に巻き込まれていく姿を緊迫感あふれるタッチでリアルに描き、最後まで飽きさせない。イギリスを代表する実力派スターたちの演技対決も見応えあり。

監督
ロマン・ポランスキー
出演キャスト
ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ

ハンナ

  • 2011年8月27日(土)公開
  • 出演(レイチェル 役)

史上最年少でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた『つぐない』の美少女、シアーシャ・ローナンが、初めてのアクション・スリラーに挑戦。殺し屋として育てられた少女が、世界を股にかけた逃亡劇の途中で友情や恋を知り、悩みながらも成長していく姿を繊細に演じる。ケイト・ブランシェットの凄みある悪役ぶりにも注目。

監督
ジョー・ライト
出演キャスト
シアーシャ・ローナン エリック・バナ ケイト・ブランシェット トム・ホランダー
2010年

17歳の肖像

  • 2010年4月17日(土)公開
  • 出演(スタッブズ先生 役)

勉強一筋だった優等生の少女が年上の男性との出会いを経て、大人の階段を昇ってゆくさまを描く青春ドラマ。「プライドと偏見」のキャリー・マリガンが多感な年頃のヒロインを好演。

監督
ロネ・シェルフィグ
出演キャスト
キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オリヴィア・ウィリアムズ