TOP > 人物を探す > ジョージ・コツォナロス

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1930年 まで合計7映画作品)

1930年

危険なる楽園

  • 1930年
  • 出演(Pedro 役)

「女性の罠」「君恋し」と同じくウィリアム・A・ウェルマン氏の監督作品でジョセフ・コンラッド原作の小説から題材を採り「巨人」のウィリアム・スレイヴンス・マクナット氏とグローヴァー・ジョーンズ氏とが映画脚本を組立て「大学生気質」のアーチー・スタウト氏がキャメラをクランクした。主役を演ずるのは「スイーティー」「ハニー」のナンシー・キャロル嬢で、それを助けて「ヴァージニアン(1929)」「曲線悩まし」のリチャード・アーレン氏、「フウ・マンチュウ博士」「巨人」のワーナー・オーランド氏、「ヨーロッパ突進」「カナリヤ殺人事件」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「夢の港」のフランシス・マクドナルド氏、「假の塒」のジョージ・コツォナロス氏、クラレンス・ウィルソン氏その他が出演している。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ナンシー・キャロル リチャード・アーレン ワーナー・オーランド グスタフ・フォン・セイファーティッツ
1929年

仮の塒

  • 1929年
  • 出演(Battling_Roff 役)

「君を尋ねて三千里」と同じくウィリアム・ワイラー氏の監督した映画で、チャールズ・ローグ氏の原作並に撮影台本によったものである。潤色にはクラレンス・マークス氏が当った。主役を演ずるのはキング・ヴィダー氏の「群集」に出演したジェームズ・マレイ氏であるが、相手役として「都会の哀愁」「曲者待った」のバーバラ・ケント嬢が出演するほか「罪の街」のジョージ・コツォナロス氏、「ドノヴァン」のウィーラー・オークマン氏、子役のジャック・ハンロン氏、ハリー・グリボン氏、等も出演している。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ジェームズ・マレイ バーバラ・ケント ジョージ・コツォナロス ウィーラー・オークマン
1928年

罪の街

  • 1928年
  • 出演(Iron_Mike 役)

「肉体の道」「最後の命令」に次ぐエミール・ヤニングス氏主演映画で、「暗黒街」「最後の命令」の監督者ジョセフ・フォン・スタンバーグ氏と「第七天国(1927)」の脚色者ベンジャミン・グレイザー氏とが共作した物語をチャンドラー・スプレイグ氏が脚色し、「ホテル・インピリアル」「罪に立つ女」のモーリッツ・スティラー氏がグレイザー氏総指揮の下に監督したものである。助演者は「空行かば」及び来るべき「結婚行進曲」に主演のフェイ・レイ嬢、「三罪人」主演のロシアの女優オルガ・バクラノヴァ嬢である。

監督
マウリッツ・スティルレル
出演キャスト
エミール・ヤニングス フェイ・レイ オルガ・バクラノヴァ Johnnie Morris

人生の乞食

  • 1928年
  • 出演(Baddy 役)

彼自身ホーポーだった米国小説家ジム・タリー氏の有名な小説を映画化したもので、「罪の街」「乙女よ純なれ」「第七天国(1927)」等と同じくベンジャミン・グレイザー氏が脚色し、「空行かば」「暗黒街の女(1928)」に次いでウィリアム・A・ウェルマン氏が勤め、「港々に女あり」「百貨店」出演のルイズ・ブルックス嬢、「暗黒街の女(1928)」「つばさ」出演のリチャード・アーレン氏が助演するほか、「野球王」のロスコー・カーンス氏、エドガー・ブルー・ワシントン氏、ロバート・ペリー氏等も出演している。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ルイズ・ブルックス リチャード・アーレン エドガー・ブルー・ワシントン
1927年

バラウー

  • 1927年
  • 出演(Ape 役)

「オペラの怪人(1925)」等で映画界にもお馴染み深いフランスの探偵小説家ガストン・ルルー氏の戯曲「バラオー」の映画化で、脚色はハリー・O・ホイト氏、監督は「野薔薇」「オール持つ手に」と同じくリチャード・ロッスン氏である。主役は「栄光」「宣伝地獄」等出演のエドモンド・ロウ氏で、それを助演する人々は、新進のリーラ・ハイアムス嬢、「栄光」出演のバリー・ノートン氏、「ドン・ファン(1926)」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「不良老年」のノーマン・トレヴァー氏、力士のジョージ・コツォナロス氏等である。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
エドモンド・ロウ リーラ・ハイアムス グスタフ・フォン・セイファーティッツ E・H・カルヴァート

感傷の秋

  • 1927年
  • 出演(Strong-Arm_Percival 役)

「ダーク・エンゼル(1925)」「悲恋舞曲」等と同じくジョージ・フィッツモーリス氏監督作品で、ケーリー・ウィルソン氏が書き卸した物語をウィニフレッド・ダン女史が脚色したものである。主役は「紅草紙」「歓楽地獄(1927)」等出演のビリー・ダヴ嬢と「金髪より黒い髪」「死線を潜りて」等出演のベン・ライオン氏で、「悲恋舞曲」「ドン・ファン(1926)」等出演のモンタギュー・ラヴ氏を始め、アレック・B・フランシス氏、ラスカ・ウィンター嬢、T・ロイ・バーンズ氏等が共演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ビリー・ダヴ ベン・ライオン アレック・B・フランシス モンタギュー・ラヴ
1926年

ロンドンの丑満時

  • 1926年
  • 出演(The_Monk 役)

「白牙に衂りて」と同じく名犬リン・ティン・ティンの主演する映画で、「ひとときの情火」を監督したウォルター・モロスコ氏が原作を書き、脚本を作り、而して監督したものである。リン・ティン・ティンを助けて出演する人々は、「ペンキ塗り立て」出演のヘレン・コステロ嬢、新進のウォルター・メリル氏、「監獄行列車」出演のジョン・パトリック氏、それからオットー・マティーソン氏、デウィット・ジェニングス氏、ジョージ・コツォナロス氏等である。

監督
ウォルター・モロスコ
出演キャスト
オットー・マティーソン リン・ティン・ティン デウィット・ジェニングス ヘレン・コステロ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョージ・コツォナロス