映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ヒル・メイルズ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1932年 まで合計32映画作品)

1932年

紅蘭

  • 1932年公開
  • 出演(Merriwell 役)

「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロンバードが主演する映画で、「ブルースを唄う女」と同じくグレイス・パーキンスが書いた物語を「名門芸術」「女は真っ平(1931)」のガートルード・パーセルが脚色し、「女性暴君」のウォルター・ラングが監督にあたり、「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストが撮影している。助演者は「女性二重奏」「男の一生」のライル・タルボット、「青空天国」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「ナイトクラブの女」「十三日の殺人」のルーセルマ・スティーヴンス、「カイロの一夜」「ホワイト・シスター(1933)」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「秘密」「豪華船」のC・オーブリー・スミス、「肉の蝋人形(1933)」のアレン・ヴィンセント等である。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
キャロル・ロンバード ライル・タルボット ウォルター・コノリー ルイズ・クロッサー・ヘイル
1931年

国際盗賊ホテル

  • 1931年公開
  • 出演(Alfred 役)

「放蕩息子」「怪紳士」と同じくロナルド・コールマンが主演する映画で、「グレイト・ガッポ」「河宿の夜」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが共同で特に物語を書き下ろし「天国の一夜」「仮染の唇」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「放蕩息子」のグレッグ・トーランドとジョージ・バーンズが撮影した。助演者は「無冠の帝王」「大飛行船」のフェイ・レイ、「リリオム」のエステル・テイラー、タリー・マーシャル、ウォーレン・ハイマー、ウルリッヒ。ハウプト、ローレンス・グラント等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン フェイ・レイ エステル・テイラー タリー・マーシャル
1929年

なでしこ小僧

  • 1929年公開
  • 出演(Crawford_Whitely 役)

「出世水兵」「アラビヤ三人盗賊」のダグラス・マックリーン氏が主演したクリスティー・マックリーン共同作品で「最後の警告」「長屋騒動成金物語」の脚色者アルフレッド・A・コーン氏の原作をマルコーム・モラン氏が潤色ヘンリー・マッカーティー氏が脚色、「霹靂の弾の下に」「漂泊の孤児」等と同じくイー・メイソン・ホッパー氏が監督したものである。助演者はクリスティー喜劇専属のフランセス・リー嬢、ロレーン・エディー嬢、「空行かば」のフランセス・マクドナルド氏等である。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
ダグラス・マックリーン フランセス・リー ローレン・エディー ウィリアム・B・デイヴィッドソン
1928年

愛の太鼓

  • 1928年公開
  • 出演(Duke_de_Granada 役)

D・W・グリフィス氏がユナイテッド・アーティスツ復帰後の第一回作品で、原作を彼の有名なフランチェスカ・ダ・リミニの伝説に得ている。映画にこれを移し植えたのはゲリット・J・ロイド氏で、背景をアメリカに移し年代も変えて書き直してある。主役は「女性の敵」「明眸罪あり」等出演のライオネル・バリモア氏、「メアリー・ゴー・ラウンド」「降伏」等出演のメアリー・フィルビン嬢、それに「恋のかけひき」「カルメン(1927)」等出演のドン・アルヴァラド氏との3人で、これを助けてタリー・マーシャル氏、ウィリアム・オースティン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏、ユージェニー・ベッセラー夫人などが出演している。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
メアリー・フィルビン ライオネル・バリモア ドン・アルヴァラド タリー・マーシャル

怪我騒動

  • 1928年公開
  • 出演(The_Lawyer 役)

「暗黒街」の原作者ベン・ヘクト氏が執筆した物語をトム・ジェラティー氏が脚色し、「タイタニック」「世話女房」等と同じくアラン・ドワン氏が監督したもの。主役は「喧嘩友達」「凸凹サーカスの巻」出演のチェスター・コンクリン氏で、「トロイ情史」のアリス・ホワイト嬢、「与太成功記」のサム・ハーディ氏、新人ジャック・イーガン氏、ポディル・ロージング嬢、デイヴィッド・トーレンス氏、ネッド・スパークス氏等が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
チェスター・コンクリン アリス・ホワイト ボディル・ロージング サム・ハーディ

