映画-Movie Walker > 人物を探す > クリストファー・メローニ

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2017年 まで合計6映画作品)

2017年

マローダーズ/襲撃者

  • 2017年6月24日(土)公開
  • 出演(Montgomery 役)

「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス主演のクライムアクション。銀行強盗が発生し、FBI捜査官モンゴメリーが駆けつける。さらに他の銀行でも強盗事件があり、両現場から同一人物の指紋が採取される。しかし、その人物はすでに命を落としていた。出演は、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのデイヴ・バウティスタ、「マン・オブ・スティール」のクリストファー・メローニ、「プラダを着た悪魔」のエイドリアン・グレニアー。監督は、「エクストラクション」のスティーヴン・C・ミラー。

監督
スティーヴン・C・ミラー
出演キャスト
ブルース・ウィリス クリストファー・メローニ デイヴ・バウティスタ エイドリアン・グレニアー

リベンジ・リスト

  • 2017年6月17日(土)公開
  • 出演(デニス 役)

ジョン・トラボルタが元特殊工作員を演じるアクション。目の前で強盗に妻を殺害された中年男スタンリー。容疑者は捕まるが悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。妻を守れなかった己の無力さへの怒りが男の過去を呼び覚まし、壮絶な復讐劇が始まる。共演は「42 世界を変えた男」のクリストファー・メローニ、「小さな村の小さなダンサー」のアマンダ・シュル、「きっと、星のせいじゃない。」のサム・トラメル、『ブルーラグーン 恋の目覚め』のパトリック・セント・エスプリト、「ロード・オブ・ドッグ・タウン」のレベッカ・デモーネイ。監督は「イレイザー」「スコーピオン・キング」のチャック・ラッセル」。撮影を「パルプ・フィクション」のアンジェイ・セクラが手がける。

監督
チャック・ラッセル
出演キャスト
ジョン・トラボルタ クリストファー・メローニ アマンダ・シュル サム・トラメル
2010年

フェーズ6

  • 2010年4月24日(土)公開
  • 出演(フランク 役)

致死率100%のウィルスに侵された世界で、生き残った若者たちの狂気を描くパニック・スリラー。主演は「スター・トレック」で主人公カークを演じたクリス・パイン。

監督
アレックス・パストール デヴィッド・パストール
出演キャスト
クリス・パイン ルー・テイラー・プッチ パイパー・ペラーボ エミリー・ヴァンキャンプ
2008年

最後の初恋

  • 2008年9月27日(土)公開
  • 出演(ジャック・ウィリス 役)

リチャード・ギア&ダイアン・レイン共演のラブ・ストーリー。海辺に建つロッジで出会った中年男女が、共に家庭を持つ身でありながらも惹かれ合う姿を、切なくも力強く映し出す。

監督
ジョージ・C・ウルフ
出演キャスト
リチャード・ギア ダイアン・レイン スコット・グレン クリストファー・メローニ
1999年

プリティ・ブライド

  • 1999年10月23日(土)公開
  • 出演(Bob 役)

結婚式をドタキャンばかりする女性と、彼女を取材にきたジャーナリストのラブコメディ。監督は「25年目のキス」のゲーリー・マーシャル。脚本は「スリーメン&リトルレディ」のサラ・パリオツトとジョサン・マクギボンのコンビ。製作はテッド・フィールド、「リアル・ブロンド」のトム・ローゼンバーグ、スコット・クローブ、ロバート・コート。製作総指揮は「フェニックス」のテッド・ターナバウム、「おかしな二人2」のデヴィッド・メイデン、「真実の行方」のゲーリー・ルケッシー。撮影は「ある貴婦人の肖像」のスチュワート・ドライバーグ。音楽は「ダイヤルM」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「アイス・ストーム」のマーク・フリードバーグ。編集は「カーラの結婚宣言」のブルース・グリーン。衣裳は「ユー・ガット・メール」のアルバート・ウォルスキー。主演は「ノッティングヒルの恋人」のジュリア。ロバーツ、「北京のふたり」のリチャード・ギア。共演は「イン&アウト」のジョーン・キューザック、「乱気流 タービュランス」のヘクター・エリゾンドのほか。

監督
ゲイリー・マーシャル
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ リチャード・ギア ジョーン・キューザック ヘクター・エリゾンド
1997年

バウンド

  • 1997年7月5日(土)公開
  • 出演(Johnnie Marzzone 役)

マフィアの金を奪って逃走せんとする2人の女の姿を描いたクライム・サスペンス。「暗殺者」「アンフォゲタブル」の脚本を手掛けたラリー(65年生まれ)とアンディ(68年生まれ)のウォシャウスキー兄弟が初監督と脚本、製作総指揮を兼ねた第1回作品で、ひねりの効いた脚本とユニークな人物設定、斬新な映像・音響設計など才気あふれるところを見せる。製作はアンドリュー・ラザーとスチュアート・ボロス、撮影は「クルーレス」のビル・ポープ、音楽はドン・デイヴィス、プロダクション・デザインはイヴ・コーリー、美術監督はロバート・ゴールドスタインとアンドレア・ドパソ、編集はザック・スタンバーグ、黒を基調にした衣裳は「プリシラ」のリジー・ガーディナーが担当。主演は「ライアーライアー」のジェニファー・ティリー、「ショーガール」のジーナ・ガーション、「悪魔たち、天使たち」のジョー・パントリアーノ。共演は「ホワイト・サンズ」のジョン・P・ライアン、「12モンキーズ」のクリストファー・メローニ、「クロッシング・ガード」などで俳優としても活躍する映画監督のリチャード・C・サラフィアンほか。97年ポルト国際映画祭グランプリ、主演女優賞(ジェニファー・ティリー)受賞。

監督
アンディ・ウォシャウスキー ラリー・ウォシャウスキー
出演キャスト
ジェニファー・ティリー ジーナ・ガーション ジョー・パントリアーノ ジョン・P・ライアン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クリストファー・メローニ