映画-Movie Walker > 人物を探す > アギー・ゲイラード・ロジャース

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2012年 まで合計19映画作品)

2012年

顔のないスパイ

  • 2012年2月25日(土)公開
  • 衣裳デザイン

『ウォンテッド』の脚本家マイケル・ブラントが監督を務めた、リチャード・ギア&トファー・グレイス主演のサスペンス・アクション。冷戦時代の元CIA諜報員と若きFBI捜査官が、上院議員暗殺の犯人とされる旧ソ連の伝説のスパイを追う様が描かれる。謎が二転三転するプロットから最後まで目が離せない。

監督
マイケル・ブラント
出演キャスト
リチャード・ギア トファー・グレイス スティーヴン・モイヤー オデット・ユーストマン
2010年

レオニー

  • 2010年11月20日(土)公開
  • 衣裳

世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアの波乱に満ちた生涯をつむぐドラマ。「ユキエ」「折り梅」で注目を集めた松井久子が監督を務め、7年の歳月をかけて製作。「シャッター アイランド」のエミリー・モーティマーがレオニーを演じるほか、中村獅童、原田美枝子ら日米の実力派キャストが集結している。

監督
松井久子
出演キャスト
エミリー・モーティマー 中村獅童 原田美枝子 竹下景子
2006年

RENT レント

  • 2006年4月29日(土)公開
  • 衣装デザイン

演劇界のアカデミー賞であるトニー賞など、数々の賞に輝く伝説のミュージカルを映画化。'90年代のNYを舞台に繰り広げられる、芸術家の卵の青年たちの物語を、歌にのせて描く。

監督
クリス・コロンバス
出演キャスト
ロザリオ・ドーソン テイ・デイヴィス ウィルソン・ジャメイン・ヘレディア ジェシー・L・マーティン
2005年

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

  • 2005年6月11日(土)公開
  • 衣装デザイン

1974年に起きた衝撃の実話に基づくショーン・ペン主演の実録ドラマ。鬱屈した当時の米国社会を背景に、孤独な男が大統領暗殺を画策するまでを冷徹なタッチで描き出す。

監督
ニルス・ミュラー
出演キャスト
ショーン・ペン ナオミ・ワッツ ドン・チードル ジャック・トンプソン
2001年

エボリューション

  • 2001年11月3日(土)公開
  • 音楽

宇宙からの生物に襲われた人類の危機をコミカルなテイストで描写。スリリングな物語や軽妙な会話はもちろん、クリーチャーの進化を映像化した驚異のVFXも必見!

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー ジュリアン・ムーア オーランド・ジョーンズ ショーン・ウィリアム・スコット
2000年

ザ・ハリケーン

  • 2000年6月24日(土)公開
  • 衣裳

 カーター役のD・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞候補に。少年との交流による閉ざされた心の解放を説得力たっぷりに演じ演技派としての力量を見せつける。

監督
ノーマン・ジュイソン
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ヴィセラス・レオン・シャノン デボラ=カーラ・アンガー リーヴ・シュレイバー
1998年

レインメーカー

  • 1998年6月27日(土)公開
  • 衣装デザイン

悪徳巣食う法廷に挑む若き弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマ。ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作『原告側弁護人』(新潮社刊)を、「ジャック」のフランシス・フォード・コッポラの監督・脚本・製作総指揮で映画化。ナレーションの執筆はマイケル・ハー。製作は「ゲーム」(主演)「フェイス/オフ」(製作)のマイケル・ダグラスと、スティーヴン・ルーサー、フレッド・ファーカス。撮影のジョン・トール、編集のバリー・マルキン、衣裳のアギー・ジェラード・ロジャースは「ジャック」に続いてコッポラと組んだ。音楽は「大脱走」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」などのベテラン、エルマー・バーンスタイン。美術は「ロング・キス・グッドナイト」のハワード・カミングス。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のマット・デイモン。共演は「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズ、「アナコンダ」のジョン・ヴォイト、「マーズ・アタック!」のダニー・デヴィート、「ダブルチーム」のミッキー・ローク、「リーサルウェポン3」のダニー・グローヴァー、「のら猫の日記」のメアリー・ケイ・プレイス、「ミニヴァー夫人」「ある日どこかで」の老女優テレサ・ライト、「キャンディマン」のヴァージニア・マドセン、「蜘蛛女」のロイ・シャイダーなど、多彩な布陣。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
マット・デイモン クレア・デインズ ジョン・ヴォイト ダニー・グローヴァー
1997年

