映画-Movie Walker > 人物を探す > マチュー・アマルリック

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2019年 まで合計24映画作品)

2019年

永遠の門 ゴッホの見た未来

  • 2019年11月8日(金)公開予定
  • 出演(Dr. Paul Gachet 役)

ウィレム・デフォー主演で孤独の中に生きた孤高の画家ゴッホの苦悩と波乱の人生を描出

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ウィレム・デフォー オスカー・アイザック マッツ・ミケルセン マチュー・アマルリック

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本国フランスで大ヒットを記録した、コミカルなテイストの人間ドラマ。家庭や仕事などにトラブルを抱える8人のおじさんたちが男子シンクロナイズド・スイミングで世界選手権の金メダルを目指し、奮闘する。スウェーデンに存在するチームをモデルに、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが初の単独監督を務めた。

監督
ジル・ルルーシュ
出演キャスト
マチュー・アマルリック ギョーム・カネ ブノワ・ポールヴールド ジャン・ユーグ・アングラード

マチルド、翼を広げ

  • 2019年1月12日(土)公開
  • 出演(マチルドの父 役)

「カミーユ、恋はふたたび」の監督で女優でもあるノエミ・ルヴォウスキーが監督・出演した自伝的ドラマ。9歳のマチルドは変わり者のママにいつも振り回され、友人もできず孤独に過ごしていた。ある日、ママが連れてきたフクロウがマチルドに話しかけてくる。出演は、本作が初演技となるリュス・ロドリゲス、「バルバラ セーヌの黒いバラ」のマチュー・アマルリック。

監督
ノエミ・ルヴォウスキー
出演キャスト
リュス・ロドリゲス ノエミ・ルヴォウスキー マチュー・アマルリック アナイス・ドゥムースティエ
2018年

バルバラ~セーヌの黒いバラ~

  • 2018年11月16日(金)公開
  • 監督、脚本、出演(イヴ・ザンド 役)

1950年代から活躍したフランスの伝説的歌手バルバラを主人公にした映画の製作に情熱を注ぐ主演女優と映画監督の姿を描いたドラマ。バルバラを演じる女優ブリジットと監督のイヴは、それぞれのやり方で謎に満ちたバルバラの生涯に迫っていくが……。主演のジャンヌ・バリバールは、本作でセザール賞主演女優賞を受賞。「ダゲレオタイプの女」のマチュー・アマルリックが監督・脚本・出演の3役を兼任している。

監督
マチュー・アマルリック
出演キャスト
ジャンヌ・バリバール マチュー・アマルリック ヴァンサン・ペイラニ オーロール・クレマン
2016年

皆さま、ごきげんよう

  • 2016年12月17日(土)公開
  • 出演(家を建てる男 役)

「汽車はふたたび故郷へ」のオタール・イオセリアーニ監督が81歳にして紡ぎ出す人間賛歌。現代のパリ。アパートの管理人で武器商人の男と骸骨集めが大好きな人類学者は悪友同士。そんな彼らを取り巻くちょっとユニークな住人たちが、街の緊急事態に立ち上がる。出演は「アメリ」のリュファス、「群盗、第七章」のアミラン・アミナラシヴィリ、「ル・アーヴルの靴みがき」のピエール・エテックス、「グランド・ブダペスト・ホテル」のマチュー・アマルリック、「愛より強い旅」のトニー・ガトリフ。

監督
オタール・イオセリアーニ
出演キャスト
リュファス アミラン・アミナラシヴィリ マチアス・ユング エンリコ・ゲッジ

ダゲレオタイプの女

  • 2016年10月15日(土)公開
  • 出演(ヴァンサン 役)

黒沢清監督が、オールフランスロケ、全編フランス語で撮り上げた人間ドラマ。ダゲレオタイプという世界最古の写真撮影方法に固執する中年写真家と、そのモデルを務める娘、そして彼女に恋心を抱く助手との悲劇的な愛の物語がつづられる。タハール・ラヒム、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリックら実力派が多数共演する。

監督
黒沢清
出演キャスト
タハール・ラヒム コンスタンス・ルソー オリヴィエ・グルメ マチュー・アマルリック
2015年

あの頃エッフェル塔の下で

  • 2015年12月19日(土)公開
  • 出演(ポール・デュタリス(大人) 役)

