映画-Movie Walker > 人物を探す > ブラッド・フラー

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2019年 まで合計8映画作品)

2019年

アートのお値段

「マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して」でアカデミー賞にノミネートされたナサニエル・カーン監督が、アート市場の真実に迫ったドキュメンタリー。サザビーズ秋季オークションが迫る中、美術界の有力者にカメラを向け、アートとお金の関係を探る。2018年に彫刻作品『ラビット』が存命するアーティストのオークション過去最高額となる約100億円(9110万ドル)で売却されたジェフ・クーンズら美術家や、オークショナー、ギャラリスト、評論家、コレクターらにカメラを向ける。

監督
ナサニエル・カーン
出演キャスト
ラリー・プーンズ ジェフ・クーンズ エイミー・カペラッツォ ステファン・エドリス
2018年

クワイエット・プレイス

  • 2018年9月28日(金)公開
  • 製作

姿の見えない“何か”から身を潜め、物音を立てないように必死に生きる家族に迫る恐怖を描く、サスペンス・ホラー。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』での主人公役で、数々の賞に輝いたエミリー・ブラントがヒロインのエヴリンを演じる。実生活でも彼女の夫であるジョン・クラシンスキーが夫のリーに扮し、監督も務める。

監督
ジョン・クラシンスキー
出演キャスト
エミリー・ブラント ジョン・クラシンスキー ミリセント・シモンズ ノア・ジュペ
2009年

13日の金曜日

  • 2009年2月13日(金)公開
  • 製作

世界中を恐怖のどん底に突き落とした1980年製作の同名ホラーをリメイク。美しい湖畔で続発する猟奇事件と、怪物ジェイソンにまつわる新たな謎をパワフルに描く。

監督
マーカス・ニスペル
出演キャスト
ジャレッド・パダレッキ ダニエル・パナベイカー アマンダ・リゲッティ トラヴィス・ヴァン・ウィンクル
2008年

ブロードウェイ・ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

  • 2008年10月25日(土)公開
  • 編集

名作ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』。その16年ぶりの再演に際して、オーディションに集まったダンサー達の姿を捉えたドキュメンタリー。ブロードウェイ史上、初めてオーディション会場に入り込んだカメラと、時折挿入されるオリジナル版『コーラスライン』の貴重な映像が、夢にかける熱い戦いを感動的に描き出す。ニューヨークの街角。世界各地からブロードウェイのオーディションを受けに集まったダンサー達が列をなす。その誰もが、16年ぶりの再演が決まったミュージカル『コーラスライン』の舞台に立つことを夢見ていた。19枚の夢へのチケットを目指して集まったその数、3000人。演出家ボブ・エイヴィアンが努める第一次審査では、次々と何人ものダンサーが落とされていく。4ヵ月後、第二次審査が始まる。オリジナル版『コーラスライン』は、ダンサー達の打ち明け話を元に書かれた脚本を、打ち明けた本人達が演じていた。再演版でのコニー役の振付担当はオリジナル版コニー役のバイヨーク・リー。候補者の一人にユカがいたが、“コニー”本人であるバイヨークが推したのはユカの親友だった。ボブ・エイヴィアンがオーディションの際にこだわったのは、役柄のキャラクター作り。中でもヴァル役は多くのダンサーが思う“タフな娘”ではなく、可愛い女であるというのがボブの解釈だった。役柄のヴァル同様に豊胸手術までしたニッキのダンスは完璧だったが、ボブは彼女とヴァルに共通点を見出せない。結局、ヴァル役はニッキの他に二人が選考に残る。一方、クリスティン役候補のクリッシーにはスタッフ達が一目惚れ。ゲイのポール役には何人もの応募者がいたが、そのいずれにも審査員は満足しない。そのとき現れたのがジェイソン。彼が語った、ショーのために女装した姿を両親に見られたときの話は全員に感動を呼ぶ。オーディションで最も熾烈な争いとなったのが、オリジナル版でドナ・マクケニーがトニー賞を受賞したキャシー役。ソロのダンスシーンに高度な技術が要求されるこの役を巡って、多くの舞台で実績を積んだダンサー達が火花を散らす。8ヶ月後。ついに最終選考が始まった。運命なのかプレッシャーか、予想外のハプニングが次々とダンサー達を襲う。果たして、夢のチケットを手にするのは誰か?

監督
ジェイムズ・D・スターン アダム・デル・デオ
出演キャスト
マイケル・ベネット ドナ・マケクニー ボブ・エイヴィアン バイヨーク・リー
2007年

ヒッチャー

  • 2007年11月24日(土)公開
  • 製作

1985年製作のカルト・スリラーを、アクション色を強めてリメイク。謎のサイコキラーの標的にされた若いカップルの危険な逃避行が、ノンストップで展開する。

監督
デイヴ・メイヤーズ
出演キャスト
ショーン・ビーン ソフィア・ブッシュ ザカリー・ナイトン ニール・マクドノー
2006年

テキサス・チェーンソー ビギニング

  • 2006年11月11日(土)公開
  • 製作

実在の殺人鬼をモチーフに、猟奇的な殺人一家を描いた「テキサス・チェーンソー」の過去を描いた続編。殺人一家の謎と殺人鬼・レザーフェイス誕生の秘密が明かされる衝撃作。

監督
ジョナサン・リーベスマン
出演キャスト
ジューダナ・ブリュースター テイラー・ハンドリー ディオラ・ベアード マット・ボマー
2004年

テキサス・チェーンソー

  • 2004年3月20日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

'74年の傑作ホラー「悪魔のいけにえ」を「パール・ハーバー」のマイケル・ベイ監督の製作でリメイク。チェーンソーを振るう殺人鬼の物語が、衝撃シーンを増量してよみがえる。

監督
マーカス・ニスペル
出演キャスト
ジェシカ・ビール ジョナサン・タッカー エリカ・リーセン マイク・ヴォーゲル
1998年

ニル・バイ・マウス

  • 1998年2月21日(土)公開
  • 編集

酒とドラッグに明け暮れるロンドン下町の労働者階級の生活を、激しくも温かい視線でとらえた一編。監督・脚本は「レオン」「フィフス・エレメント」などの個性派俳優ゲーリー・オールドマンで、彼の監督デビュー作。オールドマン自身が幼少期をすごしたロンドンの下町をモデルにしている。製作は「フィフス・エレメント」のリュック・ベッソンとダグラス・アーバンスキ、オールドマン。撮影は「バスキア」のロン・フォーチュナト。音楽はロック界を代表するギタリスト、エリック・クラプトンがつとめ、音楽監修にマーゴット・コアがあたった。美術は「プリック・アップ」のヒューゴ・ルクツィク=ウィホウスキー。編集はブラッド・フラー。衣裳はバーバラ・キッド。出演は「レディバード レディバード」のレイ・ウィンストン、「奇跡の海」のキャシー・バークほか。

監督
ゲイリー・オールドマン
出演キャスト
レイ・ウィンストン キャシー・バーク チャーリー・グリード・マイルス ライラ・モース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブラッド・フラー