映画-Movie Walker > 人物を探す > レイ・ドーン・チョン

年代別 映画作品( 1982年 ~ 1996年 まで合計12映画作品)

1996年

ハイダウェイ

  • 1996年5月11日(土)公開
  • 出演(Rose 役)

臨死体験で死者の世界と接触できるようになった男の恐怖を描くSFサスペンス。モダン・ホラーの旗手、ディーン・R・クーンツの同名小説(邦訳・文春文庫)をアンドリュー・ウォーカー、ニール・ヒメネズが脚本を執筆、「バーチャル・ウォーズ」のブレット・レナードが監督にあたった。製作はジェリー・バーウィッツ、アガサ・ハンクザコウスキー、ジメル・エヴェレット、撮影は「タンク・ガール」のゲイル・タッターサル、音楽は「死の接吻」のトレヴァー・ジョーンズ、美術はマイケル・ボルトン、編集はB・J・シアーズ、SFX監修はティム・マクガヴァンとソニー・ピクチャーズ・イメージワークスがそれぞれ担当。主演は「ジュラシック・パーク」のジェフ・ゴールドブラム。共演は「クルーレス」のアリシア・シルヴァーストーンほか。

監督
ブレット・レナード
出演キャスト
ジェフ・ゴールドブラム アリシア・シルヴァーストーン クリスティン・ラーティ アルフレッド・モリーナ

クライング・フリーマン Crying Freeman

  • 1996年4月24日(水)公開
  • 出演(フォージ刑事 役)

海外でも人気の小池一雄・池上遼一コンビによる同名コミックをもとに、中国秘密結社の孤独な殺し屋の活躍を描く日米合作のアクション。フランスでの先行公開では興行成績第1位も記録した。監督・共同脚本は「ネクロノミカン(第1話/ザ・ドラウンド)」のクリストフ・ガンズ。主演は“ハリウッドの秘密兵器”と称されたマーク・ダカスコス。日本側からは多くの合作作品への出演経験を持つ国際派の加藤雅也、島田陽子が出演している。

監督
クリストフ・ガンズ
出演キャスト
マーク・ダカスコス ジュリー・コンドラ 加藤雅也 島田陽子
1992年

アマゾン

  • 1992年1月25日(土)公開
  • 出演(Paola 役)

アマゾン奥地を舞台に、一攫千金を夢見る男たちの愛と挫折を描く。監督・製作・脚本はアキ・カウリスマキの兄で「ヘルシンキ・ナポリ オールナイトロング」のミカ・カウリスマキ、共同製作はペンヒ・コウリ、エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・A・ミッチェルとクラウス・ヘイデマン、共同脚本はリチャード・レイティンガー、撮影はティモ・サルミネン、音楽はナナ・ヴァスコンセロスが担当。

監督
ミカ・カウリスマキ
出演キャスト
ロバート・ダヴィ レイ・ドーン・チョン カリ・ヴァーナネン ミナ・ソヴィオ
1991年

ファーアウトマンだ!!

  • 1991年5月3日(金)公開
  • 出演(Rae_Dawn_Chong 役)

現代に危った60年代サイケ野郎ファーアウトマンが繰り広げるブッ飛びコメディー。エグゼクティヴ・プロデューサーはポール・ハーツバーグ、製作はリサ・ハンセン、コメディアンのトミー・チョンが監督・脚本・主演を兼ね、撮影はグレッグ・ガーディナーとエリック・ウースター、音楽はジェイ・チャタウェイが担当。出演はほかにC・トーマス・ハウエルら。

監督
トミー・チョン
出演キャスト
トミー・チョン C・トーマス・ハウエル レイ・ドーン・チョン ジャド・ネルソン
1990年

フロム・ザ・ダークサイド

  • 1990年6月1日(金)公開
  • 出演(Preston 役)

米TVシリーズ『フロム・ザ・ダークサイド』から発展した3話構成のホラー・オムニバス。製作はリチャード・P・ルービンスタイン、監督はこれがデビューのジョン・ハリソン、脚本はマイケル・マクドウェル(オープニング/第1話/第3話)ジョージ・A・ロメロ(第3話)、原作はアーサー・コナン・ドイル(第1話)とスティーブン・キング(第2話)、撮影はロバート・ドラパーが担当。出演はクリスチャン・スレーター、デボラ・ハリーほか。

