映画-Movie Walker > 人物を探す > アントニオ・モレノ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1964年 まで合計36映画作品)

1964年

危機の男

  • 1964年12月10日公開
  • 出演(Dr.Nierra 役)

ジョージ・タボリの原作小説を「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のリチャード・ブルックススが脚色・演出したアクションもの。撮影は「パリの恋人」のレイ・ジューン、音楽は「エル・シド」のミクロス・ローザが担当した。出演は「ミンクの手ざわり」のケーリー・グラント、「アラビアのロレンス」のホセ・フェラー 、ポーラ・レイモンド、ギルバート・ローランド、シグネ・ハッソなど。世界的ギタリスト、ビンセント・コメツがギター演奏で特別出演している。製作はアーサー・フリード。

監督
リチャード・ブルックス
出演キャスト
ケーリー・グラント ホセ・フェラー ポーラ・レイモンド シグネ・ハッソ
1956年

捜索者

  • 1956年8月23日公開
  • 出演(Emilio_Figueroa 役)

久方ぶりにジョン・フォードが取組む西部の叙事詩。廣野を背景に、深い愛情を呵責ない非情で包む西部男の物語。サタデー・イヴニング・ポスト誌連載、アラン・ルメイ原作“復讐するテキサス人”を「ミスタア・ロバーツ」のフランク・S・ニュージェントが脚色、「ミスタア・ロバーツ」に続きジョン・フォードが監督、ウィントン・C・ホックが撮影を担当。主演は「中共脱出」のジョン・ウェイン、「白い羽根」のジェフリー・ハンター、「フェザー河の襲撃」のヴェラ・マイルズ、「理由なき反抗」のナタリー・ウッド、他にフォード一家のワード・ボンド、ハリー・ケイリー・ジュニア、ジョン・ウェインの息子パトリック・ウェイン等が助演。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジョン・ウェイン ジェフリー・ハンター ヴェラ・マイルズ ワード・ボンド
1954年

大アマゾンの半魚人

  • 1954年7月12日公開
  • 出演(Carl_Maria 役)

ウィリアム・アランド製作、ジャック・アーノルド監督になる空想怪奇映画1954年作品。モーリス・ジムの原作を「地獄の狼」のハリー・エセックスとアーサー・ロスが脚色した。撮影は「第二の機会」のウィリアム・E・スナイダー、音楽は「サスカチワンの狼火」のジョセフ・ガーシェンソンの担当。「偽りの花園」のリチャード・カールソン、「ミシシッピの賭博師」のジュリア・アダムス、「ネヴァダ決死隊」のリチャード・デニング、「サスカチワンの狼火」のアントニオ・モレノ、ネスター・ペイヴァなどが出演。立体、平面の2版があるが本邦公開は平面版である。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
リチャード・カールソン ジュリア・アダムス リチャード・デニング アントニオ・モレノ

サスカチワンの狼火

  • 1954年4月1日公開
  • 出演(Dark_Cloud 役)

「グレン・ミラー物語」のアーロン・ローゼンバーグが製作し、「世界を彼の腕に」のラウール・ウォルシュが監督した1954年作品で、カナダ騎馬警官隊を扱ったテクニカラーの活劇。脚本は「命を賭けて」のジル・ダウドが書下した。撮影は「砂漠部隊」のジョン・サイツ、音楽は「王者の剣」のジョセフ・ガーシェンソンが担当。主演は「零下の地獄」のアラン・ラッドと「陽のあたる場所」のシェリー・ウィンタースで、J・キャロル・ナイシュ「ミズーリ横断」、ヒュー・オブライエン、ロバート・ダグラス「ゼンダ城の虜(1952)」、アントニオ・モレノ「雷鳴の湾」)、リチャード・ロングらが助演する。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
アラン・ラッド シェリー・ウィンタース J・キャロル・ナイシュ ヒュー・オブライエン
1953年

雷鳴の湾

  • 1953年10月25日公開
  • 出演(Dominique 役)

「ウィンチェスター銃'73」「怒りの河」の製作者アーロン・ローゼンバーグ、監督アンソニー・マン「裸の拍者」、主演ジェームズ・スチュアートのトリオになる海底石油採掘の色彩開拓劇1953年作品で、G・W・ジョージとG・F・スレーヴィンの原案をジョン・マイケル・ヘイズがストーリーにし、これにジル・ダウドが協力して脚色している。撮影は「ウィンチェスター銃'73」のウィリアム・ダニエルス、音楽は「砂漠部隊」のフcランク・スキナーの担当。主演のスチュアートの相手に、「赤い河」のジョーン・ドルウ、「無宿者」のダン・デュリエ、「悪人と美女」のギルバート・ローランドが共演し、以下ジョイ・C・フリッペン「怒りの河」、新人マーシャ・ヘンダースン、アントニオ・モレノ「征服への道」、ロバート・モネットが助演。

