映画-Movie Walker > 人物を探す > レジナルド・バーカー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1935年 まで合計27映画作品)

1935年

霧の天国

  • 1935年公開
  • 監督

「月光の曲」のチャールズ・ファーレルが「闇の狂人」のシャーロット・ヘンリーを相手に主演する映画。クリスティン・ジェープ・スレードのストーリーをセイダ・コウアンが脚色し、かつて大監督として活躍したレジナルド・バーカーが監督に当たり、ミルトン・クラスナーが撮影した。助演は「シナラ」のフィリス・バリー、ベリル・マーサー、フレッド・ウォルトン等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
チャールズ・ファーレル シャーロット・ヘンリー ベリル・マーサー フレッド・ウォルトン
1930年

恋の大分水嶺

  • 1930年公開
  • 監督

1925年にM・G・M社の手で映画化されたことのあるウィリアム・ヴォーン・ムーディー氏原作の舞台劇を「魔の海」のフレッド・マイトン氏が脚色し、「虹晴」「曙光の森」のレジナルド・バーカー氏が監督し「彼の捕えし女」「船頭さん可愛や」のリー・ガームス氏が撮影したもので、主演者は「マネキンの夢」「歓楽地帯」のドロシー・マッケール嬢、これを助けて「幻の街」のアイアン・キース氏、「ノアの箱船」「砂漠の歌」のマーナ・ローイ嬢、「硝子箱の處女」のルシアン・リトルフィールド氏、「恋の走馬燈」のクロード・ギリングウォーター氏、ジョージ・フォーセット氏、ロイ・スチュアート氏、クレイトン・ヘール氏等が出演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ドロシー・マッケール アイアン・キース ルシアン・リトルフィールド ベン・ヘンドリックス

大学の地廻り

  • 1930年公開
  • 監督

「假の塒」「ローズマリー(1928)」主演のジェームズ・マレイ氏と「風雲の天地」「美人投売一弗均一」のキャスリン・クロフォード嬢とが主演する映画で、嘗て監督だったランバート・ヒルヤー氏がアーサー・リップリー氏と共同して執筆した台本により、「炭坑」「曙光の森」のレジナルド・バーカー氏が監督、「ショウ・ボート(1929)」「薫る河風」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影したものである。助演者は「歓楽地帯」「暴力団(1928)」のリー・モーラン氏、「乙女よ純なれ」「暗黒街のローマンス」のロバート・エリオット氏、カール・ストックデール氏、エドワード・ハーン氏、等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ジェームズ・マレイ キャスリン・クロフォード Jackie Hanlon リー・モーラン
1929年

薫る河風

  • 1929年公開
  • 監督

「虹晴」「炭鉱」と同じくレヂノールド・バーカー氏の監督作品で、「雀」「アリバイ」のガードナー・サヴァリン氏指揮のもとに「野生愛」のカール・ブラウン氏とレオナード・フィールヅ氏がストオリーを組立て、「ブロードウェイ(1929)」のエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色したもの。主役を演ずるのは「ショウボート」「ダニューブの漣」のジョーゼフ・シルドクラウト氏と「ブルドッグ・ドラモンド」のジョウン・ベネット嬢で、「ショウ・ボート(1929)」「ブロードウェイ(1929)」のオーティス・ハーラン氏、アレック・ビー・フランシス氏、カーメリタ・ジェラティ嬢が出演している。キャメラは「うわさ」「ショウボート」のギルバート・ウォーレントン氏が担任。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ジョゼフ・シルドクラウト ジョーン・ベネット アレック・B・フランシス オーティス・ハーラン

死線に踊る

  • 1929年公開
  • 監督

「虹晴」「炭坑」と同じくレジナルド・バーカー氏監督作品で、「青春の夢(1929)」「砂漠の狂恋」のジョン・フランシス・ナッターフォード氏が台本を書き下ろした。出演者は「好いて好かれて」「秘密命令」のリカルド・コルテス氏、「ドノヴァン」「評判女候補者」の小ウィリアム・コリアー・ジュニア氏及び「初恋ハリー」「グッドバイ・キッス」のアルマ・ベネット嬢で、キャメラは「秘密命令」「曲者揃い」のハリー・ジャクソン氏担当。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
リカルド・コルテス ウィリアム・コリアー・ジュニア アルマ・ベネット

