映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴィンチェンゾ・ナタリ

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2015年 まで合計8映画作品)

2015年

ABC・オブ・デス2

  • 2015年8月22日(土)
  • 監督

人気ホラー・オムニバス「ABC・オブ・デス」の続編。「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリや「屋敷女」アレクサンドル・バスティロ&ジュリアン・モーリー、「へんげ」大畑創など、世界各国の新進気鋭の監督26名が勢揃いしたホラー・オムニバス。26名の監督による26通りの“死に方”とは……。アルファベットの文字を割り当てられた各監督が、それぞれのアプローチで“死”というテーマに挑戦。

監督
エバン・カッツ ジュリアン・バラット ジュリアン・ギルビー ロバート・モーガン
出演キャスト
エリック・ジェイコブス ジュリアン・バラット イアン・ヴァーゴ ジュリア・アルダーディス
2014年

ハウンター

  • 2014年2月19日(水)
  • 監督、製作総指揮

「CUBE」、「スプライス」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督によるスリラー。来る日も来る日も、自分が寸分違わぬ毎日を過ごしていることに気付いた少女が、思いがけない真実に行き当たる。出演は、10歳の時に「リトル・ミス・サンシャイン」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたアビゲイル・ブレスリン。

監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演キャスト
アビゲイル・ブレスリン スティーヴン・マクハティ ミシェル・ノルデン ピーター・アウターブリッジ
2012年

388

  • 2012年11月10日(土)
  • 製作総指揮

妻が忽然と姿を消した自宅で、次々と起こる不可解な出来事に追い詰められていく男の恐怖を描くシチュエーション・スリラー。製作総指揮は、「CUBE」監督のヴィンチェンゾ・ナタリ。監督・脚本は、ランドール・コール。出演は、「ターミネーター3」のニック・スタール、「ブラック・ダリア」のミア・カーシュナー。

監督
ランドール・コール
出演キャスト
ニック・スタール ミア・カーシュナー デヴォン・サワ アーロン・エイブラムス
2011年

スプライス

  • 2011年1月8日(土)
  • 監督、原案、脚本

「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督が「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロや「マトリックス」のジョエル・シルヴァーを製作総指揮に迎えて作り上げたSFサスペンス。エイドリアン・ブロディ&サラ・ポーリー扮する科学者夫婦が行った法と倫理を破った禁断の実験を巡るてん末が驚愕の映像で展開する。

監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演キャスト
エイドリアン・ブロディ サラ・ポーリー デルフィーヌ・シャネアック シモーナ・メカネスキュ
2007年

パリ、ジュテーム

  • 2007年3月3日(土)
  • 監督、脚本

全編パリで撮影された、パリの街が主役のラブ・ストーリー。ヌーヴェルヴァーグ全盛の65年、エリック・ロメールやジャン=リュック・ゴダールなど6人の監督がそれぞれの視点でパリを描いた「パリところどころ」の現代版ともいえる、新たなパリ映画。監督にはコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、アルフォンソ・キュアロン、ウォルター・サレス、イサベル・コイシェ、諏訪敦彦、オリヴィエ・アサヤス、シルヴァン・ショメ、ジェラール・ドパルデューなど、出演者にはナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミ、ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエ、ジーナ・ローランズなど。

監督
ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ジェラール・ドパルデュー トム・ティクヴァ
出演キャスト
フロランス・ミュレール ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ベン・ギャザラ
2005年

NOTHING[ナッシング]

  • 2005年9月17日(土)
  • 監督

「CUBE」の鬼才、ビンチェンゾ・ナタリが放つSF映画。物質を消失させる能力に目覚めた男たちが巻き起こす騒動が、コミカルかつシュールな語り口で描かれる。

監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演キャスト
デイヴィッド・ヒューレット アンドリュー・ミラー ボビー マリー=ジョゼ・クローズ
2003年

カンパニー・マン

  • 2003年1月18日(土)
  • 監督

「CUBE」で絶賛された鬼才、ビンチェンゾ・ナタリの長編第2作。スパイ企業同士の争いの中でもがく男を主人公に、先読みできない幻惑的な映像世界が展開するスリラー映画だ。

監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演キャスト
ジェレミー・ノーザム ルーシー・リュー ナイジェル・ベネット ティモシー・ウェバー
1998年

CUBE

  • 1998年9月12日(土)
  • 監督、脚本

謎の立方体空間から脱出を図る男女の姿を描いた異色サスペンス。監督は「JM」に絵コンテライターとして参加した経歴を持つカナダの新鋭ヴィンチェンゾ・ナタリで、自らの短編『Elevated』(日本未公開)をベースに長編劇映画デビューとなる本作を撮り上げた。立方体空間の造形は、CGを「ミミック」「スポーン」のC.O.R.E.デジタル・ピクチャーズ、特殊効果監督をボブ・マンローとジョン・マリエラ、美術をダイアナ・マグナスがそれぞれ担当。脚本はナタリ、アンドレ・ビジェリック、グレイム・マンソンの共同。製作はメーラ・メーとベティ・オァー。製作総指揮はコリン・ブラントン。撮影はデレク・ロジャース。音楽は「私は人魚の歌を聞いた」のマーク・コーヴェン。編集はジョン・サンダース。出演は『ジャッジメント』(V)のモーリス・ディーン・ホワイト、『プロムナイト4』(V)のニコール・デボアー、「スキャナーズ2」のデイヴィッド・ヒューレット、「クラッシュ」のニッキー・ガーダグニーほか。

監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演キャスト
モーリス・ディーン・ホワイト ニコール・デ・ボアー ニッキー・ガダーニ デイヴィッド・ヒューレット

関連ニュース

製作総指揮を務めたヴィンチェンゾ・ナタリ
『388』ヴィンチェンゾ・ナタリ「人間の真実を描いているのが、この作品の好きなところだ」 2012年11月9日 19:30

妻が忽然と姿を消した自宅で、次々と起こる不可解な出来事に追い詰められていく男の恐怖を描き出したシチュエーションスリラー『388』(11月10日公開)。本作の製作総指揮は、あの『CUBE』(98)で監督を務め、極限状態に置…

トロントの高級住宅街アレッタ通り388番地の一軒家を舞台に描く
密室系シチュエーションスリラーの火付け役は次にどんなスリルを描く? 2012年11月7日 15:00

『SAW』シリーズや『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(10)など、昨今の映画界において、シチュエーションスリラーはすっかりおなじみとなった。一方で、優れた脚本と監督の演出がなければ、観客を真に満足させることができな…

恐ろしいクリーチャーに扮するデルフィーヌ・シャネアックは『ピンクパンサー』(06)等にも出演している新鋭美人女優
フランスの新鋭美人女優が妖しくも恐ろしいクリーチャーに変身 2011年1月6日 11:00

『ソウ』シリーズや『リミット』(10)など、密室スリラーブームの先駆けとなった『CUBE』(97)で衝撃的なデビューを飾ったヴィンチェンゾ・ナタリ監督。その久々の新作『スプライス』が2011年1月8日(土)に公開される。…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴィンチェンゾ・ナタリ