爆撃乱闘

  • 1928年公開
  • 出演(Benedict 役)

「任侠の勇士」「乱射乱戦」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したケン・メイナード氏主演西部劇で、アディール・パッフィントン女史が原作を執筆したもの。相手役は「大陸横断列車」「田園哀慕調」のユーゼニア・ギルバート嬢が勤め、ジェームズ・メイスン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏が助演し名馬ターザンが例によって活躍している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード ユーゼニア・ギルバート ジェームズ・メイソン チャールズ・ヒル・メイルズ

娘十八夜遊び時代

  • 1928年公開
  • 出演(James_J._Patterson 役)

「娘十八映画時代」「同コーラス時代」と同じくビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で相手役もニール・ハミルトン氏が勤めている。原作はロイド・コリガン氏とグローヴァー・ジョーンズ氏が執筆し、脚色はルイズ・ロング女史が担任し、「凸凹サーカスの巻」「姿は偽らず」をものしたエドワード・サザーランド氏が監督した。なお「娘十八冒険時代」「同泳げや泳げ」に助演したウィリアム・オースティン氏を始めウィーラー・オークマン氏、チャールズ・セロン氏等が助演している。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニール・ハミルトン ウィリアム・オースティン ウィーラー・オークマン
1927年

安全第一

  • 1927年公開
  • 出演(A_Crooked_Trustee 役)

「無理矢理一万マイル」と同じくモンティ・バンクス主演喜劇で、バンクスの原案をチャールズ・ホーランとハリー・スウィートが脚色し、「結ぶ縁恋の釣天井」「毒蛇」と同じくジョセフ・ヘナベリーが監督した。バンクスの相手女優は「男見るべからず」「ブロークン・ロー」のヴァージニア・リー・コーピンがつとめ、チャールズ・ジュラード、チャールズ・ヒル・メイルズ、バッド・ジェーミソンが助演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
モンティ・バンクス ヴァージニア・リー・コービン チャールズ・ヒル・メイルズ チャールズ・ジェラード

狂乱街

  • 1927年公開
  • 出演(Luther_Winthrop 役)

「神ぞ知る」「運は天に在り」等と同じくトーマス・ミーアン氏主演映画で「暗黒街」の脚色者チャールズ・ファースマン氏と「肉体の道」の脚色者ジュールス・ファースマン氏の共同原作を後者が脚色し、「戦艦くろかね号」「運は天に在り」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督したものである。助演者は「熱砂を踏んで」「運は天に在り」出演のマリエッタ・ミルナー嬢、「百貨店」「オール持つ手に」出演のルイズ・ブルックス嬢、「暗黒街」「決死隊」出演のフレッド・コーラー氏並びにウィンダム・スタンディング氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏等である。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
トーマス・ミーアン ウィンダム・スタンディング チャールズ・ヒル・メイルズ マリエッタ・ミルナー

純情無敵

  • 1927年公開
  • 出演(Cyrus_Thornden 役)

ハロルド・マクグラス氏作の小説の映画化で、「ロスト・ワールド」等を物したハリー・O・ホイト氏の監督したものである。主役は「太平洋横断」「紐育狂想曲」等主演のモント・ブルー氏で、「ドン・ファン(1926)」「太平洋横断」等に助演していたマーナ・ローイ嬢が今度は相手役を務める。その他にポール・エリス氏、チャールズ・チャールズ・ヒル・メイルズ氏等も出演。

監督
ハリー・O・ホイト
出演キャスト
モント・ブルー マーナ・ローイ ポール・エリス チャールズ・ヒル・メイルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ヒル・メイルズ