映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・コンチータ・アロンゾ

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2013年 まで合計9映画作品)

2013年

ロード・オブ・セイラム

  • 2013年9月28日(土)公開
  • 出演(アリス・マティアス 役)

17世紀に行われた魔女裁判で殺害された女たちの呪いが現代に蘇る様を、サイケデリックな色調で描くホラー。監督・脚本・製作は、ロック・ミュージシャンとして活躍する一方、「マーダー・ライド・ショー」や「ハロウィン」など独自の美学で描くホラー作品が人気を集めるロブ・ゾンビ。魔女たちを死に追いやった判事の末裔で、呪いのレコードをかけてしまうDJを、「マーダー・ライド・ショー」などロブ・ゾンビ作品には欠かせないシェリ・ムーン・ゾンビが演じている。ほか、「X-MEN」のブルース・デイヴィソン、「アンノウン」のジェフリー・ダニエル・フィリップス、「デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~」のケン・フォリーらが出演。

監督
ロブ・ゾンビ
出演キャスト
シェリ・ムーン・ゾンビ ブルース・デイヴィソン ジェフリー・ダニエル・フィリップス ケン・フォリー
2010年

愛とセックスとセレブリティ

  • 2010年2月20日(土)公開
  • 音楽、出演(イングリッド 役)

気ままな生活を送ってきたジゴロが、真実の愛に苦悩する姿を描くエロティック・サスペンス。「ベガスの恋に勝つルール」のアシュトン・カッチャーが、数々の女性とのベッドシーンでその肉体美を惜しげもなく披露する。共演は、「6デイズ/7ナイツ」のアン・ヘッシュ。監督は、「猟人日記」のデイヴィッド・マッケンジー。

監督
デヴィッド・マッケンジー
出演キャスト
アシュトン・カッチャー アン・ヘッシュ マルガリータ・レヴィエヴァ セバスチャン・スタン
1994年

愛と精霊の家

  • 1994年5月14日(土)公開
  • 出演(Transito 役)

チリの名家の喜びと悲しみに満ちた50年にわたる数奇な運命を、豪華スターの競演で描いた壮大な人間ドラマ。ラテン・アメリカを代表する女性作家イザベル・アジェンデの世界的なベストセラー小説『精霊たちの家』(国書刊行会)を、「ペレ」「愛の風景」のビレ・アウグストの監督・脚本で映画化。製作は「薔薇の名前」のベルント・アイヒンガー。撮影のヨルゲン・ペルソン、美術のアンナ・アスプは「ペレ」「愛の風景」に続いて監督とは3度目のコンビ。音楽は「プリティ・リーグ」のハンス・ジマー、衣装は「ボイジャー」のバルバラ・バウムが担当。出演は「永遠(とわ)に美しく…」のメリル・ストリープ、「ダメージ」のジェレミー・アイアンズ、「危険な情事」のグレン・クロース、「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」のウィノナ・ライダー、「尼僧の恋 マリアの涙」のヴァネッサ・レッドグレイヴほか。

監督
ビレ・アウグスト
出演キャスト
メリル・ストリープ ジェレミー・アイアンズ ウィノナ・ライダー グレン・クロース
1991年

マクベイン

  • 1991年11月30日(土)公開
  • 出演(Christina 役)

ベトナム帰還兵たちが戦友の遺志のもと、麻薬密輸国コロンビアの独裁政権を妥当する戦争アクション映画。監督・脚本に「シェイクダウン」のジェームズ・グリッケンハウス。製作はJ・ボイス・ハーマン・ジュニア。製作総指揮はレオナード・シャビロとアラン・ソロモン。撮影はロバート・M・ボールドウィン。音楽はクリストファー・フランクが担当。

監督
ジェームズ・グリッケンハウス
出演キャスト
クリストファー・ウォーケン マリア・コンチータ・アロンゾ マイケル・アイアンサイド スティーヴ・ジェームズ

プレデター2

  • 1991年1月25日(金)公開
  • 出演(Leona_Cantrell 役)

