TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョン・サイツ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 2014年 まで合計83映画作品)

2002年

チェルシーホテル

  • 2002年8月3日(土)
  • 出演(Dean 役)

「トレーニング・デイ」での助演も記憶に新しい、イーサン・ホークの初監督作。伝説のホテルを舞台に、成功を夢見る人々の日常生活を、スタイリッシュな映像と共に描き出す。

監督
イーサン・ホーク
出演キャスト
ユマ・サーマン ロバート・ショーン・レナード スティーヴ・ザーン クリス・クリストファーソン
1995年

未来は今

  • 1995年1月14日(土)
  • 出演(Benny 役)

巨大企業の傀儡社長に仕立てられながら、愛と勇気と誠実さをもって孤軍奮闘する青年が辿った奇想天外な運命を描く、ハートフルなファンタジーロマン。デビュー作「ブラッド・シンプル」からカンヌ国際映画祭3部門受賞の「バートン・フィンク」まで、1作ごとに異なるタイプの作品を手掛けてきたジョエル&イーサンのコーエン兄弟が、フランク・キャプラ、ハワード・ホークス、プレストン・スタージェスら、往年のハリウッドの名匠監督たちを彷彿とさせる、スクリューボール・コメディ風の世界に挑戦した1作。兄弟が長年温めていた企画が「ダイ・ハード」「リーサル・ウェポン」の製作者ジョエル・シルヴァーの援助で実現、インディペンデントで活動してきた彼ら初のメジャー作品となった。冒頭と結末が繋がる物語の円環構造に象徴される円や、ビルからの落下=垂直性へのこだわりなど彼らの作風が凝縮されている点や、ストーリーテリングの妙、巨大で豪華なセット、出演者たちの好演など見どころは多い。監督はジョエル・コーエン、製作はイーサン・コーエン、エグゼクティヴ・プロデューサーはエリック・フェルナーとティム・ビーヴァン。脚本はイーサン、ジョエル、彼らが脚本に参加した「XYZマーダーズ」の盟友サム・ライミ(第2班監督も兼任)の共同。撮影は「バートン・フィンク」のロジャー・ディーキンス、音楽は「ブラッド・シンプル」以来、全作品に参加のカーター・バーウェル、美術は「ミラーズ・クロッシング」から参加のデニス・ガスナー、衣装は「赤ちゃん泥棒」から参加のリチャード・ホーナングと、コーエン作品の常連スタッフが結集。主演は「ボブ・ロバーツ」「ザ・プレイヤー」のティム・ロビンス。共演は「ルームメイト」のジェニファー・ジェイソン・リー、「ミスター&ミセス・ブリッジ」のベテラン、ポール・ニューマン、「ディック・トレイシー」のチャールズ・ダーニング、「シングルス」のジム・トゥルー、「バートン・フィンク」のジョン・マホーニーら。

監督
ジョエル・コーエン
出演キャスト
ティム・ロビンス ポール・ニューマン ジェニファー・ジェイソン・リー チャールズ・ダーニング
1989年

真夜中にコール・ミー

  • 1989年7月14日(金)
  • 出演(Pressure 役)

わいせつ電話を受けた女性記者が殺人事件に巻き込まれていくスリラー。監督はソレイス・ミッチェル。製作はジョン・E・クィルとケネス・H・マーテル。エグゼクティブ・プロデューサーはミッチェル・キャノルドとスティーヴン・ルーサー、ルース・ヴィタール。原案はカレン・ケイ。撮影はゾルタン・デイヴィッド。音楽はデイヴィッド・フランクが担当。

監督
ソレイス・ミッチェル
出演キャスト
パトリシア・シャーボノー スティーブン・マックハッティ ボイド・ゲインズ サム・フリード
1983年

ローズマリー(1981)

  • 1983年6月18日(土)
  • 出演(Kingsley 役)

プロムの夜に起きた無差別殺人を描くスリラー。製作はジョセフ・ジトーとデイヴィッド・ストレイト。監督は75年にB級スリラーAbduction(日本では76年に「誘拐!暴行!銃撃!/新聞王謎の令嬢パトリシア」と題してTV放映)を撮ったジョセフ・ジトー。脚本はグレン・レオポルド、ニール・バーベラ、撮影はラウル・ロマス、音楽はリチャード・エインホーンが担当。特殊メイクアップを「マニアック」のトム・サヴィーニが手掛けている。出演はヴィッキー・ドーソン、クリストファー・ゴートマン、ファーリー・グレンジャーなど。本国でのタイトルはThe Prowler。日本版字幕は岡枝慎ニ。カラー、スタンダード。1981年作品。

