映画-Movie Walker > 人物を探す > リス・エヴァンス

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2018年 まで合計19映画作品)

2018年

セリーナ 炎の女

  • 2018年2月17日(土)公開
  • 出演(Galloway 役)

オスカー監督スサンネ・ビアが「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンス&ブラッドリー・クーパーと組んだ時代ドラマ。製材所を営むジョージは孤独なセリーナと結婚。あることから二人の絆に亀裂が入り、セリーナの愛が狂気に変わっていく。ロン・ラッシュの小説をもとに、強い愛とその暴走を描写。絶対的な愛を求めるセリーナをジェニファー・ローレンスが、野心家のジョージをブラッドリー・クーパーが演じる。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

監督
スサンネ・ビア
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ブラッドリー・クーパー リス・エヴァンス トビー・ジョーンズ
2017年

スノーデン

  • 2017年1月27日(金)公開
  • 出演(コービン・オブライアン 役)

アメリカの情報収集プログラムの存在を告発したNSA(米国国家安全保障局)の職員、エドワード・スノーデンに迫る、オリヴァー・ストーン監督による人間ドラマ。国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、恐るべき現実に理想を打ち砕かれ、危機感を募らせたあげく、世界最強の情報機関に反旗を翻す決意を固めていくさまが描かれる。

監督
オリバー・ストーン
出演キャスト
ジョセフ・ゴードン=レビット シャイリーン・ウッドリー メリッサ・レオ ザカリー・クイント
2016年

ボヴァリー夫人(2014)

  • 2016年7月17日(日)公開
  • 出演(Monsieur Lheureux 役)

「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカが、スキャンダラスな内容で物議を醸したギュスターヴ・フローベールの古典名作に挑戦。主人公が不倫に走る相手を「ウォールフラワー」のエズラ・ミラーが演じる。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

監督
ソフィー・バーセス
出演キャスト
ミア・ワシコウスカ リス・エヴァンス エズラ・ミラー ポール・ジアマッティ
2015年

マイ・ファニー・レディ

  • 2015年12月19日(土)公開
  • 出演(セス・ギルバート 役)

本格的な劇場用長編としては『ブロンドと棺の謎』(01)以来、およそ13年ぶりとなるピーター・ボグダノヴィッチによる新作は、往年のスクリューボール・コメディにオマージュを捧げた文句なく楽しい傑作である。当人たちの意図せぬところで繋がっていく人間関係が笑いを誘う脚本が秀逸であり、転がるように進行する物語を淀みなく流れに乗せ、90分にまとめるボグダノヴィッチの熟練の技が冴えて素晴らしい。これぞ洗練の極みであり、ボグダノヴィッチ75歳にして新たな黄金期の到来を期待させてしまうほどである。オーウェン・ウィルソンやイモージェン・プーツ、脇を固めるジェニファー・アニストンやリス・エヴァンスなどのキャスティングも完璧。映画への愛が溢れ出る必見の1作である。第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門にて「シーズ・ファニー・ザット・ウェイ」の題名で上映された。

監督
ピーター・ボグダノヴィッチ
出演キャスト
オーウェン・ウィルソン イモージェン・プーツ キャスリン・ハーン リス・エヴァンス
2008年

エリザベス:ゴールデン・エイジ

  • 2008年2月16日(土)公開
  • 出演(ロバート・レストン 役)

歴史大作「エリザベス」の9年ぶりの続編。前作に続き主演するケイト・ブランシェットが、せつない恋路を経てスペイン無敵艦隊との戦いにのぞむ、激動の時代の女王を熱演!

監督
シェーカル・カプール
出演キャスト
ケイト・ブランシェット ジェフリー・ラッシュ クライヴ・オーウェン リス・エヴァンス
2007年

ハンニバル・ライジング

  • 2007年4月21日(土)公開
  • 出演(グルタス 役)

「ロング・エンゲージメント」のギャスパー・ウリエルがハンニバルの青年期を演じたシリーズ最新作。「マイアミ・バイス」のコン・リーが「SAYURI」に続き日本人役を好演。

監督
ピーター・ウェーバー
出演キャスト
ギャスパー・ウリエル コン・リー リス・エヴァンス ケヴィン・マクキッド
2005年

Jの悲劇

  • 2005年11月19日(土)公開
  • 出演(Jed 役)

ブッカー賞作家、イアン・マキューアンの小説「愛の続き」を映画化。ある突発的な事故の救出作業に関わった人々の心理と、そこから生じる愛憎を描くサスペンス劇だ。

監督
ロジャー・ミッチェル
出演キャスト
ダニエル・クレイグ リス・エヴァンス サマンサ・モートン ビル・ナイ
2004年

家族のかたち

  • 2004年7月10日(土)公開
  • 出演(Dek 役)

ロバート・カーライル、リス・エバンスら個性派俳優競演による、英国発の家族ドラマ。身勝手な元夫と気弱な恋人の間で揺れる女性とその娘の関係を、ハートフルに描きだす。

監督
シェーン・メドウズ
出演キャスト
ロバート・カーライル リス・エヴァンス シャーリー・ヘンダーソン フィン・アトキンス
2003年

HOTEL

  • 2003年8月30日(土)公開
  • 出演(Trent Stoke 役)

鬼才マイク・フィッギス監督が豪華なキャストを得て放つ、不条理な群像ミステリー。アドリブによる会話、4台のカメラでの同時撮影、4分割画面など実験的な試みがさえる。

監督
マイク・フィギス
出演キャスト
ジョン・マルコヴィッチ マックス・ビーズリー サフロン・バロウズ ヴァレンティナ・セルヴィ

ケミカル51

  • 2003年2月2日(日)公開
  • 出演(Iki 役)

サミュエル・L・ジャクソンとロバート・カーライルの米英演技派共演による犯罪ドラマ。驚異的な効き目をもつ新種のドラッグをめぐる争いを描く。スリルとユーモアが全編に充満!

監督
ロニー・ユー
出演キャスト
サミュエル・L・ジャクソン ロバート・カーライル エミリー・モーティマー リス・エヴァンス

関連ニュース

新スパイダーマン役のアンドリュー「スパイダーマンのスーツはかゆくて着心地が最悪」
新スパイダーマン役のアンドリュー「スパイダーマンのスーツはかゆくて着心地が最悪」(2012年6月13日)

大ヒットシリーズ『スパイダーマン』の新章、『アメイジング・スパイダーマン』(6月30日世界最速公開)の来日記者会見が、6月13日にザ・リッツカールトン東京で開催…

ジュード・ロウとシエナ・ミラーがまた破局!広報が認める
ジュード・ロウとシエナ・ミラーがまた破局!広報が認める(2011年2月9日)

ジュード・ロウとシエナ・ミラーがまたもや破局した。あれだけの泥沼の末によりを戻したのだから、今度こそは安泰かと思われていたふたりだが、再交際にもピリオドを打った…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リス・エヴァンス