映画-Movie Walker > 人物を探す > ティア・レオーニ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2012年 まで合計10映画作品)

2012年

ペントハウス

  • 2012年2月3日(金)公開
  • 出演(FBI捜査官クレア 役)

ベン・スティラーとエディ・マーフィという、ハリウッドを代表する新旧コメディ俳優が初共演を果たしたコメディ。マンハッタンにある最高級マンションを舞台に、大富豪に全財産を騙し取られ、逆境からの復活を狙う人々の奮闘が描かれる。監督は『ラッシュアワー』シリーズのブレット・ラトナー。

監督
ブレット・ラトナー
出演キャスト
ベン・スティラー エディ・マーフィ ケイシー・アフレック アラン・アルダ
2006年

スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと

  • 2006年1月14日(土)公開
  • 出演(デボラ・クラスキー 役)

「恋愛小説家」の名匠、ジェームズ・L・ブルックスによる心温まる家族ドラマ。文化の違う裕福な一家に、家政婦として住み込んだ母娘の成長と絆をにぎやかにつづる。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
アダム・サンドラー ティア・レオーニ パス・ヴェガ クロリス・リーチマン
2005年

ディック&ジェーン 復讐は最高!

  • 2005年12月24日(土)公開
  • 出演(Jane Harper 役)

'76年の傑作喜劇をジム・キャリー主演でリメイク。会社が倒産し、お先真っ暗になった夫妻が強盗となり、悪徳経営者に復讐を仕かける姿をコミカルに活写する。

監督
ディーン・パリソット
出演キャスト
ジム・キャリー ティア・レオーニ アレック・ボールドウィン リチャード・ジェンキンス

さよなら、さよならハリウッド

  • 2005年4月23日(土)公開
  • 出演(Ellie 役)

名匠ウディ・アレンが、映画業界を題材に描くドタバタ・コメディ。新作の撮影を前に思わぬ災難に見舞われた映画監督の一大騒動が、絶妙のテンポで展開する。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン ティア・レオーニ トリート・ウィリアムズ マーク・ライデル
2003年

ニューヨーク 最後の日々

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演(Jilli Hopper 役)

アル・パチーノ主演、ロバート・レッドフォード製作というベテラン俳優の顔合わせが話題の人間ドラマ。荒んだ仕事から足を洗おうとする男の1日の物語がスリリングに展開する。

監督
ダン・アルグラント
出演キャスト
アル・パチーノ キム・ベイシンガー ライアン・オニール ティア・レオーニ
2001年

ジュラシック・パークIII

  • 2001年8月4日(土)公開
  • 出演(Amanda Kirby 役)

大ヒットを記録した人気シリーズの最新作が登場。恐竜たちが自然に生きる島を舞台にした決死のサバイバル・バトルを、ノンストップで描くSFXアドベンチャーだ。

監督
ジョー・ジョンストン
出演キャスト
サム・ニール ウィリアム・H・メイシー ティア・レオーニ アレッサンドロ・ニヴォラ

天使のくれた時間

  • 2001年4月28日(土)公開
  • 出演(Kate Reynolds 役)

ある日、突然別の人生を歩むハメになった男の運命を描いた、心温まるドラマ。エリート金融マンの不思議な体験をとおして、幸福とは何かというテーマを問いかける。

監督
ブレット・ラトナー
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ティア・レオーニ ドン・チードル ジェレミー・ピーヴン
1998年

ディープ・インパクト

  • 1998年6月20日(土)公開
  • 出演(Jenny Lerner 役)

