映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・ダヴ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1932年 まで合計34映画作品)

1932年

青空恋をのせて

  • 1932年公開
  • 出演(Lilli_de_Rosseau 役)

「地獄の天使(1930)」等の制作者ハワード・ヒューズが提供する映画で、「ミラクルマン(1932)」「海賊(1931)」のチェスター・モリスと「結婚解消記」「天才の妻」のビリー・ダヴが主演する。原作は「ウォタルウ橋」のロバート・E・シャーウッドとチャールズ・レデラーが書き卸したもので、昔フォックスで活劇を作っていたトム・バッギンガムが監督に当った。撮影は「南海の劫火(1932)」「陽炎の夢」のルシエン・アンドリオ。主役二人を助けて、「少年時代」のマット・ムーア、「犯罪都市(1931)」のウォルター・カトレットを始め、ルイ・アルバーニ、ヨーラ・ダヴリル等が出演している。

監督
トム・バッキンガム
出演キャスト
チェスター・モリス ビリー・ダヴ マット・ムーア ウォルター・カトレット
1931年

結婚解消記

  • 1931年公開
  • 出演(Jean_Hurd 役)

「女性に捧ぐ」「狼火」のフランク・ロイドが監督した映画で、「帰って来た恋人」等の原作者アーネスト・パスカルが、自作の小説を自ら脚色したものである。主役は「天才の妻」「猟奇ホテル」のビリー・ダヴで「歓呼の涯」「タッチダウン」のチャールズ・スターレット、「母性」のロイス・ウィルソン、「極楽特急」「月世界征服(1931)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「情熱のメキシコ」「疑惑晴れて」のメアリー・ダンカンが助演する。撮影は「六月十三日の夜」「歓呼の涯」のハリー・フィッシュベックが当たっている。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ビリー・ダヴ チャールズ・スターレット ロイス・ウィルソン エドワード・エヴァレット・ホートン

猟奇ホテル

  • 1931年公開
  • 出演(The_Maid 役)

「化粧の天使」「久遠の人生」と同じくビリー・ダヴ主演映画で、ウォルター・ハケット作の舞台劇に基づいて「化粧の天使」のフォレスト・ハルシーが脚色して台詞を書き、「殺人犯横行」「巴里(1929)」のクラレンス・G・バッジャーが監督し、「噂の姫君」「殺人犯横行」のジョン・サイツが撮影したものである。助演者は舞台から来たシドニー・ブラックマーをはじめ「赤新聞」「太無き妻」のクライヴ・ブルック「ビッグ・ハウス」「世界の与太者」のリーラ・ハイアムス、ジョン・ローダー、フレッチャー・ノートン、クロフォード・ケント等。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビリー・ダヴ シドニー・ブラックマー クライヴ・ブルック リーラ・ハイアムス
1930年

久遠の人生

  • 1930年公開
  • 出演(Edith_Larrison 役)

「化粧の天使」「心に秘めて」と同じくビリー・ダヴ嬢の主演する映画でオクタヴァス・ロイ・コーエン氏の原作から「魔の海」「恋の大分水嶺」のフレッド・マイトン氏が脚色し「シンギング・フール」「評判女候補者」のロイド・ベーコン氏が監督し、「彼の捕へし女」「恋の大分水嶺」のリー・ガームス氏が撮影したもの。主演者を助けて「大地の果てまで」「激流恋をのせて」のグラント・ウィザース氏「彼と女優」「ハバナから来た女」のケネス・トンプソン氏、フランク・シェリダン氏、ウィリアム・グレンジャー氏が顔を出している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ビリー・ダヴ ケネス・トンプソン グラント・ウィザース フランク・シェリダン

天才の妻

  • 1930年公開
  • 出演(Patria_Hanley_Gherardi 役)

オードレイ及びウェヴァリー・カーターの合作した舞台劇を基にして「悪魔スヴェンガリ」「クラック将軍」のJ・グラブ・アレキサンダーが映画脚本にまとめあげ、台詞を付し「オフィスワイフ」「四十八手の裏表」のロイド・ベーコンが監督し、「戦争」「狼火」のアーネスト・ホーラーが撮影を担任した。主演者は「化粧の天使」「愛欲の人魚」のビリー・ダヴで、助演者として「第一の恋」「がらくた宝島」のバジル・ラスボーン、「影を売る男」「愛欲の果て」のケイ・フランシス、「キスメット(1930)」「猫は這寄る」のモンタギュー・ラヴ、「地獄の一丁目」「摩天楼の銃声」のケネス・トムソンなどがつきあっている。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ビリー・ダヴ ベイジル・ラスボーン ケイ・フランシス モンタギュー・ラヴ
1929年

