TOP > 人物を探す > リス・エヴァンス

年代別 映画作品( 年 ~ 2020年 まで合計30映画作品)

2020年

キングスマン:ファースト・エージェント

  • 9月25日(金)
  • 出演

秘密組織誕生の起源を描くマシュー・ヴォーン監督のスパイアクションシリーズ第3弾

監督
マシュー・ボーン
出演キャスト
レイフ・ファインズ マシュー・グード ハリス・ディキンソン ジェマ・アータートン

オフィシャル・シークレット

  • 8月28日(金)
  • 出演(Ed Vulliamy 役)

イラク戦争開戦前、英米政府を揺るがしたキャサリン・ガン事件の映画化。英国の諜報機関GCHQで働くキャサリン・ガンは、盗聴を要請するメールに憤りを覚え、マスコミにリーク。GCHQ内部で犯人探しが始まる中、キャサリンは自ら名乗り出るが……。出演は「くるみ割り人形と秘密の王国」のキーラ・ナイトレイ、「高慢と偏見とゾンビ」のマット・スミス、「ガーンジー島の読書会の秘密」のマシュー・グード、「007 スペクター」のレイフ・ファインズ。監督は「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」のギャヴィン・フッド。

監督
ギャヴィン・フッド
出演キャスト
キーラ・ナイトレイ マット・スミス マシュー・グード レイフ・ファインズ
2017年

スノーデン

  • 2017年1月27日(金)
  • 出演(コービン・オブライアン 役)

アメリカの情報収集プログラムの存在を告発したNSA(米国国家安全保障局)の職員、エドワード・スノーデンに迫る、オリヴァー・ストーン監督による人間ドラマ。国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、恐るべき現実に理想を打ち砕かれ、危機感を募らせたあげく、世界最強の情報機関に反旗を翻す決意を固めていくさまが描かれる。

監督
オリヴァー・ストーン
出演キャスト
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット シャイリーン・ウッドリー メリッサ・レオ ザカリー・クイント
2016年

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

  • 2016年7月1日(金)
  • 出演(ザニック 役)

「不思議の国のアリス」のその後を描き、大ヒットを記録した『アリス・イン・ワンダーランド』のシリーズ第2弾。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険がつづられる。ジョニー・デップやミア・ワシコウスカらに加え、“時間の番人”タイム役でサシャ・バロン・コーエンが新たに登場。

監督
ジェームズ・ボビン
出演キャスト
ジョニー・デップ アン・ハサウェイ ミア・ワシコウスカ ヘレナ・ボナム=カーター

ボヴァリー夫人(2014)

  • 2016年7月17日(日)
  • 出演(Monsieur Lheureux 役)

「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカが、スキャンダラスな内容で物議を醸したギュスターヴ・フローベールの古典名作に挑戦。主人公が不倫に走る相手を「ウォールフラワー」のエズラ・ミラーが演じる。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

監督
ソフィー・バーセス
出演キャスト
ミア・ワシコウスカ リス・エヴァンス エズラ・ミラー ポール・ジアマッティ
2015年

マイ・ファニー・レディ

  • 2015年12月19日(土)
  • 出演(セス・ギルバート 役)

本格的な劇場用長編としては『ブロンドと棺の謎』(01)以来、およそ13年ぶりとなるピーター・ボグダノヴィッチによる新作は、往年のスクリューボール・コメディにオマージュを捧げた文句なく楽しい傑作である。当人たちの意図せぬところで繋がっていく人間関係が笑いを誘う脚本が秀逸であり、転がるように進行する物語を淀みなく流れに乗せ、90分にまとめるボグダノヴィッチの熟練の技が冴えて素晴らしい。これぞ洗練の極みであり、ボグダノヴィッチ75歳にして新たな黄金期の到来を期待させてしまうほどである。オーウェン・ウィルソンやイモージェン・プーツ、脇を固めるジェニファー・アニストンやリス・エヴァンスなどのキャスティングも完璧。映画への愛が溢れ出る必見の1作である。第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門にて「シーズ・ファニー・ザット・ウェイ」の題名で上映された。

監督
ピーター・ボグダノヴィッチ
出演キャスト
オーウェン・ウィルソン イモージェン・プーツ キャスリン・ハーン リス・エヴァンス

セリーナ(原題)

  • 出演(Galloway 役)

オスカー監督スサンネ・ビアが「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンス&ブラッドリー・クーパーと組んだ時代ドラマ。製材所を営むジョージは孤独なセリーナと結婚。あることから二人の絆に亀裂が入り、セリーナの愛が狂気に変わっていく。ロン・ラッシュの小説をもとに、強い愛とその暴走を描写。絶対的な愛を求めるセリーナをジェニファー・ローレンスが、野心家のジョージをブラッドリー・クーパーが演じる。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

監督
スサンネ・ビア
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ブラッドリー・クーパー リス・エヴァンス トビー・ジョーンズ
2012年

アメイジング・スパイダーマン

  • 2012年6月30日(土)
  • 出演(カート・コナーズ博士/リザード 役)

『ソーシャル・ネットワーク』で多くの演技賞に輝いたアンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』シリーズ最新作。主人公だけでなく、スタッフ&キャストを一新、高校時代の主人公ピーター・パーカーの物語が繰り広げられる。監督は『(500)日のサマー』で一躍注目を集めたマーク・ウェブ。

監督
マーク・ウェブ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン リス・エヴァンス キャンベル・スコット

もうひとりのシェイクスピア

  • 2012年12月22日(土)
  • 出演(オックスフォード伯 役)

史上最高の劇作家と呼ばれながら、その生涯が謎に包まれているウィリアム・シェイクスピア。彼の手による名作の数々は、実は別の人物が手がけていたともいわれる、文学史上最大の謎に迫る歴史ミステリー。数々のスペクタクル作で知られるローランド・エメリッヒ監督が、16世紀末のロンドンを舞台に、時代に翻弄された男の運命を描く。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
リス・エヴァンス ヴァネッサ・レッドグレイヴ ジョエリー・リチャードソン デイヴィッド・シューリス
2011年

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

  • 2011年7月16日(土)
  • ナレーション

世界で最も有名なグラフィティ・アーティストであるバンクシーが監督を務め、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門候補になったユーモア満載のドキュメンタリー。撮影する側とされる側の立場が途中で逆転するなど、斬新な手法でアート界の暗部を映し出す。

監督
バンクシー
出演キャスト
ティエリー・グエッタ スペース・インベーダー シェパード・フェイリー バンクシー

関連ニュース

スパイダーマン、すなわち主人公ピーター・パーカー役のアンドリュー・ガーフィールド
新スパイダーマン役のアンドリュー「スパイダーマンのスーツはかゆくて着心地が最悪」 6月13日 13:32

大ヒットシリーズ『スパイダーマン』の新章、『アメイジング・スパイダーマン』(6月30日世界最速公開)の来日記者会見が、6月13日にザ・リッツカールトン東京で開催。新たな主人公ピーター・パーカー役のアンドリュー・ガーフィー…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > リス・エヴァンス