映画-Movie Walker > 人物を探す > ホセイン・アミニ

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2016年 まで合計8映画作品)

2016年

われらが背きし者

  • 2016年10月21日(金)公開
  • 脚本

スパイ・サスペンス小説の巨匠、ジョン・ル・カレの人気作をユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス。ロシア・マフィアの機密情報を入手したために、世界を股にかけた危険な逃亡劇を繰り広げる事になる大学教授とその妻の姿を描く。監督は数々のドキュメンタリー作で高い評価を受けてきたスザンナ・ホワイト。

監督
スザンナ・ホワイト
出演キャスト
ユアン・マクレガー ステラン・スカルスガルド ダミアン・ルイス ナオミ・ハリス
2015年

ギリシャに消えた嘘

  • 2015年4月11日(土)公開
  • 監督、脚本

パトリシア・ハイスミスの小説『殺意の迷宮』を映画化したサスペンス。過って殺人を犯し、逃避行を繰り広げる夫婦とその知り合いの青年が辿る運命を描く。出演は「危険なメソッド」のヴィゴ・モーテンセン、「メランコリア」のキルステン・ダンスト。「ドライヴ」などで脚本家として活躍してきたホセイン・アミニが初監督に挑戦。

監督
ホセイン・アミニ
出演キャスト
ヴィゴ・モーテンセン キルスティン・ダンスト オスカー・アイザック デヴィッド・ウォーショフスキー
2013年

47RONIN

  • 2013年12月6日(金)公開
  • 脚本

赤穂浪士47人の吉良邸討ち入り事件を題材に舞台や映像化され、実在の事件が発生した12月に上演・放送されることでおなじみの時代劇「忠臣蔵」。同作をベースに、新たな物語がCGやアクション描写とともに描かれるスペクタクル・アクション。キアヌ・リーブスが周囲からの偏見に苦悩するハーフのRONINに扮し、日本人俳優と共演する。

監督
カール・リンシュ
出演キャスト
キアヌ・リーヴス 真田広之 浅野忠信 菊地凛子
2012年

ドライヴ

  • 2012年3月31日(土)公開
  • 脚本

第64回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いたサスペンス・アクション。『きみに読む物語』の人気俳優ライアン・ゴズリングが、裏社会で働く寡黙なドライバーに扮し、訳ありの人妻と危険な関係に陥っていく。アカデミー賞前哨戦となる数々の映画賞で助演賞を総ナメにしている、アルバート・ブルックスの悪役ぶりも必見だ。

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演キャスト
ライアン・ゴズリング キャリー・マリガン ブライアン・クランストン クリスティーナ・ヘンドリックス
2011年

シャンハイ

  • 2011年8月20日(土)公開
  • 脚本

1941年、太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台に米国謀報員の死から始まった列強国の陰謀に巻き込まれる男女の姿を描くサスペンス。ジョン・キューザック、チョウ・ユンファ、コン・リーという米中のキャストに加えて、日本からは渡辺謙らが参加。豪華キャストの共演で、陰謀と愛が渦巻くドラマが繰り広げられる。

監督
ミカエル・ハフストローム
出演キャスト
ジョン・キューザック コン・リー チョウ・ユンファ デヴィッド・モース
2003年

サハラに舞う羽根

  • 2003年9月20日(土)公開
  • 脚本

「エリザベス」のシェカール・カプール監督が、A・E・W・メイスンの名著を映画化した文芸ロマン。19世紀のアフリカで、苛酷な戦闘に身を投じた若者の運命をドラマチックに描く。

監督
シェーカル・カプール
出演キャスト
ヒース・レジャー ウェス・ベントレー ケイト・ハドソン ジャイモン・ハンスゥ
1998年

鳩の翼

  • 1998年12月12日(土)公開
  • 脚本

今世紀初頭のロンドンとヴェネツィアを舞台に、新時代の波に揺れる恋人たちの愛憎劇を描いた文芸ロマン。ヘンリー・ジェームズ(1843~1916)の同名小説(邦訳・講談社文芸文庫)の映画化。監督は「バック・ビート」『サイバーネット』(V)のイアン・ソフトリー。脚本は「日蔭のふたり」のホセイン・アミニ。製作は「十二夜」のデイヴィッド・ハーフィットとステイーヴン・エヴァンズ。製作総指揮は「ナイトウォッチ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟とポール・フェルドシャー。撮影はパトリス・ルコント監督作品で知られるエドゥアルド・セラ。音楽は「勝手に逃げろ、人生。」のガブリエル・ヤレド。美術は『サイバーネット』(V)のジョン・バード。編集はタリク・アンワール。衣裳は「ベルベット・ゴールドマイン」のサンティ・パウエル。出演は「十二夜」のヘレナ・ボナム=カーター、「司祭」のライナス・ローチ、「この森で、天使はバスを降りた。」のアリソン・エリオット、「愛と勇気の翼」のエリザベス・マクガヴァン、「エンゼル・ハート」のシャーロット・ランプリング、「ジキル&ハイド」のマイケル・ガンボンほか。

監督
イアン・ソフトリー
出演キャスト
ヘレナ・ボナム・カーター ライナス・ローチ アリソン・エリオット エリザベス・マクガヴァン
1997年

日蔭のふたり

  • 1997年8月2日(土)公開
  • 脚本

19世紀のイングランドを舞台に、運命に翻弄されながらも愛を貫き通そうとする男女の姿を描いた文芸ラブ・ストーリー。イギリスの文豪トマス・ハーディの長編小説『日陰者ジュード』をホセイン・アミニが脚色し、テレビ界出身でこれが劇場用映画第2作のマイケル・ウィンターボトム(「GO NOW」)の監督で映画化。製作は、監督とレヴォリューション・フィルムズを主宰するアンドリュー・イートン、製作総指揮はマーク・シャイヴァスとスチュアート・ティル。撮影は「他人のそら似」のエドゥアルド・セラ、音楽は演劇界でも活躍するエイドリアン・ジョンストン、美術は「バック・ビート」のジョゼフ・ベネット、編集は「GO NOW」のトレヴァー・ウェイト、衣裳は「ウェールズの山」のジャンティ・イェイツ。主演は「デス&コンパス」のクリストファー・エクルストンと「いつか晴れた日に」のケイト・ウィンスレット。共演は「トゥルーナイト」のリアム・カニンガム、「ミュリエルの結婚」のレイチェル・グリフィス、英国を代表する喜劇女優のジューン・ホイットフィールドほか。

監督
マイケル・ウィンターボトム
出演キャスト
クリストファー・エクルストン ケイト・ウィンスレット リーアム・カニンガム レイチェル・グリフィス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ホセイン・アミニ