映画-Movie Walker > 人物を探す > デボラ・ウォーリー

年代別 映画作品( 1963年 ~ 1967年 まで合計5映画作品)

1967年

スキーパーティー

  • 1967年3月25日(土)公開
  • 出演(Linda 役)

ロバート・カウフマンの脚本を新鋭アラン・ラフキンが監督した。撮影はジョン・スティーヴンス音楽はアル・シムスが担当した。出演は人気歌手フランキー・アヴァロン、ドゥエイン・ヒックマン、デボラ・ウォーリー、イボンヌ・クレイグ、アロン・キンケイドほか。製作はジーン・コーマン。

監督
アラン・ラフキン
出演キャスト
フランキー・アヴァロン ドゥエイン・ヒックマン デボラ・ウォーリー イボンヌ・クレイグ
1966年

カリフォルニア万才

  • 1966年10月6日(木)公開
  • 出演(Les 役)

デビュー作「やさしく愛して」から22本目、エルヴィス・プレスリーの映画出演10周年記念作。脚本はセオドア・J・フリッカーと「レッド・ライン7000」のジョージ・カーゴ、監督は「いかすぜ!この恋」のノーマン・タウログ。撮影は「電撃フリントGO!GO作戦」のダニエル・L・ファップ、音楽は「フロリダ万才」のジョージ・ストール、ミュージカル・シーンの振付は「ヤング・ヤング・パレード」のジャック・ベイカーが担当した。出演は新曲9曲を披露するエルヴィス・プレスリー、「フロリダ万才」のシェリー・フェブレイ、「遠い喇叭」のダイアン・マクベイン、「夏の魔術」のデボラ・ウォーリー、舞台出身のドディー・マーシャルなど。製作は「フロリダ万才」のジョー・パスターナク。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー シェリー・フェブレイ ダイアン・マクベイン デボラ・ウォーリー
1965年

夏の魔術

  • 1965年3月20日(土)公開
  • 出演(Julia 役)

ケイト・ダグラス・ウィギンの小説『マザー・ケリーのひよっ子たち』をサリー・ベンソンが脚色、ジェームズ・ニールソンが監督したホームドラマ。撮影はウィリアム・スナイダー、音楽はバディ・ベイカー、歌曲の作曲はロバート・B・シャーマンとリチャード・M・シャーマンが担当した。出演は「ドーバーの青い花」のヘイリー・ミルズ、「スーザンの恋」のドロシー・マクガイア、TV出身のデボラ・ウォーリー、「大いなる西部」のバール・アイヴスなど。

監督
ジェームズ・ニールソン
出演キャスト
ヘイリー・ミルズ ドロシー・マクガイア デボラ・ウォーリー バール・アイヴス
1964年

ヤング・ハワイ

  • 1964年6月7日(日)公開
  • 出演(Gidget_Iawrence 役)

フレデリック・コーナーの原作をルース・ブルークス・フリッペンが脚色、「ギジェット」シリーズ(サンドラ・ディーをスターダムに送った)で名をなしたポール・ウェンドコスが演出したアメリカ青春ドラマ。撮影は「ボーイハント(1961)」のロバート・ブロナー、音楽は「ピクニック」のジョージ・ダニングが担当した。製作はジェリー・ブレスラー。主題歌はフレッド・カーガーが作詞しスタンリー・スタインが作曲した。出演は「パリよこんにちは」のデボラ・ウォーリー、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ダーレン、「勝利者(1963)」のマイケル・カラン、「ペペ」のヴィッキー・トリケット、ほかにカール・ライナー、ペギー・カスなど。

監督
ポール・ウェンドコス
出演キャスト
ジェームズ・ダーレン マイケル・カラン デボラ・ウォーリー カール・ライナー
1963年

パリよこんにちは!

  • 1963年10月12日(土)公開
  • 出演(Amy_ Willard 役)

ウォルト・ディズニー製作。監督は「ムーン・パイロット」のジェームズ・ニールソン、原作はメリジェイン・ヘイスとジョセフ・ヘイス。脚色はビル・ウォルシュ、撮影はウィリアム・スナイダー、音楽はポール・スミスが担当している。出演者には、「ボクはむく犬」のフレッド・マクマレイ、「ポリアンナ」のジェーン・ワイマン、「コルドラへの道」のマイケル・カラン、「汚れなき瞳」のケヴィン・コーコラン、「ムーン・パイロット」のトミー・カークなど。

監督
ジェームズ・ニールソン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ジェーン・ワイマン マイケル・カラン デボラ・ウォーリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デボラ・ウォーリー