七つの鍵

  • 1929年公開
  • 監督

パラマウントを去ってR・K・Oに入社したリチャード・ディックス氏の第1回主演映画で、アール・ディア・ビッガース氏の原作小説とジョージ・M・コーハン氏がアダプトした舞台劇とを基として「ストリート・ガール」と同じくジェーン・マーフィン女史が台本を執筆し、「虹晴」「炭坑」のレジナルド・バーカー氏が監督、「コンサート」「愛の医者」のエドワード・クロンジェガー氏が撮影したもの。助演者は「愛の医者」「コンサート」のミリアム・シーガー嬢を始め、「愛の曳綱」のルシアン・リトルフィールド氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィングストン嬢、カールトン・メイシー氏、クロフォード・ケント氏、デヴィット・ジェニングス氏、ネラ・ウォーカー嬢、ジョセフ・アレン氏等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
リチャード・ディックス ミリアム・シーガー クロフォード・ケント ネラ・ウォーカー

虹晴

  • 1929年公開
  • 監督

「炭坑」と同じくエル・ジー・リグピー氏が原作並に脚色し、レジノールド・パーカー氏が監督し、そしてアーネット・ミラー氏が撮影した映画である。主役を演ずるのは「愛に飢えて」「寝巻」のローレンス・グレイ氏と「アリゾナの快男児」「吃驚仰天」のドロシー・セバスチャン嬢との2人であるか、それを助けて「狂言成金」のサム・ハーディ氏、「炭坑」のハーヴェイ・クラーク氏、「鉄仮面」のジーノ・コラード氏、等が出演している。伴奏、並びに擬音を伴う発声映画である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ローレンス・グレイ ドロシー・セバスチャン サム・ハーディ ハーヴェイ・クラーク
1928年

炭坑(1928)

  • 1928年公開
  • 監督

「曙光の森」と同じくジノールド・バーカー氏の監督作品で、エル・ジー・リグビー氏の原作並脚色したものによったものである。主役を演ずるのは「ステラ・ダラス(1925)」「煩悩」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア氏と「恋とボクシング」「飛脚カンター」のジョビナ・ラルストン嬢との2人で、それを助けて「魔炎」のハーヴェイ・クラーク氏、ダグラス・マクリーン物のシナリオを多く書き併せてそれに出演もしたウェード・ポトラー氏、ロバート・ライアン氏等の人々が出演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ジョビナ・ラルストン ハーヴェイ・クラーク ウェード・ポトラー
1926年

曙光の森

  • 1926年公開
  • 監督

大北物の大衆作家として知名なジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の小説の映画化で、それを「三人」「ドロシー・ヴァーノン」と同じくウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「大分水嶺」「怒號する天地」の監督者レジノルド・バーカー氏が監督したもの。主役は「明眸罪あり」「イット」出演のアントニオ・モレノ氏と「ビッグ・パレード」「ミシガン小僧」出演のルネ・アドレー嬢との二人で、ガードナー・ジェームズ氏、トム・オブライエン氏、匈牙利オスカー・ベレギ氏等が出演してイる。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
アントニオ・モレノ ルネ・アドレー ウィリアム・オースティン トム・オブライエン
1925年

愛の大雪嶺

  • 1925年公開
  • 監督

コートニー・ライリー・クーパー氏作の小説をモント・エム・カッタージョン氏とL・G・リグビー氏とが脚色し「大分水嶺」「名馬天に嘶く」等と同じくレジナルド・パーカー氏が監督したもので、主役は「名馬天に嘶く」「黎明のサハラ」等主演のクレア・ウィンザー嬢と「腕自慢」「美人懸賞」等出演のバット・オマリー氏及び「紅椿」「紅の大空」等出演のロバート・フレイザー氏で、フランク・カリアー氏、スニッツ・エドワーズ氏、上山草人氏、ブリッシュ・ポナー嬢等が助演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
クレア・ウィンザー パット・オマリー ロバート・フレイザー フランク・カリアー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レジナルド・バーカー