映画-Movie Walker > 人物を探す > ロー・ケリー

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1938年 まで合計9映画作品)

1938年

熱砂大陸横断

  • 1938年公開
  • 出演(Fred_Greeley 役)

「暁の警備隊」「Gメンの逆襲」のバック・ジョーンズが主演する西部劇映画。モンロー・シャフが脚本を書下ろし、ワーナー・ブラザースで永らく助演を勤めていたドリュー・エバースンが監督にあたり、西部劇キャメラマンのアレン・Q・トンプソンが撮影した。助演はマージョリー・レイノルズ、「高圧線」「夜間裁判」のカーライル・ムーア、マトスン・ウィリアムス、ウィリアム・アーノルド、パッド・オスボーン等である。

監督
ドリュー・エバースン
出演キャスト
バック・ジョーンズ マージョリー・レイノルズ カーライル・ムーア マトスン・ウィリアムス
1936年

結婚劇場

  • 1936年公開
  • 出演(Counterman 役)

最近ニューヨーク劇団でヒットした新人女優ドリス・ノーランが主演する映画で、「女学生大行進」「フロリダ超特急」のラルフ・マーフィーが監督に当たったもの。原作はM・コーツ・ウェブスターが書き、「旋律の殺人」「ダイヤモンド・ジム」に協力したハリー・クロークが脚色している。助演者は「五ツ児誕生」「テンプルの福の神」のマイケル・ウェーレン、「宝島(1934)」のチャールズ・チック・セール、「台風」のスキーツ・ギャラガー、「白衣の天使」のナイジェル・ブルース、「ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス」のクリフ・エドワーズ、一時スターだったペギー・シャノンその他で、「結婚設計図」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影した。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
ドリス・ノーラン マイケル・ウェーレン マージョリー・ゲイトソン Gerald Oliver Smith
1935年

南瓜サラリーマン

  • 1935年公開
  • 出演(Adolph_Berg 役)

「南瓜とお姫様」「南瓜大当たり」のW・C・フィールズが主演する映画で、チャールズ・ボーグルとサム・ハーディが協力して書き卸し、「三角の月」のレイ・ハリスがサム・ハーディと共同脚色し、「ロイドの活動狂」「足が第一」のクライド・ブラックマンが監督に当たり、「銀鼠流線型」のアルフレッド・ギルクスが撮影した。助演者は「月の宮殿」「嫌疑者」のメアリー・ブライアンを始め、「南瓜大当たり」のキャスリーン・ハワード、「昨日」のグレイディ・サットン、「三日姫君」のルシアン・リトルフィールドその他である。

監督
クライド・ブラックマン
出演キャスト
W・C・フィールズ メアリー・ブライアン キャスリーン・ハワード グレイディ・サットン
1933年

地獄に笑う者

  • 1933年公開
  • 出演(Milaway 役)

「人生の乞食」の原作者ジム・タリーの近作小説を映画化したもので、「聖ジョンソン」「監視装甲車」と同じくトム・リードが脚色、エドワード・L・カーンが監督に当たった。出演者は「大空の闘士」「死の航空路」のパット・オブライエン、「大空の闘士」「全米軍」のグロリア・スチュアート、「鉄血士官校」のトム・ブラウン、「ブロードウェイ(1929)」「全米軍」のマーナ・ケネディ、「暴君ネロ(1932)」のトミー・コンロン、アーサー・ヴィンスン、クラレンス・ミューズ、ダグラス・ダンプリル、バートン・チャーチル等でキャメラはジョン・ステューマーの担任である。

監督
エドワード・L・カーン
出演キャスト
パット・オブライエン トミー・コンロン マーナ・ケネディ グロリア・スチュアート

森の男(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Matt_Hawkins 役)

「白馬王国」「砂漠の遺産」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリイ・ハサウェイ監督、ランドルフ・スコット主演になる西部劇で、脚色には上記2映画のハロルド・シューメイトと「幽霊牧場(1933)」「荒原の覇者」のジャック・カニンガムとが共同して当たり、撮影はベン・F・レイノルズが担任している。助演者は「競馬天国」「幽霊牧場(1933)」のヴァーナ・ヒリー、「カンターの闘牛師」「アリゾナ・ギャング」のノア・ビアリー、「密林の王者」のバスター・クラブ、「聖ジョンソン」のハリー・ケイリー、「砂漠の遺産」のグィン・ウィリアムス及びヴィンス・バーネットの面々である。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ランドルフ・スコット ヴァーナ・ヒリー ハリー・ケイリー ノア・ビアリー
1932年

