TOP > 人物を探す > グザヴィエ・ボーヴォワ

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線

  • 2019年7月14日(日)
  • 出演(Henri Pachard 役)

パリの歓楽街へ潜入捜査・・・のつもりが、ポルノ業界で大成功!?実話を基にした、ふたりの風俗刑事の深すぎる潜入捜査を追うバディ・コメディ。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。

監督
セドリック・アンジェ
出演キャスト
ギヨーム・カネ ジル・ルルーシュ ミシェル・フォー グザヴィエ・ボーヴォワ

田園の守り人たち

  • 2019年7月6日(土)
  • 監督、脚本

「神々と男たち」のグザヴィエ・ボーヴォワによる人間ドラマ。第一次世界大戦下のフランス。2人の息子を戦場に送り出した農園の未亡人オルタンスと娘ソランジュは、若い働き手のフランシーヌを雇う。一時休暇で帰宅した次男はフランシーヌに惹かれるが……。「たかが世界の終わり」のナタリー・バイと、その娘で「ブルゴーニュで会いましょう」のローラ・スメットが母子役で共演している。

監督
グザヴィエ・ボーヴォワ
出演キャスト
ナタリー・バイ ローラ・スメット イリス・ブリー シリル・デクール
2015年

チャップリンからの贈りもの

  • 2015年7月18日(土)
  • 監督、脚本

亡くなった喜劇王チャップリンの遺体が柩ごと盗まれ身代金が要求された、1978年に起きた実在の事件を映画化したコミカルなドラマ。チャップリンが晩年を過ごした美しい邸宅や墓地、彼の息子や孫娘が登場し、『黄金狂時代』をはじめとした代表作の名曲や名シーンとともに、2人組の犯人のまぬけな犯行のゆくえがつづられる。

監督
グザヴィエ・ボーヴォワ
出演キャスト
ブノワ・ポールヴールド ロシュディ・ゼム キアラ・マストロヤンニ ピーター・コヨーテ
2012年

マリー・アントワネットに別れをつげて

  • 2012年12月15日(土)
  • 出演(ルイ16世 役)

フランス革命が勃発し、揺れるベルサイユ宮殿内で、身代わりでギロチン刑を受けるように命ぜられた、宮廷朗読係の少女の運命を描く、衝撃の物語。原作はフランスで最も権威あるフェミナ賞に輝いた、シャンタル・トマのベストセラー小説。マリー・アントワネットを演じるのは『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
レア・セドゥ ダイアン・クルーガー ヴィルジニー・ルドワイヤン グザヴィエ・ボーヴォワ
2011年

神々と男たち

  • 2011年3月5日(土)
  • 監督、脚本

アルジェリアで実際に起きた、武装イスラム集団によるフランス人修道士誘拐・殺害事件を映画化。信仰と恐怖の間で揺れ動く修道士たちの葛藤を、必要最小限の台詞と徹底したリアリズムで描き切り、2010年カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。それぞれの個性が際立つアンサンブル演技も見応えがある。

監督
グザヴィエ・ボーヴォワ
出演キャスト
ランベール・ウィルソン マイケル・ロンズデイル オリヴィエ・ラブルダン フィリップ・ローデンバック
2002年

夜風の匂い

  • 2002年2月9日(土)
  • 脚本、出演(ポール 役)

仏の鬼才フィリップ・ガレルが大女優カトリーヌ・ドヌ−ヴ主演で描く究極の愛のドラマ。心に傷を抱えた大人の男女の触れ合いを、しっとりした情感とスタイリッシュな映像美でつづる。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ ダニエル・デュバル グザヴィエ・ボーヴォワ ジャック・ラサル
1997年

ポネット

  • 1997年11月15日(土)
  • 出演(Le pere 役)

たった4歳で最愛の母の死に向かい合い、それを乗り越えた少女の心の冒険を描いた感動の物語。何百人のも子供たちから“死”についてどう考えているかを聞き、粗筋だけを用意して、台詞は準備期間に子供たちの話から拾い集めたという。主役のポネットを演じるヴィクトワール・ティヴィソルのみずみずしく自然な演技が驚異的で、96年ヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞した(最年少)。監督・脚本は「ピストルと少年」「愛されすぎて」のジャック・ドワイヨン。製作は「愛されすぎて」のアラン・サルド、撮影はカロリーヌ・シャンプティエ、音楽は「ピストルと少年」のフィリップ・サルド、編集はジャクリーヌ・ルコント、衣裳はアンリ・ベルトン、幼児精神科医はマリー=エレーヌ・アンクルウェ。録音はジャン=クロード・ラルーとドミニク・ヘネキン。共演は映画監督でもあるグザビエ・ヴォーヴォワ、「絹の叫び」のマリー・トランティニャンほか。

監督
ジャック・ドワイヨン
出演キャスト
ヴィクトワール・ティヴィソル デルフィン・シュルツ マティアス・ブリュー・カトン レオポルディーヌ・セール

関連ニュース

『神々と男たち』はカンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。セザール賞では3部門受賞で、日本では3月5日(土)より全国順次公開
フランスの各賞を総なめ!実話に基づく映画『神々と男たち』に絶賛の嵐 3月3日 12:53

1996年にアルジェリアで起きた武装イスラム集団によるフランス人修道士誘拐・殺害事件を映画化したフランス映画『神々と男たち』(3月5日公開)。フランス国内では公開後、四週連続一位を獲得、“○○と男たち”という言葉はまるで…

アルジェリアで起きたフランス人修道士の誘拐事件を描く本作
フランスで社会現象を起こした『神々と男たち』の初日決定&受賞ラッシュ続く 2月12日 12:00

アルジェリアで起きたフランス人修道士の誘拐事件を描くグザヴィエ・ボーヴォワ監督の『神々と男たち』が、3月5日(土)より公開されることが決まった。 本作は、昨年のカンヌ国際映画祭でグランプリ受賞以降、続々と映画賞ノミネー…

日本版映画ポスタービジュアルも解禁に
カンヌグランプリ受賞作『神々と男たち』の日本公開が決定! 12月14日 14:18

第63回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞したグザヴィエ・ボーヴォワ監督『神々と男たち』がアカデミー賞の前哨戦の1つ、ナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国映画批評会議)最優秀外国語映画賞を受賞した。アカデミ…

主演のランベール・ウィルソン
カンヌ国際映画祭、ダークホース登場で賞レースは混沌? 5月19日 21:25

映画祭も8日目、折り返し点を過ぎて依然『ANOTHER YEAR』がトップを走っていたところに、グザヴィエ・ボーヴォワ監督の『OF GOD AND MEN』が登場。プレスを含む上映会場では拍手がおきた。記者会見でも監督の…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > グザヴィエ・ボーヴォワ

ムービーウォーカー 上へ戻る