映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴラン・ヴィスニィック

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2005年 まで合計4映画作品)

2005年

エレクトラ

  • 2005年6月4日(土)公開
  • 出演(マーク 役)

「デアデビル」の人気キャラクター、エレクトラを主人公にしたスピンオフ作品。死から蘇生したヒロインの新たな使命と秘められた過去が、華麗なアクション満載で描かれる。

監督
ロブ・ボウマン
出演キャスト
ジェニファー・ガーナー テレンス・スタンプ キルステン・プラウド ゴラン・ヴィスニィック
2002年

アイス・エイジ

  • 2002年8月10日(土)公開
  • 出演(声)(ソト(声) 役)

全米で大ヒットを記録した、ハートウォーミングなフルCGアニメ。2万年前の地球を舞台に、3匹の個性的な動物たちと人間の赤ん坊との珍道中をユーモラスに描く。

監督
クリス・ウェッジ
出演キャスト
レイ・ロマーノ ジョン・レグイザモ デニス・レアリー ゴラン・ヴィスニィック
1999年

プラクティカル・マジック

  • 1999年5月15日(土)公開
  • 出演(Jinny Angelov 役)

生き方の対照的な“魔女”の姉妹の恋を描いた、ファンタスティックなラヴ・コメディ。アリス・ホフマンの小説『プラクティカル・マジック』(集英社文庫・刊)を、「恋におぼれて」のグリフィン・ダンが監督。脚本は「マチルダ」のロビン・スウィコード(製作協力も)、「依頼人」のアキヴァ・ゴールズマ・ンと「フレンチ・キス」のアダム・ブルックス。製作総指揮は「微笑みをもう一度」のメアリー・マクラグレンと「ツイスター」のブルース・バーマン。撮影のアンドリュー・ダン、美術のロビン・スタンドファー、編集のエリザベス・クリングは「恋におぼれて」に続いての参加。ほかに、音楽は「マウス・ハント」のアラン・シルヴェストリ。主題歌はスティーヴィ・ニックスの『If You Ever DidBelive』。衣裳は「ディアボロス」のジュディアナ・マコフスキー。主演は「微笑みをもう一度」のサンドラ・ブロック(製作協力のフォーティス・フィルムスは彼女が主宰する会社)と「ピースメーカー」のニコール・キッドマン。共演は「モンタナの風に吹かれて」のダイアン・ウィースト、「私に近い6人の他人」のストッカード・チャニング、「アサインメント」のエイダン・クインほか。

監督
グリフィン・ダン
出演キャスト
サンドラ・ブロック ニコール・キッドマン ストッカード・チャニング ダイアン・ウィースト
1998年

ウェルカム・トゥ・サラエボ

  • 1998年7月25日(土)公開
  • 出演(Risto 役)

戦火のサラエボで葛藤する英国人ジャーナリストの姿を描いたドラマ。監督は「バタフライ・キス」「日蔭のふたり」のマイケル・ウィンターボトム。海外特派員のマイケル・ニコルソンが実際の体験を基に執筆したノンフィクションを基に、脚本は「バタフライ・キス」でウィンターボトムと組んだフランク・コトレル・ボイスが執筆。製作は「グリッドロック」のグラハム・ブロードベントとダミアン・ジョーンズ。撮影のダフ・ホブソン、美術のマーク・ジェラハディ(「ナッシング・パーソナル」)はウィンターボトムが手掛けたテレビ・シリーズ『ファミリー』にも参加。編集のトレヴァー・ウェイト、衣裳のジャンティ・イェイツは「日蔭のふたり」に続く参加。音楽はウォーターボーイズの一員でもあるエイドリアン・ジョンストン。出演は英国の舞台・テレビで活躍するスティーヴン・ディレーン(「ハムレット」)、「ラリー・フリント」のウディ・ハレルソン、「ミルドレッド」のマリサ・トメイ、「エンジェル・アット・マイ・テーブル」「シャロウ・グレイブ」のケリー・フォックス、「リバー・ランズ・スルー・イット」のエミリー・ロイド、オーディションで選ばれた子役のエミラ・ヌシェヴィッチほか。

監督
マイケル・ウィンターボトム
出演キャスト
ステファン・ディラーヌ ウディ・ハレルソン マリサ・トメイ エミラ・ヌシェヴィッチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴラン・ヴィスニィック