映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュリアン・シュナーベル

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2019年 まで合計9映画作品)

2019年

永遠の門 ゴッホの見た未来

ウィレム・デフォーが孤高の画家ゴッホを演じ第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞した伝記ドラマ。幼い頃から精神に病を抱え周囲と人間関係を築けず常に孤独の中にあったゴッホ。誰にも理解されずとも筆を握り続けた彼が人生を通じ見つめたものとは……。「潜水服は蝶の夢を見る」で第60回カンヌ国際映画祭監督賞、第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞したほか、新表現主義の画家としても著名なジュリアン・シュナーベル監督が、ポスト印象派を代表するフィンセント・ファン・ゴッホの強烈な人生を描く。ウィレム・デフォーは本作により第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ウィレム・デフォー オスカー・アイザック マッツ・ミケルセン マチュー・アマルリック

デニス・ホッパー/狂気の旅路

個性派俳優でありアメリカン・ニューシネマを代表する「イージー・ライダー」を監督、アーティストとしての顔も持つハリウッドの反逆児デニス・ホッパーの半生を追うドキュメンタリー。関係者の証言や未公開映像を交え、その足跡と映画史における役割を辿る。デニス・ホッパーの大ファンだったニック・エベリング監督が、1970年代初頭から約40年にわたりホッパーの右腕だったサティヤ・デ・ラ・マニトウをはじめ家族や友人・知人らによる数々の証言や、自ら集めた未公開映像をもとに構成。

監督
ニック・エベリング
出演キャスト
デニス・ホッパー サティヤ・デ・ラ・マニトウ デヴィッド・ホッパー ステラ・ガルシア
2011年

ミラル

  • 2011年8月6日(土)
  • 監督

カンヌ国際映画祭監督賞など数々の賞に輝いた「潜水服は蝶の夢を見る」で世界的に評価されたジュリアン・シュナーベル監督によるヒューマンドラマ。パレスチナの孤児のための学校で育った少女の生き方を通して、パレスチナ問題を描く。出演は「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント、「扉をたたく人」のヒアム・アッバス。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
フリーダ・ピント ヒアム・アッバス ウィレム・デフォー ヴァネッサ・レッドグレイヴ
2010年

バスキアのすべて

  • 2010年12月18日(土)
  • 出演

88年に27歳の若さで亡くなった天才画家ジャン=ミシェル・バスキア。80年代のニューヨークのアートシーンを駆け抜けたバスキアが25歳の時に撮影された貴重なインタビュー映像を軸に、アンディ・ウォーホルら数々の友人たちの証言も交え、その栄光と挫折を描くドキュメンタリー。監督は彼の友人でもあったタムラ・デイビス。

監督
タムラ・デイヴィス
出演キャスト
ジャン=ミシェル・バスキア ジュリアン・シュナーベル ファブ・5・フレディ
2008年

ルー・リード ベルリン

  • 2008年9月27日(土)
  • 監督、セット・デザイン

記念碑的なライブに臨んだルー・リードの歌と演奏を臨場感たっぷりに映し出したドキュメンタリー。監督は「潜水服は蝶の夢を見る」で絶賛を浴びたジュリアン・シュナーベル。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ルー・リード スティーブ・ハンター フェルナンド・ソーンダース トニー・“サンダー”・スミス

潜水服は蝶の夢を見る

  • 2008年2月9日(土)
  • 監督、タイトル&クレジットデザイン

順風満帆な人生から一転、身体の自由を失った男が、唯一動く左目の瞬きだけで自伝を書き上げた奇跡の実話を映画化。「ミュンヘン」のM・アマルリックが難役の主人公を熱演。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
マチュー・アマルリック エマニュエル・セニエ マリー=ジョゼ・クローズ アンヌ・コンシニ
2007年

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー

  • 2007年6月2日(土)
  • 出演(※本人出演 役)

独特なフォルムのデザインで知られる建築家、フランク・ゲーリー。ある建造物の製作過程や友人の証言を通し、そのたぐいまれなセンスの源に肉迫するドキュメンタリー。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
フランク・O・ゲーリー シドニー・ポラック デニス・ホッパー ジュリアン・シュナーベル
2001年

