映画-Movie Walker > 人物を探す > シェリー・フェブレイ

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1979年 まで合計4映画作品)

1979年

ブライアンズ・ソング

  • 1979年8月25日(土)公開
  • 出演(Joy 役)

プロ・フットボール・チームに属する黒人と白人の2人のプレイヤーの友情を描く。製作はポール・ユンガー・ウィット、監督は「シェイマス」のバズ・クリーク、脚本はウィリアム・プリン、撮影はジョセフ・バイロック、音楽はミシェル・ルグラン、編集はハッド・イサックス、美術はロス・ベラーが各々担当。出演はジェームズ・カーン、ビリー・ディー・ウィリアムス、ジャック・ウォーデン、シェリー・フェブレイ、ジュディ・ペース、.ハーニー・キャッセイ、デイヴィッド・ハドルストン、ロン・ファインベルグ、ディック・バッカスなど。

監督
バズ・クリーク
出演キャスト
ジェームズ・カーン ビリー・ディー・ウィリアムス ジャック・ウォーデン シェリー・フェブレイ
1968年

ブルー・マイアミ

  • 1968年7月5日公開
  • 出演(Dianne_Cartter 役)

アーサー・ブラウン・ジュニアの脚本を、TV出身のアーサー・ネーデルが監督した音楽もの。撮影はウィリアム・マーグリーズ、音楽はジェフ・アレクサンダーが担当している。出演は「カリフォルニア万才」のエルヴィス・プレスリー、シェリー・フェブレイ、ウィル・ハッチンス、「生きる情熱」のジェームズ・グレゴリー、「烙印の狼」のビル・ビクスビー、ゲイリー・メリル、アマンダ・ハーレイなど。製作は「栄光の野郎ども」のジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴンのトリオ。

監督
アーサー・ネーデル
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー シェリー・フェブレイ ウィル・ハッチンス ビル・ビクスビー
1966年

カリフォルニア万才

  • 1966年10月6日公開
  • 出演(Cynthia_Foxhugh 役)

デビュー作「やさしく愛して」から22本目、エルヴィス・プレスリーの映画出演10周年記念作。脚本はセオドア・J・フリッカーと「レッド・ライン7000」のジョージ・カーゴ、監督は「いかすぜ!この恋」のノーマン・タウログ。撮影は「電撃フリントGO!GO作戦」のダニエル・L・ファップ、音楽は「フロリダ万才」のジョージ・ストール、ミュージカル・シーンの振付は「ヤング・ヤング・パレード」のジャック・ベイカーが担当した。出演は新曲9曲を披露するエルヴィス・プレスリー、「フロリダ万才」のシェリー・フェブレイ、「遠い喇叭」のダイアン・マクベイン、「夏の魔術」のデボラ・ウォーリー、舞台出身のドディー・マーシャルなど。製作は「フロリダ万才」のジョー・パスターナク。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー シェリー・フェブレイ ダイアン・マクベイン デボラ・ウォーリー
1965年

フロリダ万才

  • 1965年3月20日公開
  • 出演(Valerie 役)

ハーベイ・ブロックとR・S・アレンのシナリオを「マードックの拳銃」のボリス・シーガルが監督した青春ドラマ。撮影は「36時間」のフィリップ・ラスロップ、音楽は「ラスベガス万才」のジョージ・ストールが担当した。バックグラウンドの合唱は「ヤング・ヤング・パレード」のザ・ジョーダネアーズ。製作は「ボーイハント(1961)」のジョー・パスターナク。出演は「キッスン・カズン」のエルヴィス・プレスリー、TV「うちのママは世界一」のシェリー・フェブレイ、「恋愛候補生」のゲイリー・クロスビー、「ハートでキッス」のジョビー・ベイカー、「浮気の計算書」のニタ・タルボット、メアリー・アン・モブリー、クリス・ノエルなど。「ガール・ハッピー」、「狼コール」など11曲をプレスリーらがうたう。

監督
ボリス・シーガル
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー シェリー・フェブレイ ハロルド・J・ストーン ゲーリー・クロスビー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シェリー・フェブレイ