映画-Movie Walker > 人物を探す > ドナルド・キース

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1928年 まで合計10映画作品)

1928年

鋼鉄軍曹

  • 1928年当年公開
  • 出演(Osbone_Huntington_Pratt 役)

アンカー映画社発売のクレセント映画で「地獄極楽」「燃ゆる復讐」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、「野球成金」「金髪の歌」のライラ・リー嬢、「野球王」「雨製造者」のウェード・ボトラー氏、「ワイルド・ギース」「そばかす拳闘士」のウェズリー・バリー氏、「大陸大王」「鍍金広小路」のシェルドン・ルイス氏「デニーの薮医者」のホイラー・オークマン氏「燃ゆる青春」のギャレス・ヒューズ氏等が共演する戦争喜劇である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ライラ・リー ウェード・ボトラー ウェズリー・バリー ドナルド・キース
1927年

ワイルド・ギース(1927)

  • 1927年当年公開
  • 出演(Sven_Sambo 役)

マーサ・オステンソ女史の有名な小説を映画化したもので、A・P・ヤンガー氏が脚色し、フィル・ストーン氏が監督した。「マザー・マクリー」出演のベル・ベネット嬢、「野次喜多空中の巻」出演のラッセル・シンプソン氏、「ガウチョウ」出演のイヴ・サザーン嬢「東は東、西は西」出演のアニタ・スチュアート嬢等が重要な役を演ずる外、ドナルド・キース氏、ジェイソン・ロバーズ氏、ウェズリー・バリー氏なども出演している。

監督
フィル・ストーン
出演キャスト
ベル・ベネット ラッセル・シンプソン イヴ・サザーン ドナルド・キース

情熱の激浪

  • 1927年当年公開
  • 出演(Jack_Harlan 役)

ジョージ・W・パイパーがストーリーを組み立て撮影台本を作ったものからデューク・ウォーンが監督した映画である、主なる出演者は「未来派女学生」「弥次喜多海軍の巻」のドナルド・キース、「特急黒ダイヤ」「足で蹴る恋」「珍婚世界漫遊記」のエドナ・マーフィをはじめ、チャールズ・K・フレンチ、それから古くは連続映画「拳骨」「笑いの面」などに出演したシェルドン・ルイス、同じく「紫の覆面」「名金」などの連続で名を轟かしたフランシス・フォード、「少年ロビンソン」「我れ一度怒れば」「天晴れ名投手」のトム・サンチ、セイラー・シャーキー等で、カメラはウォルター・グリフィンが担任している。

監督
デューク・ウォーン
出演キャスト
チャールズ・K・フレンチ ドナルド・キース エドナ・マーフィ シェルドン・ルイス

青春の旋風

  • 1927年当年公開
  • 出演(Bob_Whittaker 役)

ハミルトン・ギップス作の小説をジュリエン・ジョセフソンが脚色し「鉄条網」「美わしの踊り子」等と同じくローランド・V・リーが監督したもので、主役は「神我に二十銭を賜う」「心の合鍵」等出演のロイス・モーランが演じ、「肉体の道」「弥次喜多海軍の巻」出演のドナルド・キースが相手役を勤め、ラリー・ケント、ヴェラ・ヴォロニナ、チャールズ・レーン、ギャレス・ヒューズ等が助演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ロイス・モラン ドナルド・キース ラリー・ケント アリス・ミルス

肉体の道

  • 1927年当年公開
  • 出演(August_Junior 役)

エミール・ヤニングス氏のパラマウント入社第1回主演映画で、ラヨス・ビロ氏とジユールス・ファースマン氏とが執筆した物語をファースマン氏が脚色し、「決死隊」に続いてヴイクター・フレミング氏が監督したものである。ヤニングス氏を助けて「第四の戒律」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のベル・ベネット嬢を始め、「無花果の葉」「奥様お耳拝借」等出演のフイリス・ヘイヴァー嬢、ドナルド・キース氏、フレッド・コーラー氏、フイリップ・ドウ・ラシー君等が出演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
エミール・ヤニングス ベル・ベネット フィリス・ヘイヴァー ドナルド・キース

