映画-Movie Walker > 人物を探す > デニース・リチャーズ

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2005年 まで合計7映画作品)

2005年

娼婦たち

  • 2005年9月24日(土)公開
  • 出演(Rebecca Smith 役)

人種、国籍、年齢もさまざまな娼婦たちへのインタビューを中心に構成されたスペイン発の異色作。ドラマ部分ではダリル・ハンナが隣人を性の世界へ誘う女優役で登場。

監督
ルナ
出演キャスト
ダリル・ハンナ デニース・リチャーズ ジョアキム・デ・アルメイダ
2004年

ラブ・アクチュアリー

  • 2004年2月7日(土)公開
  • 出演

ヒュー・グラントら豪華キャストで贈る心温まるラブ・コメディが日本上陸。クリスマス前のロンドンを舞台に、総勢19人の登場人物が織り成すさまざまな恋愛模様を描く感動作だ。

監督
リチャード・カーティス
出演キャスト
ヒュー・グラント リーアム・ニーソン エマ・トンプソン アラン・リックマン
2003年

アンダーカバー・ブラザー

  • 2003年8月2日(土)公開
  • 出演(White She Devi 役)

全米大ヒットを記録したおバカなアクション・コメディ。スパイ・アクションの王道的ストーリーに、数々の作品のパロディとブラック・カルチャーを詰め込んだギャグに思わず爆笑。

監督
マルコム・D・リー
出演キャスト
エディ・グリフィン クリス・カタン デニース・リチャーズ アーンジャニュー・エリス
2000年

わたしが美しくなった100の秘密

  • 2000年11月4日(土)公開
  • 出演(Rebecca 'Becky' Ann Leeman 役)

 “美少女コンテスト”に出場した貧しい女の子の奮闘記。女性蔑視と批判の声もある“ミスコン”を題材に、その舞台裏の珍騒動を痛烈に笑い飛ばすコメディ。今が旬の美人女優が多数出演。

監督
マイケル・パトリック・ジャン
出演キャスト
キルスティン・ダンスト エレン・バーキン アリソン・ジャネイ デニース・リチャーズ

ワールド・イズ・ノット・イナフ

  • 2000年2月5日(土)公開
  • 出演(Dr. Christmas Jones 役)

英国諜報部MI6の諜報員007ことジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第19作。監督は「ネル」のマイケル・アプテッド。脚本は「トゥモロー・ネバー・ダイ」のブルース・フィアステイン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド。原案はパーヴィスとウェイド。製作のバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンと音楽のデイヴィッド・アーノルドは「トゥモロー・ネバー・ダイ」に続く参加。撮影はエイドリアン・ビドル。美術は「タイタニック」のピーター・ラモント。編集はジム・クラーク。出演は「トゥモロー・ネバー・ダイ」に続きピアース・ブロスナン、「ファイアーライト」のソフィ・マルソー、「ワイルド シングス」のデニーズ・リチャーズ、「フル・モンティ」のロバート・カーライル、「危険な動物たち」のジョン・クリーズに加えて、レギュラー陣のデズモンド・ルウェリン(本作撮影後に死去し、遺作となった)、ジュディ・デンチらが登場。

監督
マイケル・アプテッド
出演キャスト
ピアース・ブロスナン ソフィー・マルソー ロバート・カーライル デニース・リチャーズ
1999年

ワイルドシングス

  • 1999年2月6日(土)公開
  • 出演(Kelly Van Ryan 役)

フロリダを舞台にスリリングな男女の駆け引きが展開するサスペンス。監督は「恋に落ちたら…」のジョン・マクノートン。脚本は「対決」のスティーブン・ピーターズ。製作は「ハード・プレイ」のロドニー・リヴァーと「ヘンリー」 のステイーヴン・A・ジョーンズ。製作総指揮は主演のケヴィン・べーコン(「スリーパーズ」)。撮影は「トゥルー・ロマンス」のジェフリー・L・キンボール。音楽は「オースティン・パワーズ」のジョージ・S・クリントン。美術は「ザ・ロック」のエドワード・T・マッカボイ。衣裳はTVシリーズ『ビバリーヒルズ高校白書』のキンバリー・A・ティルマン。編集はエレナ・マガニーニ。共演は「メリーに首ったけ」のマット・ディロン、「スクリーム」のネーヴ・キャンベル、「スターシップ・トゥルーパーズ」のデニース・リチャーズ、「キングピン」のビル・マーレー、「ボンデージ」のテレサ・ラッセルほか。劇場公開されていない過激な未公開映像を加えたエロティック・バージョン版は、115分で劇場未公開。

監督
ジョン・マクノートン
出演キャスト
ケヴィン・ベーコン マット・ディロン ネーヴ・キャンベル テレサ・ラッセル
1998年

スターシップ・トゥルーパーズ

  • 1998年5月2日(土)公開
  • 出演(Carmen Ibanez 役)

未来の宇宙を舞台に、異星の昆虫型生物と若き兵士たちの死闘を描いたSF戦争アクション大作。米SF界の第一人者、ロバート・A・ハインラインによる名作『宇宙の戦士』(邦訳・ハヤカワSF文庫)の映画化。監督には「ロボコップ」「トータル・リコール」「ショーガール」のポール・ヴァーホーヴェンがあたった。スタッフには、脚本のエド・ニューマイヤー、撮影のヨスト・ヴァカーノ、音楽のベイジル・ポールドゥーリス、視覚効果のフィル・ティペット、製作のジョン・デイヴィソン、アラン・マーシャル(「氷の微笑」「ショーガール」)と「ロボコップ」の主要スタッフが再集合。美術のアラン・キャメロン、編集のマーク・ゴールドブラット(キャロライン・ロスと共同)、衣裳のエレン・ミロジニックは「ショーガール」に続く参加。特殊メイクアップは「エルム街の悪夢」シリーズ、「ヘルレイザー4」などのケヴィン・イエーガー。スペースシップ視覚効果はスコット・E・アンダーソン。特殊効果は「ブロークン・アロー」のジョン・リチャードソン。主演はオーディションで選ばれた新鋭キャスパー・ヴァン・ディーン(「傷心 ジェームズ・ディーン愛の伝説」)。共演は「JM」のディナ・メイヤー、新人のデニース・リチャーズ、「コンタクト」のジェイク・ビジー、『天才少年ドギー・ハウザー』のニール・パトリック・ハリス、「ショーシャンクの空に」のクランシー・ブラウン、「トータル・リコール」のマイケル・アイアンサイドほか。

監督
ポール・バーホーベン
出演キャスト
キャスパー・ヴァン・ディーン ディナ・メイヤー デニース・リチャーズ ジェイク・ビジー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デニース・リチャーズ