映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュリア・スタイルズ

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2016年 まで合計9映画作品)

2016年

ジェイソン・ボーン

  • 2016年10月7日(金)公開
  • 出演(Nicky Parsons 役)

マット・デイモンが最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンを演じたシリーズ前3作の流れを継ぐサスペンスアクション。すべての記憶を取り戻したはずのボーンが、自身の家族を巡る謎や、新たな敵に挑む姿を描く。トミー・リー・ジョーンズらが新たに加わり、シリーズ2作を手がけたポール・グリーングラスが監督を務める。

監督
ポール・グリーングラス
出演キャスト
マット・デイモン ジュリア・スタイルズ アリシア・ヴィキャンデル ヴァンサン・カッセル
2013年

世界にひとつのプレイブック

  • 2013年2月22日(金)公開
  • 出演(ヴェロニカ 役)

心に傷を抱えた男女が立ち直るため、ダンスコンテストに出場する姿をつづるハートフル・ムービー。シリアスなテーマに笑いを織り交ぜた作風が高い評価を得て、トロント国際映画祭で最高賞に当たる観客賞を受賞した。ブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンスというハリウッドの注目株の共演が見ものだ。

監督
デイヴィッド・O・ラッセル
出演キャスト
ブラッドリー・クーパー ジェニファー・ローレンス ロバート・デ・ニーロ クリス・タッカー
2007年

ボーン・アルティメイタム

  • 2007年11月10日(土)公開
  • 出演(ニッキ・パソンズCIAマドリッド支局長 役)

記憶を失い、CIAから危険人物として追われる暗殺者、ボーンの復讐を描く3部作の完結編。「オーシャンズ13」のマット・デイモンが、スピード感あふれるアクションを披露。

監督
ポール・グリーングラス
出演キャスト
マット・デイモン ジュリア・スタイルズ デイヴィッド・ストラザーン スコット・グレン
2006年

オーメン

  • 2006年6月6日(火)公開
  • 出演(ケイト・ソーン 役)

「エクソシスト」と共に1970年代を代表する名作ホラーを完全リメイク。体のどこかに“666”という不吉な数字が刻まれた悪魔の子ダミアンがもたらす惨劇を描く。

監督
ジョン・ムーア
出演キャスト
リーヴ・シュレイバー ジュリア・スタイルズ ミア・ファロー デイヴィッド・シューリス
2005年

ボーン・スプレマシー

  • 2005年2月11日(金)公開
  • 出演(ニッキー 役)

マット・デイモン主演の大ヒット・スパイ・サスペンスの続編。恋人を殺され、CIAの陰謀に巻き込まれた元工作員が、追われる者から追う者へと転じ、し烈な闘いを展開する。

監督
ポール・グリーングラス
出演キャスト
マット・デイモン フランカ・ポテンテ ブライアン・コックス ジュリア・スタイルズ
2004年

モナリザ・スマイル

  • 2004年8月7日(土)公開
  • 出演(Joan Brandwyn 役)

ジュリア・ロバーツ主演の感動作。'50年代の名門女子大学を舞台に、保守的な生徒たちが、自由な精神をもつ女性教師と出会い成長していく。若手女優の共演にも注目!

監督
マイク・ニューウェル
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ キルスティン・ダンスト ジュリア・スタイルズ マギー・ギレンホール
2001年

O(オー)(2001)

  • 2001年12月22日(土)公開
  • 出演(Desi Brable 役)

シェイクスピアの悲劇『オセロー』をもとに、若者の“嫉妬”や“裏切り”を通じて、アメリカの病理を鋭く抉り出す異色の学園ドラマ。ジョシュ・ハートネットが、イアーゴーを思わせる暗い情熱を秘めた青年を演じる。監督は、「オー・ブラザー!」でコミカル演技をみせたティム・ブレイク・ネルソン。

監督
ティム・ブレイク・ネルソン
出演キャスト
ジョシュ・ハートネット ジュリア・スタイルズ メキー・ファイファー レイン・フェニックス

セイブ・ザ・ラストダンス

  • 2001年8月11日(土)公開
  • 出演(Sara 役)

バレリーナを目指す女性の夢と恋を、ヒップホップ音楽をモチーフに描く青春ドラマ。一度はあきらめた夢に向かって、恋人との二人三脚で挑む姿がさわやかな感動を呼ぶ。

監督
トーマス・カーター
出演キャスト
ジュリア・スタイルズ ショーン・パトリック・トーマス ケリー・ワシントン フレドロ・スター
1997年

デビル(1997)

  • 1997年4月5日(土)公開
  • 出演(Bridget O'Meara 役)

IRAの闘士とアイリッシュ系アメリカ人警官の運命的な対決を描いた、サスペンス・アクション調の人間ドラマ。新旧2大スターの共演と重厚かつ的確な演出が魅惑的。監督は「大統領の陰謀」「ペリカン文書」のアラン・J・パクラ。脚本はケヴィン・ジャールの原案を基に、ジャールと「雲の中で散歩」のロバート・マーク・ケイメンが執筆したオリジナル。製作は「ダイ・ハード」シリーズのローレンス・ゴードンと、ロバート・F・コールズベリーの共同。製作総指揮はロイド・レヴィンとドナルド・レヴェンサル。撮影は「コールガール」「推定無罪」などでパクラと組んでいるゴードン・ウィリス、音楽は「身代金」のジェームズ・ホーナー、美術は「訣別の街」に続いて全編NYロケ作品となるジェーン・マスキー。編集は「ペリカン文書」「ヒート」のトム・ロルフとデニス・ヴァークラー。主演は「サブリナ」のハリソン・フォードと「12モンキーズ」のブラッド・ピット。共演は「インデペンデンス・デイ」のマーガレット・コリン、サルサ・ミュージシャンで「プレデター2」など映画出演作も多いルーベン・ブレイズ、「デンバーに死す時」のトリート・ウィリアムズ、パクラとは「スニーカーズ」「失踪」でも組んだジョージ・ハーン、「モンテ・ウォルシュ」のミッチェル・ライアン、「サバイビング ピカソ」のナターシャ・マケルホーン、アイルランド映画界で活躍し、これが米国デビュー作のポール・ローナンほか。

監督
アラン・J・パクラ
出演キャスト
ハリソン・フォード ブラッド・ピット マーガレット・コリン ルーベン・ブラデス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュリア・スタイルズ