飛脚カンター

  • 1927年当年公開
  • 出演(Harrigan 役)

「猿飛カンター」に続いて製作されたエディ・キャンター氏主演喜劇で、キャンター氏自ら書き卸した原作をジョン・グッドリッチ氏が脚色し、デブとして知られたロスコー・アーヴァックル氏がウィリアム・グッドリッチ氏と改名して監督となっての処女作品として監督した。カンター氏の相手役は「ロイドの福の神」「ロイドの人気者」「錯覚恋愛」「ニウ・ヨーク」等出演のウィリアム・パウエル氏で、「肉体の道」「弥次喜多海軍の巻」出演のドナルド・キース氏、ユニヴァーサル社のスターたりしジャック・ドハーテイー氏、ヴイクター・ボーテル氏、メアリー・カー夫人が助演している。

監督
ウィリアム・グッドリッチ
出演キャスト
エディ・キャンター ジョビナ・ラルストン ウィリアム・パウエル ドナルド・キース
1926年

未来派女学生

  • 1926年当年公開
  • 出演(Jimmy_Baxter 役)

二巻物時代から喜劇の花形として知られていたアルバータ・ヴォーン嬢主演の映画で、ジーン・デュポン氏の原作による「名馬鉄蹄」「白馬迅風」「猛牛魔境」等と同じくデル・アンドリュース氏が監督したものである。相手役は「肉体の道」「飛脚カンター」等出演のドナルド・キース氏で、「あれ」「殿様専門娘」出演のウィリアム・オースティン氏やジョン・ステップリング氏等も出演している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
アルバータ・ヴォーン ドナルド・キース ジョン・ステップリング Alys Murrell
1925年

咬み殺すまで

  • 1925年当年公開
  • 出演(Jim_Carvel 役)

ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏作の物語に基づいてジェイ・ピルチャー氏が脚色し「深夜の警鐘」「キャプテン・ブラッド」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、犬優ウルフ号が「歓楽の不夜城」等出演のアニタ・スチュアート嬢と共に主演し、ドナルド・キース氏、ジャック・カーティス氏等が助演している。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
アニタ・スチュアート ドナルド・キース ジャック・カーティス Josenh Rickson

煩悶一手引受

  • 1925年当年公開
  • 出演(Budd_Woodbrige 役)

原作はウィンチェル・スミス氏とヴィクター・メイプス氏合作の舞台劇で、デイヴィッド・ベラスコ氏が演出した当り狂言の一つである。これをジョン・グッドリッチ氏が脚色し、「乙女ごころ」「春来りなば(1923)」等と同じくルイ・ガスニエ氏が監督したもので、主役は、恋の関門」「洋上の薔薇」等主演のアニタ・スチュアート嬢、「失うべからず」「風雲のセンダ城」等出演のバート・ライテル氏、近頃売出しの若手俳優ドナルド・キース氏等である。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
アニタ・スチュアート バート・ライテル ドナルド・キース アーサー・エドモンド・カリュー

恋愛供養

  • 1925年当年公開
  • 出演(Armand_Roche 役)

「楽園の毒草」「春来りなば(1923)」等と同じくルイ・ガスニエ氏が監督したフリファード映画でフォーレー・クロフォード氏の原作をロイス・ハッチンソン女史が脚色したもの。主演者は「底抜け騒ぎ」「三週間」のクララ・ボウ嬢、「肉体の道」「ワイルド・ギース」のドナルド・キース氏、「下水道」「サイベイア」のルー・テリジェン氏等で、アリス・ミルス嬢、オットー・マティーソン氏、ヘイゼル・キーナー嬢等が助演している。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
クララ・ボウ ルー・テリジェン ドナルド・キース アリス・ミルス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドナルド・キース