秘密の絆

  • 1997年9月27日(土)公開
  • 衣装デザイン

アメリカ・イリノイ州を舞台に、美しい三姉妹をめぐる愛のドラマと家族の葛藤を描くラヴ・ストーリー。監督は「サークル・オブ・フレンズ」のパット・オコナー、製作総指揮は「潜望鏡を上げろ」のジャック・カミンズと「ライアーライアー」のカレン・ケヘラ、製作は「ライアーライアー」のブライアン・グレイザー、「身代金」のロン・ハワード、「ライアーライアー」のジャネット・メイヤーズ。スー・ミラーの原案を新鋭ケン・ヒクソンが脚本にした。撮影は「サークル・オブ・フレンズ」のケネス・マクミラン、音楽は「ジャック」のマイケル・ケイメン、美術はアンダーグラウンド・コミックのアーティストとしても知られる「フォー・ルームス」のゲイリー・フルットコフ、編集は「バットマン」のレイ・ラヴジョイ、衣裳は「陽のあたる教室」のアギー・ゲラード・ロジャース。出演は「誘う女」のホアキン・フェニックス、「すべてをあなたに」のリヴ・タイラー、「狼たちの街」のジェニファー・コネリーほか。

監督
パット・オコナー
出演キャスト
ホアキン・フェニックス ビリー・クラダップ ウィル・パットン キャシー・ベイカー

スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇

  • 1997年7月26日(土)公開
  • 衣装デザイン

遠い昔はるか銀河系の彼方での正義と悪の攻防を描いたファンタジー・ロマンの第3作(エピソード第6話)。ルーク・スカイウォーカーと銀河帝国皇帝との対決、ルークの父ダース・ヴェーダーがその死とともにジェダイ騎士アナキンへの復帰、そして同盟軍の勝利までが描かれる。監督は「白と黒のナイフ」のリチャード・マーカンド(1987年死去)。製作は「デモリションマン」のハワード・カザンジャン、脚本はルーカス(原案も)と「ワイアット・アープ」などの監督としても知られるローレンス・カスダンが前作に続き共同で執筆。撮影は「ステッピング・アウト」のアラン・ヒューム、美術は「ミッション:インポッシブル」のノーマン・レイノルズ、編集はショーン・バートン、マーシャ・ルーカス、ドゥウェイン・ダンハムの共同。衣裳はアギー・ジェラルド・ロジャース、ニーロ・ローディス=ジャミロの共同。出演は前回のハミル、フォード、フィッシャー、ギネス、ディー・ウィリアムスと「帝国の逆襲」のメンバー中心だが、本作のみダース・ヴェイダーの声として「リチャードを探して」のジェームズ・アール・ジョーンズが初めてクレジットされている(前2作までは本人が表記を拒否していたという)。特別篇での主な改定点は、ジャバ宮殿での音楽とダンス・シーンをダンサー、ミュージシャンを追加撮影。また、砂漠シーンでのアリジゴクのような怪物サルラックをCG化、砂漠でのバンサの群の渡り、エンディングでの銀河各地での祝祭シーンを挿入。

監督
リチャード・マーカンド
出演キャスト
マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー ビリー・ディー・ウィリアムス

ジャック

  • 1997年3月1日(土)公開
  • 衣装デザイン

普通の4倍の速さで成長する少年と彼を取り巻く人々の姿を通して、はかない人生を精一杯生きることの大切さを描いたヒューマン・ファンタジー。監督は、前作「ドラキュラ」から4年ぶりにメガホンをとったフランシス・フォード・コッポラ。脚本はジェームズ・デ・モナコとゲイリー・マデューのオリジナル。製作はコッポラ、リカルド・メストレス、フレッド・フックス。撮影はコッポラの「ペギー・スーの結婚」や「ブレイブハート」のジョン・トール。音楽は「陽のあたる教室」のマイケル・ケイメン。美術は「ゴッドファーザー」以来のコッポラ作品の常連ディーン・タヴォラリス。主演は「バードケージ」のロビン・ウィリアムズ。共演はコッポラの「アウトサイダー」、「ジャッジ・ドレッド」のダイアン・レイン、TV『ザ・コスビー・ショー』のビル・コスビーほか。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ ダイアン・レイン ブライアン・カーウィン ジェニファー・ロペス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アギー・ゲイラード・ロジャース