映画-Movie Walker > 人物を探す > ブランドン・アダムス

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2009年 まで合計3映画作品)

2009年

ムーンウォーカー

  • 2009年11月7日(土)公開
  • 出演(Geek 役)

マイケル・ジャクソンが主演のみならず、原案・製作総指揮も務めたミュージカル映画。世界征服を企む悪者に立ち向かうマイケルの姿を、彼のパフォーマンス映像を交えながら描く。1988年に公開された映画をデジタル版として2009年に再公開。

監督
ジェリー・クレイマー コリン・チルヴァース
出演キャスト
マイケル・ジャクソン ショーン・レノン ケリー・パーカー ブランドン・アダムス
1995年

D2 マイティ・ダック

  • 1995年1月21日(土)公開
  • 出演(Jesse 役)

落ちこぼれ少年アイスホッケー・チームとその熱血コーチの成長と触れ合いをを描いたスポ根コメディ「飛べないアヒル」(D1)の続編。今度は少年たちのチーム“ダックス”が、世界選手権に挑む。監督は『ファミリー・タイズ』『L.A.ロー/七人の弁護士』『こちらブルームーン探偵社』などのテレビドラマや舞台で鳴らしたサム・ワイスマンに交代。キャラクター原案・脚本は、前作に続きスティーヴン・ブリル。製作は前作「飛べないアヒル」「三銃士(1993)」のジョーダン・カーナーとジョン・アヴネット。撮影はデイヴィッド・クローネンバーグ作品で知られ、ホッケー映画「栄光のエンブレム」や「ロボコップ2」なども手がけたマーク・アーウィン。音楽は、スコアをTVを中心に活躍するJ・A・C・レッドフォードが書き、クイーンの挿入曲『伝説のチャンピオン』『ウィー・ウィル・ロック・ユー』がドラマを盛り上げる。前作に続きキャリア30年のジャック・ホワイトがホッケー指導を担当。コーチ役を再び演じるのは「張り込みプラス」「ジャッジメント・ナイト」のエミリオ・エステヴェス。共演は「カイロの紫のバラ」のマイケル・タッカー、「刑事ジョン・ブック 目撃者」のヤン・ロービッシュ、そして全米とカナダから集められた子役スターたちと、前作のキャストが再結集。

監督
サム・ワイスマン
出演キャスト
エミリオ・エステヴェス マイケル・タッカー キャスリン・アープ ヤン・ルーブス
1992年

壁の中に誰かがいる

  • 1992年4月11日(土)公開
  • 出演(Fool 役)

からくり館に足を踏み入れたひとりの黒人少年が体験する恐怖を描くホラー映画。監督・脚本は「エルム街の悪夢」のウェス・クレイヴン、製作はマリアンヌ・マダレーナとスチュアート・M・ベッサー、エグゼクティヴ・プロデューサーはクレイヴンとシェップ・ゴードン、撮影はサンディ・シセル、音楽はドン・ピークが担当。

監督
ウェス・クレイヴン
出演キャスト
ブランドン・アダムス エヴァレット・マクギル ウェンディ・ロビー A・J・ランガー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブランドン・アダムス