巨大彗星の衝突によって大破局を迎えた地球の最後の日々の人間模様を描いたパニック大作。監督は「ピースメーカー」のミミ・レダーで、彼女の監督第2作。脚本は「ザ・プレイヤー」「ニュー・エイジ」(監督も)のマイケル・トルキンと「ゴースト ニューヨークの幻」のブルース・ジョエル・ルービン。製作総指揮はドリームワークスの総帥である「アミスタッド」のスティーヴン・スピルバーグと、「コンタクト」のジョアン・ブラッドショーと「ピースメーカー」のウォルター・パークス。製作は「ドライビング・Missデイジー」の名製作者リチャード・D・ザナックとデイヴィッド・ブラウンのコンビ。撮影のディートリッヒ・ローマン(遺作となった本作は彼に捧げられている)、美術のレスリー・ディリー、編集のデイヴィッド・ローゼンブルームは「ピースメーカー」に続く参加。音楽は「タイタニック」のジェームズ・ホーナー。特殊視覚効果はスピルバーグの一連の作品で名を馳せるILM。出演は「フェノミナン」のロバート・デュヴァル、「アミスタッド」のモーガン・フリーマン、「アメリカの災難」のティア・レオーニ、「フリッパー」のイライジャ・ウッド、「ジャングル2ジャングル」のリリー・ソビエスキー、「ミッション:インポッシブル」のヴァネッサ・レッドグレイヴ、「17 セブンティーン」のマキシミリアン・シェルほか、新旧多彩な布陣。

監督
ミミ・レダー
出演キャスト
ロバート・デュヴァル ティア・レオーニ イライジャ・ウッド リリー・ソビエスキー
1997年

アメリカの災難

  • 1997年2月1日(土)公開
  • 出演(Tina Kalb 役)

夫の実の親に会うため旅に出た、新婚まもない夫妻と養子縁組協会の美女の珍道中を描いたコメディ。監督・脚本は新鋭のデイヴィッド・O・ラッセル。製作総指揮は「カンザス・シティ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。音楽は「ジェフリー!」のスティーヴン・エンデルマンがスコアを担当。主演は「リアリティ・バイツ」のベン・スティラー、「ホーリー・ウェディング」のパトリシア・アークェット、「バッドボーイズ」のテア・レオーニ。共演は「普通の人々」のメアリー・タイラー・ムーア、「ケーブルガイ」のジョージ・シーガル、「ジョン・キャンディの大進撃」のアラン・アルダ、「ショート・カッツ」のリリー・トムリン、「キルトに綴る愛」のリチャード・ジェンキンス、「マンハッタン花物語」のジョシュ・ブローリンほか。

監督
デヴィッド・O・ラッセル
出演キャスト
ベン・スティラー パトリシア・アークエット ティア・レオーニ メアリー・タイラー・ムーア
1995年

バッドボーイズ(1995)

  • 1995年11月18日(土)公開
  • 出演(Julie Mott 役)

麻薬盗難事件を追う2人の黒人刑事の活躍を描いたポリス・アクション。主演コンビのノリのよさ、ど派手なアクション演出、テンポのよい展開が小気味よい。監督はCM界の鬼才で、これが初の映画となるマイケル・ベイ。ジョージ・ギャロの原案を、「オスカー(1991)」のジム・マルホランドとマイケル・バリーのコンビと、「ダイ・ハード2」のダグ・リチャードソンが脚色。製作は「48時間」「クリムゾン・タイド」のコンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー、撮影は「危険な情事」「幸福の条件」のハワード・アサートン。音楽は「スピード」のマーク・マンチーナがスコアを書き、ダイアナ・キング、キース・マーティン、2Pacなどのヒット曲が全編に散りばめられている。また、「スピード」のスタント・コーディネーター、ケン・ベイツと同じく爆破コーディネーターのマイク・マイナーダスが参加。主演は「ドゥ・ザ・ライト・シング」「ブーメラン」などにも出演した全米で人気のコメディアン、マーティン・ローレンスと、ラッパーで「私に近い6人の他人」のウィル・スミス。共演は「プリティ・リーグ」「ワイアット・アープ」のテア・レオーニ、「カンヌ映画祭殺人事件」のチェッキー・カリョ、「赤ちゃんのおでかけ」のジョー・パントリアーノ、「シュガー・ヒル」のテレサ・ランドルほか。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
マーティン・ローレンス ウィル・スミス ティア・レオーニ チェッキー・カリョ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ティア・レオーニ