映画-Movie Walker > 人物を探す > アレクサンドラ・ビルヌ

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2017年 まで合計8映画作品)

2017年

ドクター・ストレンジ

  • 2017年1月27日(金)公開
  • 衣裳

元天才外科医の魔術師という異色のヒーロー、ドクター・ストレンジをベネディクト・カンバーバッチが演じるアクション。人智を超えた力を手に入れた主人公が世界を滅亡から救うために強大な敵に立ち向かっていく姿が描かれる。『地球が静止する日』のスコット・デリクソンが監督を務め、高層ビルや街が曲がったりする驚愕の映像で魅せる。

監督
スコット・デリクソン
出演キャスト
ベネディクト・カンバーバッチ ティルダ・スウィントン レイチェル・マクアダムス キウェテル・イジョフォー
2008年

スルース

  • 2008年3月8日(土)公開
  • 衣装

ジュード・ロウ製作&主演、ケネス・ブラナー監督で1972年の傑作ミステリー「探偵スルース」をリメイク。名優マイケル・ケインとの2人芝居で、男たちの壮絶なだまし合いが展開する。

監督
ケネス・ブラナー
出演キャスト
マイケル・ケイン ジュード・ロウ

エリザベス:ゴールデン・エイジ

  • 2008年2月16日(土)公開
  • 衣装デザイン

歴史大作「エリザベス」の9年ぶりの続編。前作に続き主演するケイト・ブランシェットが、せつない恋路を経てスペイン無敵艦隊との戦いにのぞむ、激動の時代の女王を熱演!

監督
シェーカル・カプール
出演キャスト
ケイト・ブランシェット ジェフリー・ラッシュ クライヴ・オーウェン リス・エヴァンス
2005年

オペラ座の怪人

  • 2005年1月29日(土)公開
  • 衣装デザイン

アンドリュー・ロイド=ウェバーの大ヒット・ミュージカルを完全映画化。オペラ座に暗躍する怪人と可憐な歌姫の愛憎模様が、豪華絢爛な美術と音楽をバックに展開する。

監督
ジョエル・シューマカー
出演キャスト
ジェラルド・バトラー エミィ・ロッサム パトリック・ウィルソン ミランダ・リチャードソン

ネバーランド

  • 2005年1月15日(土)公開
  • 衣装デザイン

「ピーター・パン」の作者ジェームズ・バリを主人公にした感動作。夢見がちな劇作家と内向的な少年の心の触れ合いを、格調高くもファンタスティックにつづる。

監督
マーク・フォスター
出演キャスト
ジョニー・デップ ケイト・ウィンスレット ジュリー・クリスティ ラダ・ミッチェル
2001年

コレリ大尉のマンドリン

  • 2001年9月22日(土)公開
  • 衣装デザイン

「恋におちたシェイクスピア」の名匠ジョン・マッデンが、世界的ベストセラー小説を映画化。過酷な戦時下における人生の喜びと悲しみ、運命の恋の行方を描く感動の人間讃歌。

監督
ジョン・マッデン
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ペネロペ・クルス ジョン・ハート クリスチャン・ベール
1999年

エリザベス

  • 1999年8月28日(土)公開
  • 衣装デザイン

イングランドの女王エリザベス一世の数奇な半生を描く歴史大作。監督は「女盗賊プーラン」のシェカール・カブール。脚本は「ミーティング・ビーナス」のマイケル・ハースト。製作は「ビッグ・リボウスキ」のティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー、「ロザンナのために」のアリソン・オーウェン。撮影は「スライディング・ドア」のレミ・エイドファラシン。音楽は「シャイン」のデヴィッド・ハーシュフェルダー。美術は「キャメロット・ガーデンの少女」のアレクサンドラ・バーン。衣裳は「ハムレット」のアレクサンドラ・バーン。出演は「オスカーとルシンダ」のケイト・ブランシェット、「恋におちたシェイクスピア」のジョセフ・ファインズとジョフリー・ラッシュ、「ペダル・ドゥース」のファニー・アルダンほか。

監督
シェーカル・カプール
出演キャスト
ケイト・ブランシェット ジェフリー・ラッシュ ジョセフ・ファインズ リチャード・アッテンボロー
1998年

ハムレット(1997)

  • 1998年1月24日(土)公開
  • 衣装デザイン

17世紀の文豪ウィリアム・シェイクスピアの言わずと知れた古典『ハムレット』を、舞台を中世から19世紀に移し、絢爛豪華なタッチで映画化。監督・脚本・主演は、「世にも憂鬱なハムレットたち」の英国演劇界の俊英ケネス・ブラナーで、オールスター・キャストで4時間の大作に挑んだ。製作はブラナーと「フランケンシュタイン」以降コンビを組むデイヴィッド・バロン。撮影は「アラビアのロレンス」「スカーレット・レター」のヴェテラン、アレックス・トムソン。音楽は「フェイク」のパトリック・ドイルで、主題歌『IN PEACE』をオペラ界の最高のテナー歌手プラシド・ドミンゴが歌う。美術はブラナーとは「ヘンリー5世」以降全作品で組む「オセロ」のティム・ハーヴェイ。編集は「世にも憂鬱なハムレットたち」のニール・ファレル。衣裳は『待ち焦がれて』(V)のアレックス・バーン。共演は「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「ドラゴンハート」のジュリー・クリスティ、「彼と彼女の第二章」のビリー・クリスタル、「ショート・カッツ」のジャック・レモン、「トゥルーライズ」のチャールトン・ヘストン、「ジャック」のロビン・ウィリアムス、「俺たちは天使だ」のジェラール・ドパルデューなど映画界のスターに加え、「世にも憂鬱なハムレットたち」のリチャード・ブライアーズ、マイケル・マロニー、ニコラス・ファレル、「シャイン」のジョン・ギールグッド、「愛と死の間で」のデレク・ジャコビ、「ロストワールド ジュラシック・パーク」のリチャード・アッテンボロー、「秘密と嘘」のティモシー・スポールほか豪華な顔触れ。

監督
ケネス・ブラナー
出演キャスト
ケネス・ブラナー ケイト・ウィンスレット リチャード・ブライヤーズ ジュリー・クリスティ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アレクサンドラ・ビルヌ