映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフ・ネイサンソン

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2012年 まで合計9映画作品)

2012年

メン・イン・ブラック3

  • 2012年5月25日(金)公開
  • 脚本

地球に生息する異星人を監視する極秘組織、MIBのエージェントの活躍を描く、ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズ主演のSFアクションの第3弾。何者かによって改変されてしまった歴史を正すため、エージェントJが40年前にタイムスリップし、謎を解き明かそうとする。監督は前2作に引き続き、バリー・ソネンフェルドが務める。

監督
バリー・ソネンフェルド
出演キャスト
ウィル・スミス トミー・リー・ジョーンズ ジョシュ・ブローリン エマ・トンプソン

ペントハウス

  • 2012年2月3日(金)公開
  • 脚本

ベン・スティラーとエディ・マーフィという、ハリウッドを代表する新旧コメディ俳優が初共演を果たしたコメディ。マンハッタンにある最高級マンションを舞台に、大富豪に全財産を騙し取られ、逆境からの復活を狙う人々の奮闘が描かれる。監督は『ラッシュアワー』シリーズのブレット・ラトナー。

監督
ブレット・ラトナー
出演キャスト
ベン・スティラー エディ・マーフィ ケイシー・アフレック アラン・アルダ
2008年

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

  • 2008年6月21日(土)公開
  • ストーリー

映画史上最高のアドベンチャー・シリーズが復活! スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが生み出した、考古学者インディ・ジョーンズが新たな冒険を繰り広げる。

監督
スティーブン・スピルバーグ
出演キャスト
ハリソン・フォード ケイト・ブランシェット カレン・アレン レイ・ウィンストン
2007年

ラッシュアワー3

  • 2007年8月25日(土)公開
  • 脚本

ジャッキー・チェンとクリス・タッカーによるアクション・シリーズ第3弾。今回はパリを舞台に中国人マフィアと激しいバトルを展開する。敵役として真田広之が共演している。

監督
ブレット・ラトナー
出演キャスト
ジャッキー・チェン クリス・タッカー 真田広之 ノエミ・ルノワール
2004年

ターミナル

  • 2004年12月18日(土)公開
  • 脚本

スティーブン・スピルバーグ&トム・ハンクスが3度目のコンビを組んだ話題作。思わぬハプニングから空港に“住む”ことになった男の受難劇を、コミカルかつ感動的に描く。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
トム・ハンクス キャサリン・ゼタ・ジョーンズ スタンリー・トゥッチ チィ・マクブライド
2003年

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

  • 2003年3月21日(金)公開
  • 脚本

スティーブン・スピルバーグ監督×レオナルド・ディカプリオ×トム・ハンクスという夢のトリオで描く青春ドラマ。60年代に実在した天才詐欺師の半生を、コミカルかつドラマチックにつづる。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス クリストファー・ウォーケン マーティン・シーン
2001年

ラッシュアワー2

  • 2001年9月22日(土)公開
  • 脚本

ジャッキー・チェン&クリス・タッカー主演によるサスペンス・アクションの第2弾。香港警察の警部リーとLA市警のカーター刑事がアジア、アメリカをまたにかけて謎の爆破事件に立ち向かう。

監督
ブレット・ラトナー
出演キャスト
ジャッキー・チェン クリス・タッカー チャン・ツィイー ジョン・ローン
2000年

コヨーテ・アグリー

  • 2000年12月9日(土)公開
  • 脚本

 「アルマゲドン」のヒットメーカー、J・ブラッカイマー製作による青春映画。ヒロインの奮闘が、舞台となるクラブの熱気とかみあい、エキサイティングな物語を提供!

監督
デイヴィッド・マクナリー
出演キャスト
パイパー・ペラーボ アダム・ガルシア マリア・ベロ メラニー・リンスキー
1997年

スピード2

  • 1997年8月16日(土)公開
  • 脚本

大ヒットを記録したノンストップ・アクション「スピード」(94)の続編。前作の4倍強の製作費1億4千万ドルを投じ、バス一台だった前作から一転、シージャックされた豪華客船を主な舞台に、陸・海・空の見せ場を満載した巨大スケールのエンターテインメントとなった。監督は前作に続き「ツイスター」のヤン・デ・ボンが当たり、彼と新進脚本家ランドール・マコーミックの原案を基に、マコーミックとジェフ・ネイサンソンが執筆。製作はヤン・デ・ボン、「エクゼクティプ デシジョン」のスティーヴ・ペリー、「マチルダ」のマイケル・ペイサー。撮影は「ツイスター」「目撃」のジャック・N・グリーン、編集はスピルバーグ作品の名編集者マイケル・カーンの助手を長く務め、これが一本立ちとなるアラン・コーディ。音楽は「スピード」「ツイスター」のマーク・マンチーナがスコアを書き、マキシ・プリーストの『夢見るNo.1』、スティングの『見つめていたい』ほかを挿入曲として使用。さらにエンディング・テーマ曲を、アメリカ映画初進出のTKコムロこと小室哲哉がプロデュースしたことでも話題を提供。主演は前作に続き「評決のとき」のサンドラ・ブロック。相手役は降板したキアヌ・リーヴスに代わって「スリーパーズ」のジェイソン・パトリックを抜擢。共演は、敵役で怪演する「イングリッシュ・ペイシェント」「バスキア」のウィレム・デフォー。これがデビューとなる13歳の少女クリスティーン・ファーキンスに加え、ジョー・モートン、グレン・プラマーが前作に続いて再登場。

監督
ヤン・デ・ボン
出演キャスト
サンドラ・ブロック ジェイソン・パトリック ウィレム・デフォー テムエラ・モリソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフ・ネイサンソン