TOP > 人物を探す > ノエミ・ルボフスキー

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2017年 まで合計5映画作品)

2017年

ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜

  • 2017年1月21日(土)
  • 出演

「最強のふたり」のオマール・シーとチャップリンの実孫ジェームス・ティエレが20世紀初頭に実在した芸人コンビを演じる人間ドラマ。フランス北部のサーカスで白人芸人フティットと黒人芸人カナンガはコンビを組み、人気を博す。その噂はパリまで届き……。監督は、「デイズ・オブ・グローリー」でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した俳優ロシュディ・ゼム。

監督
ロシュディ・ゼム
出演キャスト
オマール・シー ジェームス・ティエレ クロティルド・エスム オリヴィエ・グルメ
2015年

パリ3区の遺産相続人

  • 2015年11月14日(土)
  • 出演(フローレンス・ホロウィッツ医師 役)

「ラストベガス」のケヴィン・クライン&「ハリー・ポッター」シリーズのマギー・スミス&「サラの鍵」のクリスティン・スコット・トーマス共演のドラマ。父の遺産であるアパルトマン売却のためにパリを訪れた中年男性が、思わぬ出会いをきっかけに人生を見つめ直す。「いちご白書」の脚本家イスラエル・ホロヴィッツの初監督作品。

監督
イスラエル・ホロヴィッツ
出演キャスト
ケヴィン・クライン マギー・スミス クリスティン・スコット・トーマス ドミニク・ピノン
2012年

マリー・アントワネットに別れをつげて

  • 2012年12月15日(土)
  • 出演(カンパン夫人 役)

フランス革命が勃発し、揺れるベルサイユ宮殿内で、身代わりでギロチン刑を受けるように命ぜられた、宮廷朗読係の少女の運命を描く、衝撃の物語。原作はフランスで最も権威あるフェミナ賞に輝いた、シャンタル・トマのベストセラー小説。マリー・アントワネットを演じるのは『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
レア・セドゥ ダイアン・クルーガー ヴィルジニー・ルドワイヤン グザヴィエ・ボーヴォワ

メゾン ある娼館の記憶

  • 2012年6月2日(土)
  • 出演

暴力や病気と常に隣り合わせの、儚く過酷な運命を生きる娼婦たち。高級娼婦の彼女たちが見せる様々な表情を、見事な映像美で描いた群像劇。監督は、「ティレジア」に続き、本作でもカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出されたベルトラン・ボネロ。クラシックの音楽家という一面も持つボネロ監督は、光と音楽を緻密に配置した絵画を思わせる芸術的映像で、20世紀初頭パリの優雅でデカダンスな娼館を美しく再現する。R18相等。『未体験ゾーンの映画たち』の一作として、ヒューマントラストシネマ渋谷より上映された。

監督
ベルトラン・ボネロ
出演キャスト
ノエミ・ルボフスキー アフシア・エルジ セリーヌ・サレット ジャスミン・トリンカ
1997年

魂を救え!

  • 1997年11月8日(土)
  • 脚本

ドイツとフランスの国境間で起きた不条理な荷物検査から1人の若者が大きな政治的な陰謀に巻き込まれて行くサスペンス。監督は「そして僕は恋をする」のアルノー・デプレシャン、脚本はデプレシャン、「二十歳の死」(脚本協力)のパスカル・フェラン、ノエミ・ルヴォフスキー、エマニュエル・サランジェ、撮影は「パリでかくれんぼ」のカロリーヌ・シャンプティエ。音楽はマルク・ソメール、美術のアントワーヌ・プラトー、編集のフランソワ・ジェディジエはデプレシャンの全作に参加する常連。衣裳はヴァレリー・ポッゾ・ディ・ボルゴ。主演は「二十歳の死」のエマニュエル・サランジェ。共演は「見憶えのある他人」のマリアンヌ・ドゥニクールほか。

監督
アルノー・デプレシャン
出演キャスト
エマニュエル・サランジェ ティボール・ド・モンタレンベール ジャン・ルイ・リシャール ヴァレリー・ドレヴィル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ノエミ・ルボフスキー

ムービーウォーカー 上へ戻る