映画-Movie Walker > 人物を探す > ベン・スタッセン

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2014年 まで合計9映画作品)

2014年

サミーとシェリー 七つの海の大冒険

  • 2014年10月4日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、脚本

「ナットのスペースアドベンチャー3D」のベン・スタッセン監督によるベルギー産アニメ。初恋の相手を捜し求めて世界の海を冒険するウミガメの姿を描く。日本語吹替え版のボイスキャストは「劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女」の羽多野渉、柿原徹也、「鷹の爪GO 美しきエリエール消臭プラス」の鈴木あきえ、「魔女の宅急便(2014)」のLiLiCo、「劇場版プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン」の伊藤かな恵、芹澤優。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
羽多野渉 鈴木あきえ LiLiCo 柿原徹也
2009年

ナットのスペースアドベンチャー3D

  • 2009年3月28日(土)公開
  • 監督

本国ベルギーをはじめ、世界16か国以上で公開され大ヒットを記録したCGアニメ。宇宙に飛び出したハエの子供たちの愉快でスリル満点な冒険を驚愕の立体映像で描き出す。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
トレヴァー・ガニョン フィリップ・ダニエル・ボールデン デヴィッド・ゴア ケリー・リパ
2006年

ワイルドサファリ

  • 2006年4月10日(月)公開
  • 監督、製作、脚本

動物学者リーゼル・ヘーゲルバーガーの案内で、アフリカに生息する動物たちの生態をカメラに収めた3Dドキュメンタリー。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
リーゼル・ヘーゲルバーガー
2003年

向井千秋のSOSプラネット

  • 2003年10月4日(土)公開
  • 監督、脚本、エグゼクティブプロデューサー

ジャイアントスクリーンによる3D映像で、地球の大自然がリアルに再現され、地球温暖化、海洋生態系の破壊などが分かりやすく語られる環境ドキュメンタリー。監督は、世界のアミューズメント3D映画の7割近くを手がけるキャリアを持つベン・スタッセン。宇宙飛行士で医師でもある向井千秋氏が、日本語版ナレーションを担当している。

監督
ベン・スタッセン

ホーンテッド・キャッスル

  • 2003年3月15日(土)公開
  • 監督、製作総指揮、脚本

巨大立体映像を駆使したIMAX 3D初の本格ホラー。人里はなれた不気味な古城を訪れたミュージシャンの青年が、つぎつぎと起こる奇怪な現象に巻き込まれていく。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
ジャスパー・ステヴァーリング キョーコ・バートソーン ハリー・シェアラー
2000年

エイリアン・アドベンチャー

  • 2000年7月1日(土)公開
  • 監督、製作総指揮、脚本

植民地を求め地球を訪れた宇宙人が誤って降り立ったアミューズメント・パークで体験する騒動を描くコメディ。アイマックス3D作品。監督は「エンカウンター3D」のベン・スタッセン。日本語吹き替えは神谷明。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
神谷明
1999年

エンカウンター3D

  • 1999年7月3日(土)公開
  • 監督、エクゼクティブ・プロデューサー

世界最先端の映像技術であるデジタル3DとCGI(コンピュータ・グラフィックス・イメージ)が創り出す驚異の世界を、コメディアンを狂言回しにヴァラエティ色豊かに紹介する3D映画。監督・製作総指揮はベン・スタッセン。脚本はカート・フレイ。製作はシャーロット・ヒギンズ。音楽はルイス・ヴィンク。美術はアンソニー・ウェルタ。出演はテレビのコメディアンのスチュアート・パンキン、テレビのホラー映画紹介番組のホストで有名なエルヴァイラほか。日本語版の製作総指揮&吹き替えはお茶の間でおなじみの爆笑問題が担当。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
スチュアート・パンキン カサンドラ・ピーターソン 太田光 田中裕二
1997年

スリング・ブレイド

  • 1997年12月13日(土)公開
  • 脚本

精神病院帰りの知的障害の殺人犯と少年の心の交流を、味わい深いタッチで描いた一編。主演・監督・脚本は、本作でアカデミー脚色賞を受賞して一躍脚光を浴びた『ファミリー 再会のとき』(V)のマルチ・アーティスト、ビリー・ボブ・ソーントン。製作総指揮は本作を製作したザ・シューティング・ギャラリーの設立者(ボブ・ゴッシと共同)でもあるラリー・メイストリッチで、製作は同社に所属する『カフェ・ソサエティ 背徳の群れ』(V)のブランドン・ロッサーと『ニュージャージー・ドライブ』(V)のデイヴィッド・ブッシェルが担当。音楽はミュージシャンでもあるソーントンらしいセンスで、U2、ボブ・ディランなどビッグ・アーティストのプロデュースで名をはせるダニエル・ラノワが起用され、独特の空気感を漂わせた音で聴かせる。共演は「8月のメモワール」のルーカス・ブラック、人気カントリー・ミュージシャンのドワイト・ヨーカム(「ロズウェル」)、「ノース ちいさな旅人」のジョン・リッター、『ブルースが聞こえる』(V)などのナタリー・キャナディ、「エグゼクティブ デシジョン」のJ・T・ウォルシュ、「フェノミナン」のロバート・デュヴァルほか。また、「デッドマン」でソーントンを起用した監督のジム・ジャームッシュがカメオ出演している。97年アカデミー賞脚色賞受賞、主演男優賞ノミネート(ソーントン)。

監督
ビリー・ボブ・ソーントン
出演キャスト
ビリー・ボブ・ソーントン ドワイト・ヨーカム ジェイ・ティー・ウォルシュ ジョン・リッター

スリル・ライド

  • 1997年11月29日(土)公開
  • 監督、脚本

各地のジェットコースター(ライド)を映像で紹介し、観客に体感させる立体大型映像作品。監督は「スペシャル・エフェクト」のCGIを担当した、その第一人者ベン・スタッセン。ラスヴェガスのスタラトスフィアにあるビッグ・ショットや、フロリダ州タンパのブッシュ・ガーデンズにあるクンバ&モンチュのコースターなどが紹介される。同時に、ライドの施設で紹介されるCGI技術のメイキング映像も紹介される。“闇の女王”の異名を持つホラー映画パーソナリティ、エルヴァイラがゲスト出演。

監督
ベン・スタッセン
出演キャスト
山寺宏一 ポール・ハーパー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベン・スタッセン