監督
ジョン・ハリソン
出演キャスト
デボラ・ハリー マシュー・ローレンス クリスチャン・スレーター スティーヴ・ブシェーミ
1989年

マンハッタン・ミステリー 消えた黒い箱

  • 1989年6月3日(土)公開
  • 出演(Rochel_Dobs 役)

金に縁のないヴィデオ・アーチストが謎の箱を巡る陰謀に巻き込まれていくコメディ・ミステリ。監督は『ネバー・ヤング』(ビデオ公開)のロジャー・ヤング。製作はルパート・ヒッツィグとマイケル・タネン。エグゼクティブ・プロデューサーはハリー・コロンビーとデイヴィッド・シャムロイ・ハンバーガー。脚本はダニエル・タブリッツ。撮影はアーサー・アルバート。音楽はマイルス・グッドマンが担当。

監督
ロジャー・ヤング
出演キャスト
マイケル・キートン レイ・ドーン・チョン ジョー・パントリアーノ ロナルド・ガットマン
1988年

暴力教室’88

  • 1988年5月21日(土)公開
  • 出演(Hilary_Orozco 役)

あらゆる暴力がはびこる高校に校長として赴任してきた主人公が、目には目をと暴力をもって戦う姿を描く。製作はトーマス・H・ブロデック、監督はクリストファー・ケイン、脚本はフランク・ディーズ、撮影はアーサー・アルバート、音楽はジェイ・グラスカが担当。出演は「サルバドル 遥かなる日々」のジェームズ・ベルーシ、ルイス・ゴセット・ジュニア、レイ・ドーン・チョンほか。

監督
クリストファー・ケイン
出演キャスト
ジェームズ・ベルーシ ルイス・ゴセット・ジュニア レイ・ドーン・チョン マイケル・ライト
1987年

ミスター・ソウルマン

  • 1987年2月28日(土)公開
  • 出演(Sarah_Walker 役)

黒人学生対象の奨学金を得るため、黒人に変装して大学に通う白人の若者を描く青春コメディ。製作はスティーヴ・ティッシュ、監督は「ガバリン」のスティーヴ・マイナー、脚本はキャロル・ブラック、撮影はジェフリー・ジュール、音楽はトム・スコットが担当。出演はC・トーマス・ハウエル、アリー・グロス、レイ・ドーン・チョンほか。

監督
スティーヴ・マイナー
出演キャスト
C・トーマス・ハウエル アリー・グロス レイ・ドーン・チョン ジェームズ・アール・ジョーンズ
1986年

カラーパープル

  • 1986年9月13日(土)公開
  • 出演(Squeak 役)

奴隷のような生活を強いられた薄幸の黒人女性が、1人の人間として目ざめていく姿を描く。製作・監督は始めてシリアスな題材に取り組んだスティーヴン・スピルハーグ、製作はほかにキャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、そして音楽も担当しているクインシー・ジョーンズ。エグゼクティヴ、プロデューサーはジョン・ピータースとピーター・グーバー、原作(集英社刊)はアリス・ウォーカー、脚本はメノ・メイエス、撮影はアレン・ダヴューが担当。出演はダニー・グローヴァーなど。アンブリン・エンターテインメント提供、クインシー・ジョーンズ製作協力作品。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
ダニー・グローヴァー ウーピー・ゴールドバーグ マーガレット・エヴリー オプラ・ウィンフリー

チューズ・ミー

  • 1986年2月8日(土)公開
  • 出演(Pearl_Antoine 役)

都会に生きる男女の孤独と愛を描く。製作はキャロライン・ファイファーとデイヴィッド・ブロッカー、監督・脚本はWelcome to L.A.で監督デビューし日本には初登場のアラン・ルドルフ、撮影はジャン・キーサー、編集はミア・ゴールドマン、美術はスティーヴン・レグラーが担当。出演はジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、キトス・キャラディンなど。

監督
アラン・ルドルフ
出演キャスト
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド キース・キャラダイン レスリー・アン・ウォーレン パトリック・ボーショウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レイ・ドーン・チョン