映画-Movie Walker > 人物を探す > ユベール・クンデ

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2006年 まで合計3映画作品)

2006年

ナイロビの蜂

  • 2006年5月13日(土)公開
  • 出演(アーノルド・ブルーム 役)

アフリカを舞台に、世界的陰謀を暴こうとした妻と、その意志を継ごうとする夫の愛を描くラブ・ストーリー。妻役のレイチェル・ワイズは本作でアカデミー賞助演女優賞を獲得。

監督
フェルナンド・メイレレス
出演キャスト
レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ダニー・ヒューストン
1998年

カフェ・オ・レ

  • 1998年5月9日(土)公開
  • 出演(Jamal 役)

異人種間の三角関係を描くラヴ・コメディ。監督・脚本・主演は「憎しみ」「アサシンズ」で注目をあつめるフランスの気鋭マチュー・カソヴィッツで、彼の長編劇映画監督デビュー作。製作のクリストフ・ロシニョンと撮影のピエール・エイムは本作以降「憎しみ」「アサシンズ」でもカソヴィッツと組んだ。音楽はジャン=ルイ&マリー・ドールン。美術はピエール=アンドレ・ロセッテ。編集はコレット・ファルジアとジャン=ピエール・セーガル。衣裳はリディ・ボナール。共演はカソヴィッツの次作「憎しみ」にも出演したユベール・クンデとジュリー・モディシェ、同作で主演したヴァンサン・カッセル、さらに彼の実父ジャン=ピエール・カッセルが特別出演。パリ映画祭審査員特別賞を受賞。

監督
マチュー・カソヴィッツ
出演キャスト
マチュー・カソヴィッツ ユベール・クンデ ジュリー・モディシェ ヴァンサン・カッセル
1996年

憎しみ

  • 1996年2月17日(土)公開
  • 出演(Hubert 役)

パリ郊外の移民スラムに住む三人の青年の、運命の一日を生々しくスリリングに描き、フランス現代社会の抱える矛盾を暴き出す衝撃的なドラマ。監督・脚本は「天使が隣で眠る夜」に出演したマチュー・カソヴィッツ。製作は「青いパパイアの香り」のクリストフ・ロシニョン。いわゆる撮影クレジットはなく、照明をピエール・アイム、カメラ操作をジョルジュ・ディアーヌ、また冒頭の暴動場面のビデオカメラ撮影はカソヴィッツ自身が担当。美術はジョゼッペ・ポンテューロ。録音は総監督がヴァンサン・テュリ、整音がドミニク・ダマルソ、編集がカソヴィッツとスコット・スティーヴンソン。主演の三人組に名優ジャン=ピエール・カッセルの息子ヴァンサン・カッセル、「愛と戦火の大地」のユベール・クンデ、サイード・タグマウイ。またパリで三人に返り討ちにあうスキンヘッド役でカソヴィッツ自身が顔を見せる。1995年カンヌ映画祭監督賞受賞。

監督
マチュー・カソヴィッツ
出演キャスト
ヴァンサン・カッセル ユベール・クンデ サイード・タグマウイ フランソワ・ルヴァンタール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ユベール・クンデ