夜になるまえに

  • 2001年9月22日(土)
  • 監督、脚本

現代ラテン文学を代表する作家レイナルド・アレナスが、死を前につづった同名自伝を映画化。数奇な運命を背負った作家の波乱に満ちた人生を、ドラマティックに描き出す。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ハビエル・バルデム オリヴィエ・マルティネス アンドレア・ディ・ステファノ ジョニー・デップ
1997年

バスキア

  • 1997年6月7日(土)
  • 監督、脚本

多くの人に愛されながら、27歳の若さで他界した天才画家ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を、彼が駆け抜けた80年代のホットなNYアートシーンを背景に描いた伝記映画。レヒ・マジュースキーの原案にマイケル・トーマス・ホールマンが手を加え、バスキアの親友で、本作が初の映画となるアート界のスター、ジュリアン・シュナーベルの監督・脚本で映画化。製作は「デッドマン・ウォーキング」のジョン・キリク、「ザ・ファーム/法律事務所」のランディ・オストロウ、「水曜日に抱かれる女」のジョニー・サイヴァッソン。製作総指揮はピーター・ブラント、ジョゼフ・アレン、ミチヨ・ヨシザキ。撮影はロン・フォーチュナト、音楽はジョン・ケイルがスコアを書き、彼やデイヴィッド・ボウイ、PIL、PJ・ハーヴェイ、ローリング・ストーンズ、ブライアン・イーノ、ポーグスら多彩な楽曲全35曲を挿入歌として使用。美術はダン・リー、編集はマイケル・ベレンボウム、衣裳はジョン・ダンが担当。出演は、バスキア役に舞台出身でこれが初の映画主演作となるジェフリー・ライト。ほかにロック歌手で「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」のデイヴィッド・ボウイ、「フランキー・ザ・フライ」のデニス・ホッパー、「スカーレット・レター」のゲイリー・オールドマン、「ラストマン・スタンディング」のクリストファー・ウォーケン、「イングリッシュ・ペイシェント」のウィレム・デフォー、「ネゴシエーター」のマイケル・ウィンコット、「ザ・ファン」のベニチオ・デル・トロ、「ザ・ロック」のクレア・フォーラニ、「フラート」のパーカー・ポージーとエリナ・レーヴェンソン、「がんばれ!ベアーズ」のテイタム・オニール、「フィーリング・ミネソタ」のコートニー・ラヴほか、豪華キャストが共演。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ジェフリー・ライト マイケル・ウィンコット ベニチオ・デル・トロ クレア・フォラーニ

関連ニュース

『永遠の門 ゴッホの見た未来』より、ジュリアン・シュナーベル監督(右)と主演のウィレム・デフォー(左)にインタビュー
“ゴッホ”俳優ウィレム・デフォーに聞く『永遠の門』の秘話!「すばらしい師に恵まれた」 11月10日 16:00

日本で最も愛されている画家の一人、フィンセント・ファン・ゴッホ。『永遠の門 ゴッホの見た未来』(公開中)は、孤独な彼の晩年を通して“アート”そのものに迫った力作だ。本作でヴェネツィア国際映画祭・男優賞を受賞し、アカデミー…

美しい自然を全身で体感するゴッホ(『永遠の門 ゴッホの見た未来』)
アートの秋!映画から展覧会まで…深淵なる“ゴッホ”の世界に浸ってみる?<写真35点> 10月28日 18:00

『バスキア』(96)、『潜水服は蝶の夢を見る』(07)などのジュリアン・シュナーベルが監督・脚本を手掛ける『永遠の門 ゴッホの見た未来』が11月8日(金)より公開され、東京・上野の森美術館では「ゴッホ展」が開催中。そのほ…

『永遠の門 ゴッホの見た未来』のジャパンプレミアが開催!
『永遠の門』ジャパンプレミアが開催!シュナーベル監督がリリー・フランキーに「『万引き家族』はすばらしかった!」 9月30日 15:00

美術史上最も重要かつ人気の高い画家の一人、フィンセント・ファン・ゴッホ。生前に一枚しか絵が売れなかったというゴッホが、絵を描くことに真摯に向き合う姿を描いた『永遠の門 ゴッホの見た未来』(11月8日公開)のジャパンプレミ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュリアン・シュナーベル