愛の試練

  • 1929年公開
  • 出演(Helene_Duval 役)

「愛欲の人魚」に次ぐビリー・ダヴ嬢主演映画で、アルフレット・ソロカワー氏とパウル・ローゼンハイム氏の合作舞台劇により、「情炎の美姫」「土曜日の乙女」のジョン・サイツ氏が撮影した。助演者は「あこがれ」「曙光の森」のアントニオ・モレノ氏、「浮気天国」のセルマ・トッド嬢、「赤い鳩」のノア・ビアリー氏、「ベン・ハー(1926)」のカーメル・マイヤー嬢等で、ホームズ・ハーバート氏、ロバート・フレイザー氏、上山草人氏も出演する。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ビリー・ダヴ アントニオ・モレノ セルマ・トッド ノア・ビアリー

愛欲の人魚

  • 1929年公開
  • 出演(Joan_Winslow 役)

「姫百合の花」「あこがれ」と同じくビリー・ダヴ嬢主演映画で、エリノア・グリン女史原作の小説を「情炎の美姫」「故郷の土」のアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し、「ライラック・タイム」「彼の捕えし女」「煩悩」と同じくジョージ・フィッツモーリス氏が監督した特作品である。キャメラは「真紅の海」「妖怪屋敷」のソル・ポリート氏が担任した。ダヴ嬢を助けて「ドラモンド大尉」「勝利者(1925)」のロッド・ラ・ロック氏、「高速度娘」のグウェン・リー嬢、ロバート・シェーブル氏等が出演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ビリー・ダヴ ロッド・ラロック グウェン・リー ロバート・シェーブル

化粧の天使

  • 1929年公開
  • 出演(Rodeo_West 役)

「愛欲の人魚」「心に秘めて」と同じくビリー・ダヴ嬢主演映画で、ファニー・ハースト女史原作の物語を「土曜日の乙女」「心に秘めて」のフォレスト・ハルシー氏が脚色し「アメリカ娘に栄光あれ」「娘新舊裏表」のミラード・ウェッブ氏が監督し、「情炎の美姫」「マネキンの夢」のジョン・サイツ氏が撮影したものである。相手役は「藪睨みの世界」「懐しのアリゾナ」のエドモンド・ロウ氏が勤め、ジョージ・マクファーレーン氏、J・ファーレル・マクドナルド氏、シシー・フィッツジェラルド嬢、ネリー・ブライ・ベイカー嬢等が助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ビリー・ダヴ エドモンド・ロウ ジョージ・マクファーレーン J・ファーレル・マクドナルド

心に秘めて

  • 1929年公開
  • 出演(Lady_Helen_Haden 役)

「愛欲の人魚」の次に製作されたビリー・ダヴ嬢主演映画で、ゾー・エイキンス女史作の舞台劇より「サタンの嘆き」「情炎の美姫」のフォレスト・ハルシー氏が脚色し、「トロイ情史」「ゴンドラの歌」のアレクサンダー・コルダ氏が監督した作品。撮影は「我等の海」「黄金の世界へ」のジョン・サイツ氏。助演者には「ジョアンの嘆き」「ゴリラ(1927)」のウォルター・ビジョン氏、「彼と女優」「疑惑の渦」のホームズ・ハーバート氏、「ドン・ファン(1926)」のモンタギュー・ラヴ氏の他にザズ・ビッツ嬢、セルマ・トッド嬢、プランドン・ハースト氏等がある。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
ビリー・ダヴ ウォルター・ピジョン ホームズ・ハーバート モンタギュー・ラヴ
1928年

あこがれ(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Duchess_Elena_Orloff 役)

「踊子気質」「姫百合の花」につづくビリー・ダヴ嬢主演映画で、「姫百合の花」の原作者ラヨス・ビロ氏が再び執筆し「熱血ボクシング手」「感傷の秋」のウィニフレッド・ダン女史が脚色し「情炎の美姫」「海の荒鷲(1926)」のフランク・ロイド氏が監督したものである。助演俳優は「あれ」「桃色女白浪」出演のアントニオ・モレノ氏、サッシャ映画「悪魔の満潮時」主演のルシー・ドレーン嬢、「姫百合の花」「婦人に御給仕」のニコラス・スーサニン氏及びエミール・ショーター氏等である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ビリー・ダヴ アントニオ・モレノ ニコラス・スーサニン ルシー・ドレーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・ダヴ