監督
アンソニー・マン
出演キャスト
ジェームズ・スチュアート ジョアン・ドルー ギルバート・ローランド ダン・デュリエ
1952年

征服への道

  • 1952年10月30日公開
  • 出演(Don_Francisco 役)

サミュエル・シェラバーガーの小説から「廃墟の群盗」のラーマ・トロッティが脚色、製作も担当した1948年度色彩活劇。監督は「愛欲の十字路」のヘンリー・キング、撮影は「大空輸」のチャールズ・G・クラークに、アーサー・E・アーリングが協力する。音楽監督はアルフレッド・ニューマン。主演は「黒ばら」のタイロン・パワー、「女海賊アン」のジーン・ピータース、「銀の靴」のセザア・ロメロ、以下、リー・J・コッブ、アントニオ・モレノ、トーマス・ゴメス、アラン・モーブレイ、バーバラ・ローレンス、ロイ・ロバーツ、マーク・ロウレンスらが助演する。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
タイロン・パワー ジーン・ピータース セザール・ロメロ リー・J・コッブ
1951年

ダラス

  • 1951年12月27日公開
  • 出演(Felipe 役)

W・B日本支社再開の第1回公開作品。「曉の討伐隊」などのゲイリイ・クーパーと「チャンピオン」や「見知らぬ乗客」などのルース・ローマンが主演した1950年製作のテクニカラー西部劇で、製作は「死の谷」のアンソニー・ヴェイラー、監督には「タルサ」のスチュアート・ハイスラーが当る。ウィル・F・ジェンキンスの小説より「船乗りシンバッドの冒険」のジョン・トゥイストが脚色し、撮影は「テレヴィジョンの王様」のアーネスト・ホーラー、音楽はマックス・スタイナーの担当。助演者は新進スティーヴ・コクラン、レイモンド・マッシー(「摩天楼」)、バーバラ・ペイトン(勇者のみ・未輸入)、リーフ・エリクソン(風変りな恋、モント・ブルー(無法者の群)、ウィル・ライト(「アダム氏とマダム」)、アントニオ・モレノら。

監督
スチュアート・ハイスラー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ルース・ローマン スティーヴ・コクラン レイモンド・マッセイ
1950年

海賊バラクーダ

  • 1950年1月12日公開
  • 出演

「情熱の航路」「カサブランカ」のポール・ヘンリード、「三十四丁目の奇跡(1947)」のモーリン・オハラ、「芸人ホテル」のウォルター・スレザクが主演するテクニカラー色彩の海洋映画で、ロバート・フェローズ製作の1945年作品。イーニアス・マッケンジーの書きおろし物を、「打撃王」のハーマン・J・マンキーウィッツとジョージ・ワーシング・イエーツ・イェーツが脚色し、「春の序曲」のフランク・ボーゼージが監督、「善人サム」のジョージ・バーンズが撮影した。助演は「西部の顔役(1942)」のビニー・バーンズ、「ユーモレスク(1946)」のフリッツ・ライバー、ジョン・エメリー、新人ナンシー・ゲイツ、「黄金(1948)」のバートン・マクレーン等で、音楽はハンス・アイスラーが作曲した。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ポール・ヘンリード モーリーン・オハラ ウォルター・スレザック ビニー・バーンズ
1936年

極楽浪人天国

  • 1936年公開
  • 出演(Dev_lshoof 役)

「極楽槍騎兵」「玩具の国」と同じくスタン・ローレルとオリヴァー・ハーディー組が主演する映画で、マイケル・ウィリアム・ボルフ作の喜劇から「極楽槍騎兵」のジェームズ・W・ホーンと「玩具の国」のチャールズ・バディー・ロジャースが共同監督に当たり、「極楽槍騎兵」「玩具の国」のアート・ロイドがフランシス・コービーと共同撮影している。助演者は「征空重爆撃」のアントニオ・モレノ「黒猫」のジャクリン・ウォルズ、「極楽槍騎兵」のジェームズ・フィンレイソン、メイ・ブッシュ等である。

監督
ジェームズ・W・ホーン チャールズ・バディー・ロジャース
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー アントニオ・モレノ ジャクリーン・ウェルズ
1935年

征空重爆撃

  • 1935年公開
  • 出演(Major_ManuelRover 役)

「戦時特派員」「男性の王者」のジャック・ホルトが主演する映画で、エリオット・ギボンス原作、「闇の銃声」のアルバート・デモンド脚色、「海軍士官候補生(1925)」のクリスティー・キャバンヌ監督、「倫敦の人狼」のチャールズ・ステューマー撮影になるもの。主役ホルトを助けて「恋の一夜」「心の緑野」のモナ・バリー、往時のスターで最近は専ら西班牙語版に出演しているアントニオ・モレノを始め「深夜の星」のジーン・ロックハート、グラント・ウィザース、ファニタ・ガルフィアス、バリー・ノートン、ジョージ・ルイス等が出演。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ジャック・ホルト モナ・バリー アントニオ・モレノ ジーン・ロックハート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アントニオ・モレノ