TOP > 映画監督・俳優を探す > マイケル・ジェイ・ホワイト

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2020年 まで合計9映画作品)

2019年

トリプル・スレット

  • 2019年9月6日(金)
  • 出演(Devereaux 役)

「マッハ!」シリーズのトニー・ジャー、「マイル22」のイコ・ウワイス、「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー」のタイガー・チェン主演のアクション。東南アジアを舞台に、犯罪組織に命を狙われた女性を守るため、三人がチームを組んで敵に挑む。監督は、「アクシデントマン」のジェシー・V・ジョンソン。出演は、「戦狼 ウルフ・オブ・ウォー」のセリーナ・ジェイド、「ドクター・ストレンジ」のスコット・アドキンス、「トリプルX 再起動」のマイケル・ビスピン、「スポーン」のマイケル・ジェイ・ホワイト、「チョコレート・ファイター」のジージャー・ヤーニン。

監督
ジェシー・V・ジョンソン
出演キャスト
トニー・ジャー イコ・ウワイス タイガー・チェン セリーナ・ジェイド
2020年

ブルータル・ジャスティス

『トマホーク ガンマンvs食人族』などの名作カルトで知られる、S・クレイグ・ザラー監督が手がけたバイオレンスアクション。『ブレイブハート』の名優メル・ギブソンがベテラン刑事を、その相棒を『インターンシップ』のヴィンス・ヴォーンが務め、犯罪組織を相手に金塊を巡った追走劇を繰り広げる。極悪非道な強盗犯を演じるのは、『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』のトーマス・クレッチマン。

監督
S・クレイグ・ザラー
出演キャスト
メル・ギブソン ヴィンス・ヴォーン トリー・キトルズ マイケル・ジェイ・ホワイト
2008年

ダークナイト

  • 2008年8月9日(土)
  • 出演(Gambol 役)

クリスチャン・ベール主演による新生「バットマン」シリーズ第2弾。若くして急死したヒース・レジャーが、旧シリーズにも登場した人気キャラ、ジョーカー役を怪演。

監督
クリストファー・ノーラン
出演キャスト
クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ヒース・レジャー ゲイリー・オールドマン
2005年

シルバーホーク

  • 2005年12月10日(土)
  • 出演(Morris 役)

「グリーン・デスティニー」のミシェル・ヨーが覆面の戦士に扮するSF活劇。近未来を舞台に、悪に立ち向かう孤高のヒロインを華麗なバイク・アクションを交えて熱演する。

監督
ジングル・マ
出演キャスト
ミシェル・ヨー リッチー・レン ルーク・ゴス マイケル・ジェイ・ホワイト
2001年

DENGEKI 電撃

  • 2001年8月11日(土)
  • 出演(マイケル・ジェイ・ホワイト 役)

人気アクション俳優スティーブン・セガールの、主演作中最大の全米ヒット作が上陸。セガール得意のマーシャルアーツと意外な真実が明かされるミステリーが絡み、目が離せない!

監督
アンジェイ・バートコウィアク
出演キャスト
スティーヴン・セガール ディーエムエックス イサイア・ワシントン マイケル・ジェイ・ホワイト

シック・アズ・シーヴス

  • 2001年4月21日(土)
  • 出演(Pointy 役)

都会の片隅で孤独に生きる男の友情と復讐をハードボイルドタッチに描く。主演は「パール・ハーバー」のアレック・ボールドウィン。

監督
スコット・サンダーズ
出演キャスト
アレック・ボールドウィン レベッカ・デモーネイ マイケル・ジェイ・ホワイト アンドレ・ブラウアー
1999年

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

  • 1999年10月2日(土)
  • 出演(S.E.T.H. 役)

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

監督
ミック・ロジャース
出演キャスト
ジャン=クロード・ヴァン・ダム マイケル・ジェイ・ホワイト ハイディ・シャンツ ザンダー・バークレー
1998年

スポーン

  • 1998年2月14日(土)
  • 出演(Al Simmons 役)

愛する妻と再会するために魂を地獄の王に売り渡して復活した男の復讐を描いた近未来SF。全米で大ヒットした同名コミック(メディアワークス刊)の映画化。原作はマーベルコミック界の第ひとり者トッド・マクファーレン(製作総指揮もアラン・C・ブロムクイストと兼任)。本作がデビューの監督のマーク・ディッペ(「T2」「ジュラシック・パーク」の視覚効果担当)、製作のクリント・ゴールドマン(「マスク」ほか)、特殊効果監修のスティーヴ・ウィリアムズ(「T2」ほか)ら以下、「マーズ・アタック!」などの特撮を手掛けるILMのスタッフによる、実写以上の迫力とリアルさでつくりあげられた鮮烈な映像が見もの。脚本はアラン・マッケロイ。撮影は「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のギレルモ・ナヴァロ。音楽は「ザ・クロウ」のグレアム・レヴェル。使用曲としてテクノ系とスラッシュメタル系がコンビを組んだ異色のサウンドトラックが全編を彩る。美術は「アサシン」「レリック」のフィリップ・ハリソン。編集は「クロウ 飛翔伝説」のマイケル・N・クーンとトッド・ブッシュ。タイトルバック・デザインは「セブン」「ミミック」のカイル・クーパー。主演は「バッド・デイズ」のマイケル・J・ホワイトで本作が初主演。共演は「アメリカン・プレジデント」のマーティン・シーン、「ロミオ&ジュリエット」のジョン・レグイザモ、「ノーマンズ・ランド」のD・B・スウィーニー、「エクソシスト3」のニコル・ウィリアムソン、「ガール6」のテレサ・ランドルほか。

監督
マーク・ディッペ
出演キャスト
マイケル・ジェイ・ホワイト ジョン・レグイザモ マーティン・シーン テレサ・ランドル
1997年

バッド・デイズ

  • 1997年11月1日(土)
  • 出演(Odell Williams 役)

ロサンゼルスを巻き込だ新旧のギャングたちの抗争を描いた本格的なフィルム・ノワール。ジャン=ピエール・メルビル監督の55年作品「賭博師ボブ」を現代風にアレンジした。監督は「湖畔のひと月」のジョン・アーヴィン。製作は「ストーリービル」のエヴゼン・コーラー。脚本はTVシリーズの脚本家として知られるケン・ソラーツ(製作も)。製作総指揮はバー・ポッター。撮影は「トイ・ソルジャー」のトーマス・バースティン。音楽は「ハーモニー」のスティーヴン・エンデルマン、美術はマイケル・ノヴォトニー。編集はマーク・コンテ。衣裳はエデュアルド・カストロ。主演は「レザボアドッグス」「真夏の出来事」のハーヴェイ・カイテル。共演は「スペース・トラッカー」のスティーヴン・ドーフ、「ビューティフル・ガールズ」のティモシー・ハットン、『ロード・オブ・イリュージョン』(V)のファムケ・ヤンセンほか。なお、エリオット・グールドがノンクレジットで出演している。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
ハーヴェイ・カイテル スティーブン・ドーフ ティモシー・ハットン ファムケ・ヤンセン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マイケル・ジェイ・ホワイト

ムービーウォーカー 上へ戻る