TOP > 人物を探す > ジョーダン・ラッド

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2007年 まで合計5映画作品)

2007年

ホステル2

  • 2007年9月8日(土)
  • 出演(Stephanie 役)

クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務め、全米で大ヒットしたスプラッター・ホラーの第2弾。闇の殺人組織とその顧客の“獲物”にされた若い女性3人の恐怖を描く。

監督
イーライ・ロス
出演キャスト
ローレン・ジャーマン ロジャー・バート ヘザー・マタラッツォ ビジュー・フィリップス

デス・プルーフ in グラインドハウス

  • 2007年9月1日(土)
  • 出演(シャナ 役)

鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、少年時代に幾度となく観たB級映画の魅力を再現したアクション。コワモテの殺人鬼と女性スタントマンが、車を操り派手なバトルを展開。

監督
クエンティン・タランティーノ
出演キャスト
カート・ラッセル ゾーイ・ベル ロザリオ・ドーソン ヴァネッサ・フェルリト
2005年

キャビン・フィーバー

  • 2005年4月23日(土)
  • 出演(Karen 役)

全米初登場第3位を記録した阿鼻叫喚のホラー。山小屋へバカンスに訪れた若者たちが、肉体が腐る謎の感染病に冒されていく恐怖をおぞましいタッチで描出。

監督
イーライ・ロス
出演キャスト
ライダー・ストロング ジョーダン・ラッド ジェームズ・デベロ セリナ・ヴィンセント
1999年

25年目のキス

  • 1999年6月12日(土)
  • 出演(Gibby 役)

高校に潜入取材することになったさえない25歳の女性記者が、大奮闘の末、学園の人気者になり、恋も実らせるまでを描いたホロリとさせるハッピーなラヴ・コメディ。監督は「ホーム・アローン3」のラシャ・ゴズネル。製作総指揮は本作でヒロインを演じた「エバー・アフター」のドリュー・バリモア。製作はナンシー・ジューボネン、ナンシー・アイザック(「誘う女」共同製作)。脚本は本作がデビューとなったアビー・コーンとマーク・シルヴァーステインのコンビ。撮影は「くちづけはタンゴの後で」のアレックス・ネポムニアスキー。音楽は「アナスタシア」のデイヴィッド・ニューマン。美術は「クルーレス』のスティーブン・ジョーダン。編集は「クルーレス」のデブラ・チェイテと「クローンズ」のマルチェロ・サンセビエリ。衣裳は「8mm」のモナ・メイ。共演は「ラビナス」のデイヴィッド・アークエット、「デットマンズ・カーブ』のミシェル・バルタン、「シン・レッド・ライン」のジョン・C・ライリーほか。

監督
ラジャ・ゴズネル
出演キャスト
ドリュー・バリモア モリー・シャノン デイヴィッド・アークエット ミシェル・ヴァルタン
1998年

ノーウェア

  • 1998年8月3日(月)
  • 出演(Alyssa 役)

愛を求めてドラッグや暴力、倒錯したセックスにはしる世紀末の若者たちの姿を描いた異色の青春映画。監督・脚本・製作・編集は「ドゥーム・ジェネレーション」などの作品で知られるインディーズの旗手、グレッグ・アラキ。撮影はアルトゥーロ・スミス。出演は「ドゥーム・ジェネレーション」のジェームズ・デュヴァル、「シーズ・ソー・ラヴリー」のデビ・マザー、「ブギーナイツ」のヘザー・グレアム、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

監督
グレッグ・アラキ
出演キャスト
ジェームズ・デュヴァル レイチェル・トゥルー ネイサン・ベクストン キアラ・マストロヤンニ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョーダン・ラッド