TOP > 映画監督・俳優を探す > サム・ゴドフレー

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1933年 まで合計7映画作品)

1933年

吾れは愛せり

  • 1933年
  • 出演(Warren 役)

「笑う巨人」「虎鮫」のエドワード・G・ロビンソンが主演する映画で、「紅唇罪あり」「落下傘」のアルフレッド・E・グリーンが監督したもの。原作はデイヴィッド・カースナー策の小説で、チャールズ・ケニヨンとシドニィ・サザーランドが共同脚色した。助演は「シナラ」「宝石泥棒」のケイ・フランシスを始め「母性」のジュヌヴィエーヴ・トバン、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「戦線の嵐」のロバート・バラット、新人ジョージ・ブラックウッドその他である。撮影は「紅唇罪あり」「生の創め」のジェームズ・ヴァン・ツリースが担当している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ケイ・フランシス ジュヌヴィエーヴ・トバン J・ファーレル・マクドナルド

戦場の影に

  • 1933年
  • 出演(Franz 役)

「栄光のハリウッド」「ムーラン・ルージュ」のコンスタンス・ベネットが主演する映画で「地方検事」「火の翼」のジョージ・アーチェンボードが監督したもの。原作は「銀鱗に躍る」の脚色者ジェーン・マーフィンで、作者自らアルバート・シェルビー・ル・ヴィノ及び最近監督者になったウォーシントン・マイナーと共同して脚色している。相手役は「ミス・ダイナマイト」のギルバート・ローランドが勤め「絶対の秘密」のエドワード・エリス、「三角の月」のサム・ゴドフレー、「裸女と蝿」のルシアン・プリヴァル、ジョン・レイ、ミッシャ・オーア等が助演している。撮影は「栄光のハリウッド」「銀鱗に躍る」のチャールズ・ロシャーの担当である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
コンスタンス・ベネット ギルバート・ローランド エドワード・エリス サム・ゴドフレー

三角の月

  • 1933年
  • 出演(Albert 役)

「裁かれる魂」「闇の口笛」のエリオット・ニュージェントが監督した映画で、ガートルード・トンコノジイ作の戯曲に基づき、「ジェニイの一生」「ブロンド・ヴィナス」のS・K・ローレンと「恋愛百科全書」の「偽りのマドンナ」のレイ・ハリスが共同脚色した。主なる出演者は「暴君ネロ(1932)」「お化け大統領」のクローデッド・コルベール、「響け応援歌」「ビール万歳」のリチャード・アーレン、「未亡人倶楽部」「ママはパパが好き」のメアリー・ボーランドを始め、「怪物団」のウォーレス・フォード、「鉄血士官校」のトム・ブラウン、「カンターの闘牛師」のリダ・ロバーティ、「戦く幻影」のウィリアム・ベイクウェル、「進め女性軍」のジョーン・マーシュ、「恋の凱歌」のハーディ・オルブライト等で、撮影は「ジェニイの一生」のレオン・シャムロイの担当。B・P・シュールバーグ作品である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
クローデット・コルベール リチャード・アーレン メアリー・ボーランド ウォーレス・フォード

仮出獄の女

  • 1933年
  • 出演(Walsh 役)

「進めオリンピック」「女は真っ平(1931)」のエドワード・クラインが監督に当たった映画で、ノーマン・クラスナが原作脚色したもの。主役は「待ちかねる処女」「夜の世界」のメイ・クラークと「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミーが勤め、「ミス・ダイナマイト」「生の創め」のヘール・ハミルトン、「マデロンの悲劇」「怒号する天地(1932)」のマリー・プレヴォー、「暴君ネロ(1932)」「グランド・ホテル」のフェルディナンド・ゴットシャルク等が助演している。撮影は「沈黙の証人」「西部無敵王」のジョセフ・H・オーガストが担当。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
メイ・クラーク ラルフ・ベラミー マリー・プレヴォー ヘール・ハミルトン
1932年

米国の暴露

  • 1932年
  • 出演(Martin 役)

「栄光」の原作者、「西部戦線異状なし」の脚色者たるマックスウェル・アンダー ソンが書卸したもので、「たそがれの女」「十仙ダンス」のジョー・スワーリングが脚色し「百万円貫ったら」「グレイト・ガッポ」のジェームズ・クルーズが監督に当り、「グレイト・ガッポ」「海魔」のアイラ・モーガンが「アリゾナ(1931)」「ギャングの娘」のテッド・テズラフと共同撮影した。主役は「リリオム」「ドクターX」のリー・トレイシーが勤め、「狂乱のアメリカ」「夜毎来る女」のコンスタンス・カミングス、「暴走する悪魔」「街のをんな」のアラン・ダインハート、舞台俳優のウォルター・コノリーが共演している。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
リー・トレイシー コンスタンス・カミングス アラン・ダインハート ウォルター・コノリー

フリスコ・ジェニー

  • 1932年
  • 出演(Kilmer 役)

かつてパラマウントに在社して「素晴らしい嘘」「激流を横切る女」等に主演したルース・チャッタートンがワーナーに入社して後の作品で、「母」「つばさの天使」「餓ゆるアメリカ」等と同じくウィリアム・A・ウェルマンの監督したものである。原作はジェラルド・ボーモン、ウィリー・ヘイワード、ジョン・フランシス・ラーキン3氏の合作した小説で、これを「拳闘のキャグネー」「餓ゆるアメリカ」と同じくウィルソン・ミズナー、ロバート・ロードの2人が脚色した。助演する人々は「紅唇罪あり」「ジェニイの一生」のドナルド・クック、「絶対の秘密」「春なき二万年」のルイス・カルハーン、「スーキー」のヘレン・ジェローム・エディーー、「狂恋のつばさ」のジェームズ・魔令、そのほか、ロバート・エメット・オコナー、パット・オマリー、ノール・フランシス、等である。カメラは「母」「天晴れウォング」等と同じくシッド・ヒコクスの担任。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ルース・チャッタートン ドナルド・クック ジェームズ・マレイ ルイス・カルハーン

春なき二万年

  • 1932年
  • 出演(Second_Reporter 役)

ニューヨーク州シンシン刑務所の典獄ウォーデン・ルイス・E・ロウス氏著の「シンシンの二万年」を映画化したもので、「速成成金」「影を持つ女」のコートネー・ターレットと「無冠の帝王」「裁かれる魂」のロバート・ロードが改作し、「マルタの鷹(1931)」のブラウン・ホームズとウィルソン・ミズナーが共同脚色し「ドクターX」「ブレナー博士」のマイケル・カーティズが監督に当たり、「シスコ・キッド(1931)」「狂へる天才」のバーニー・マクギルが撮影した。主役は「ヤング・アメリカ」「選手権目指して」のスペンサー・トレイシーで。「母」「母性」のベティ・デイヴィス、「誰だ犯人は?」のウォーレン・ハイマー、アーサー・バイロン「腕の男」のルイス・カルハーン、ライル・タルポット、グラント・ミッチェル、シーラ・テリー、スペンサー・チャータース等が助演。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ベティ・デイヴィス ライル・タルボット シーラ・テリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > サム・ゴドフレー

ムービーウォーカー 上へ戻る