近未来のロサンゼルスを舞台に人食いエイリアンと警察の壮絶な対決を描くSFアクション・シリーズ第2作。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・レヴィとロイド・レヴィン、製作はローレンス・ゴードン、ジョエル・シルヴァーとジョン・デイヴィス、監督は「エルム街の悪夢5 ザ・ドリーム・チャイルド」のスティーブン・ホプキンス、脚本はジェームス&ジョン・トーマス兄弟、撮影はピーター・レヴィ、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はダニー・グローヴァー、ゲーリー・ビシューほか。

監督
スティーヴン・ホプキンス
出演キャスト
ダニー・グローヴァー ゲイリー・ビジー ルーベン・ブラデス マリア・コンチータ・アロンゾ
1990年

バンパイア・キッス

  • 1990年2月3日(土)公開
  • 出演(Alva_Restrepo 役)

ニューヨークを舞台に、バンパイアに魅せられたエリート・サラリーマンの狂気を描くブラック・コメディ。製作はバリー・シルズとバーバラ・ジットワー、監督は本作がデビューとなるロバート・ビアマン、脚本はジョセフ・ミニオン、撮影はステファン・チャプスキー、音楽はコリン・タウンズが担当。出演はニコラス・ケイジ、ジェニファー・ビールスほか。

監督
ロバート・ビアマン
出演キャスト
ニコラス・ケイジ マリア・コンチータ・アロンゾ ジェニファー・ビールス エリザベス・アシュレー
1988年

カラーズ 天使の消えた街

  • 1988年10月8日(土)公開
  • 出演(Louis_a_Gomez 役)

ロサンゼルスのストリート・ギャングの抗争と、彼らを取り締まる捜査官たちとの壮絶な戦いを描く。製作はロバート・H・ソロ、監督は「イージー・ライダー」のデニス・ホッパー、マイケル・シファーとリチャード・ディレロの原作を基にシファー自身が脚色。撮影は「帰郷(1978)」のハスケル・ウェクスラー、音楽は「ラウンド・ミッドナイト」のハービー・ハンコックが担当。出演は「ロンリー・ブラッド」のショーン・ぺン、「ナチュラル」のロバート・デュヴァル、「バトルランナー」のマリア・コンチータ・アロンソほか。

監督
デニス・ホッパー
出演キャスト
ショーン・ペン ロバート・デュヴァル マリア・コンチータ・アロンゾ ランディ・ブルックス
1987年

バトルランナー

  • 1987年12月12日(土)公開
  • 出演(Amber_Mendenz 役)

21世紀を舞台にTV中継の殺人ゲームの標的になる男たちの反乱を描いたアクション映画。製作はティム・ジンネマンとジョージ・リンダー、エグゼクティヴ・プロデューサーはキース・バリッシュとロヴ・コーエン、原作はスティーブン・キング、脚本はスティーヴン・E・デ・スーザ、監督はポール・マイケル・グレイザー、撮影はトーマス・デル・ルース、美術はジャック・T・コリンズ、音楽はハロルド・フォルターメイヤーが担当。出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、マリア・コンチータ・アロンソほか。

監督
ポール・マイケル・グレイザー
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー マリア・コンチータ・アロンゾ ヤフェット・コットー ジム・ブラウン

ダブルボーダー

  • 1987年5月16日(土)公開
  • 出演(Sarita_Cisneros 役)

国境近くに出現した麻薬王国壊滅にのり出した男たちの決死の戦いを描いたアクション映画。監督はウォルター・ヒル、製作はバズ・フェイシャンズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサールとアンドリュー・ヴァイナ、ジョン・ミリアスの原案をミリアス自身とデリク・ウォッシュバーン、ハリー・クライナーが共同脚色、撮影はマシュー・F・レオネッティ、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はニック・ノルティほか。

監督
ウォルター・ヒル
出演キャスト
ニック・ノルティ パワーズ・ブース マリア・コンチータ・アロンゾ リップ・トーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・コンチータ・アロンゾ