偽のパスポートをめぐるトラブルを契機に人類学者の脳裏に家族や若き日の旅、初恋といった思い出が色鮮やかに蘇り、人生を追想する人間ドラマ。マチュー・アマルリックが約20年の時を経て「そして僕は恋をする」と同じ役で出演している。監督は「クリスマス・ストーリー」「そして僕は恋をする」のアルノー・デプレシャン。第 68回カンヌ国際映画祭監督週間SACD賞を受賞。

監督
アルノー・デプレシャン
出演キャスト
カンタン・ドルメール ルー・ロワ=ルコリネ マチュー・アマルリック アンドレ・デュソリエ

カミーユ、恋はふたたび

  • 2015年10月31日(土)公開
  • 出演(Le prof de francais sadique 役)

「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」のノエミ・ルヴォウスキーが、監督・脚本・主演を務めるコメディドラマ。25年連れ添った夫から離婚を言い渡された中年女性が、学生時代にタイムスリップし、2度目の青春を謳歌する姿を描く。共演は「ベルサイユの子」のジュディット・シュムラ、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モロー、「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリック、「男性・女性」のジャン=ピエール・レオー。

監督
ノエミ・ルヴォウスキー
出演キャスト
ノエミ・ルヴォウスキー サミール・ゲスミ ジュディット・シュムラ ヨランド・モロー
2014年

毛皮のヴィーナス

  • 2014年12月20日(土)公開
  • 出演(トーマス 役)

鬼才ロマン・ポランスキー監督が自身の妻であるエマニュエル・セニエを主演に起用し、演出家の男が無名の女優に次第に魅了されていくさまを描くサスペンス。“マゾヒズム”の語源となったザッヘル=マゾッホの自伝的小説に着想を得た戯曲を元に、舞台というワンシチュエーションで幻想的な物語がつづられる。

監督
ロマン・ポランスキー
出演キャスト
エマニュエル・セニエ マチュー・アマルリック

グランド・ブダペスト・ホテル

  • 2014年6月6日(金)公開
  • 出演(セルジュ・X 役)

『ムーンライズ・キングダム』の鬼才ウェス・アンダーソン監督によるコメディ。ホテルのコンシェルジュとベルボーイがホテルの威信をかけて、得意客を殺した犯人捜しに挑む姿が描かれる。『ハリー・ポッター』シリーズの名悪役ヴォルデモート役でおなじみのレイフ・ファインズが主人公に扮し、コミカルな演技を披露する。

監督
ウェス・アンダーソン
出演キャスト
レイフ・ファインズ F・マーレイ・エイブラハム マチュー・アマルリック エイドリアン・ブロディ

関連ニュース

天才バイオリニストの叶わなかった恋を描く『チキンとプラム』の本編映像が初公開
天才バイオリニストの叶わなかった恋を描く『チキンとプラム』の本編映像が初公開(2012年10月4日)

自伝的コミックを自ら映画化した『ペルセポリス』(07)で第60回カンヌ国際映画祭審査員賞に輝いたマルジャン・サトラピ。彼女が再び自身のコミック「鶏のプラム煮」を…

セクシー美女の乱舞に圧倒!極彩色の大人の娯楽、ニューバーレスクって?
セクシー美女の乱舞に圧倒!極彩色の大人の娯楽、ニューバーレスクって?(2011年9月20日)

昨年末に公開され、ロングランヒットを記録したクリスティーナ・アギレラ主演の『バーレスク』(10)。きわどい衣装とキラキラした宝石に身を包んだド派手メイクのダンサ…

マチュー・アマルリック監督『さすらいの女神たち』日本公開決定&加瀬亮からコメント到着
マチュー・アマルリック監督『さすらいの女神たち』日本公開決定&加瀬亮からコメント到着(2011年7月7日)

第63回カンヌ国際映画祭で、ケン・ローチ、マイク・リー、アッバス・キアロスタミなどの巨匠監督たちを押さえ、見事に最優秀監督賞を受賞したマチュー・アマルリック監督…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マチュー・アマルリック