歓呼の涯

  • 1932年公開
  • 出演(Coroner 役)

「鉄壁の男」に次ぐジョージ・バンクロスト主演映画。「タッチダウン」「腕白大将」のウィリアム・スレイヴンス・マクナットとグローヴァ・ジョーンズがストーリーを組み立て脚本を作製、「空の花嫁」スレィーブン・ロバーツがメガホンを執り、「めくらの鼠」のハリー・フィッユベックが撮影したもので助演者は「明暗二人女」「鉄窓と花束」のウィン・ギブソン、「空の花嫁」「極北の嵐」のチャールズ・スターレット、ジェームズ・グリースン、ジョン・ウェイン、モーガン・ウォーレス等である。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト ウィン・ギブソン チャールズ・スターレット ジェームズ・グリースン

ミラクルマン(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Parker 役)

かつてサイレント時代にも映画化されたことがあり、またジョージ・M・コーアンが舞台に上映して好評を博したことのあるフランク・L・パッカードおよびロバート・H・デビィス合作の物語を再び映画化したもので、「少年時代」「戦争」のウォルデマー・ヤングが脚色の筆をとり、同人と「アメリカの悲劇」「激流を横切る女」のサミュエル・ホッフェンシュタインが台詞を書き、「タッチダウン」「いんちき商売」のノーマン・Z・マクロードが監督にあたった。主なる出演者は「鉄窓と花束」「女学生の日記」のシルヴィア・シドニー、「海賊(1931)」「ビッグ・ハウス」のチェスター・モリス、「時計の殺人」「アメリカの悲劇」のアーヴィング・ピチュル、「西部戦線異常なし」のジョン・レイ、「スーキー」のロバート・クーガン、「フランケンシュタイン(1931)」のポリス・カーロフ、「燃ゆる海原」「大飛行船」のホバート・ボスウォース、「海の巨人(1930)」のロイド・ヒューズ、等でキャメラは「腕白大将」「鉄壁の男」のデイヴィッド・エーベルが担任。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
シルヴィア・シドニー チェスター・モリス アーヴィング・ピチェル ジョン・レイ
1931年

楽園の大河

  • 1931年公開
  • 出演(Andy 役)

「新聞街の殺人」「蹴球大学」のルー・エイヤースが主演する映画で、原作はベン・ルシアン・バーマンの筆になる小説、それを新人レイ・ドリルが映画脚本に改作し、台詞をつけ「蹴球大学]「ビッグ・マネー」のラッセル・マックが監督に当たったもの、助演者は「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のアニタ、ルイズ、「赤新聞」「悪魔が跳び出す」のハリー・ベレスフォード、「陽炎の春」「陽気な中尉さん」のエリザベス・パターソン、「禁酒天国」「掠奪者」のスリム・サマーヴィル、アルフ・P・ジェームズなどでカメラは「仮の塒」のチャールズ・スチュマーが担任。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
ルー・エイヤース アニタ・ルイズ ハリー・ベレスフォード エリザベス・パターソン
1929年

がらくた宝島

  • 1929年公開
  • 出演(Harrison 役)

舞台劇に脚色して好評を博したハッチンスン・ボイド氏の小説をアーサー・リップリー氏、エワート・アダムソン両氏が映画劇に改作脚色し「与太奮戦記」「紅白乱舞」のデル・ロード氏が監督したもので主演者は「ブロードウェイ(1929)」「都会の哀愁」のグレン・トライオン氏「サーカス」「ブロードウェイ」のマーナ・ケネディ嬢の2人で、他に「夢の港」のオーティス・ハーラン氏、ベージル・ラッドフォード氏、クラレンス・バートン氏その他が助演している。カメラはジュリー・アッシュ氏が担任。

監督
デル・ロード
出演キャスト
グレン・トライオン マーナ・ケネディ オーティス・ハーラン ベイジル・ラドフォード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロー・ケリー