監督
ジョセフ・ジトー
出演キャスト
ヴィッキー・ドーソン クリストファー・ゴートマン シンディ・ワイントローブ ファーリー・グレンジャー
1960年

大爆破

  • 1960年4月24日(日)
  • 撮影

1895年頃の森林地帯を背景にした西部劇。ルイス・ラムーアの原作を、製作者アーロン・スペリングがジョセフ・ペトラッカと共同で脚色し、「やさしく愛して」のロバート・D・ウェッブが監督した。撮影は「サンチャゴ」のジョン・サイツ。出演は「誇り高き反逆者」のアラン・ラッド、「抱擁」のジーン・クレイン、「ビッグ・サーカス」ノギルバート・ローランドのほか、歌手のフランキー・アヴァロン、ライル・ベトガー、バーナー・フェルトン、ノア・ビアリー、レジス・トーミイ、アラナ・ラッドら。

監督
ロバート・D・ウェッブ
出演キャスト
アラン・ラッド ジーン・クレイン ギルバート・ローランド フランキー・アヴァロン
1958年

悪人の土地

  • 1958年8月29日(金)
  • 撮影

「島の女」のアラン・ラッドと「ヴァイキング」のアーネスト・ボーグナインという主演者の顔合わせにより、「最后の接吻」「カウボーイ」のデルマー・デイヴズが監督した西部劇。主演者2人の性格を生かした、友情と復讐の物語である。リチャード・コリンズの脚色による、W・R・バーネットの原作小説の映画化で、撮影監督は「大荒原」のジョン・サイツ。共演するのは「空中ぶらんこ」のメキシコ映画出身カティ・フラドー、TV出身の新人クレア・ケリイの2女優をはじめ、ケント・スミス、ネーミア・パーソフ、バーバラ・バクスレイ、ロバート・エンハート、ジーナ・プロベンディ、アンソニー・カルーソ等。製作はアーロン・ローゼンバーグ。

監督
デルマー・デイヴィス
出演キャスト
アラン・ラッド アーネスト・ボーグナイン カティ・フラード クレア・ケリー
1957年

大荒原(1957)

  • 1957年
  • 撮影

カンサスの大荒原を舞台にした西部活劇。フランク・グルーバーの原作をデイヴィッド・ドータートと「ザンチャゴ」のマーティン・ラッキンが共同脚色、監督、撮影監督も同じく「サンチャゴ」のゴードン・ダグラス、ジョン・サイツがそれぞれ担当、音楽も同様、デイヴィッド・バトルフが当った。主演は「島の女」のアラン・ラッド、「硝煙」のヴァージニア・メイヨ、「あの日あのとき」のエドモンド・オブライエン。助演は「太鼓の響き」のアンソニー・カルーソ、「捜索者」のジョン・クェーレン、「紅の翼(1954)」のジュリー・ビショップ、アラン・ラッド2世のデイヴィッド・ラッドなど。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
アラン・ラッド ヴァージニア・メイヨ エドモンド・オブライエン アンソニー・カルーソ
1955年

マッコーネル物語

  • 1955年12月22日(木)
  • 撮影

朝鮮戦争の空の勇士であり、その後新型ジェット機のテスト飛行 で事故死したジョセフ・L・マッコーネル大尉の半生記の映画化。「地獄への退却」をプロデュースしたテッド・シャーデマンの原作をシャードマン自身と「裸の拍車」のサム・ロルフが共同脚色し、「明日に別れの接吻を」のゴードン・ダグラスが監督した。撮影は「渡るべき多くの河」のジョン・サイツ、「エデンの東」のテッド・マッコードがセカンド・ユニット・フォトグラファーとして名を連ねている。音楽は「愛欲と戦場」のマックス・スタイナー。主な出演者は「太鼓の響き」のアラン・ラッドがマッコール大尉に扮する他、「もず」のジューン・アリソン、「愛欲と戦場」のジェームズ・ウイットモア、「銅の谷」のフランク・フェイレン、少年俳優ロバート・エリスなど。「獅子王リチャード」のヘンリイ・ブランク製作になるワーナー・カラー、1955年作品。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
アラン・ラッド ジューン・アリソン ジェームズ・ホイットモア フランク・フェイレン
1956年

渡るべき多くの河

  • 1956年1月2日(月)
  • 撮影

「掠奪された七人の花嫁」のジャック・カミングスが製作した1798年頃のケンタッキー州を舞台とした西部劇。監督は「悪徳警官」のロイ・ローランド。スティーヴ・フレージーの原作からハリー・ブロウンとガイ・トロスパーが共同脚色した。音楽はシリル・J・モックリッジ、撮影はジョン・サイツが担当した。主な出演者は「王家の谷」で共演したロバート・テイラーとエレノア・パーカー始めヴィクター・マクラグレン、「掠奪された7人の花嫁」のジェフ・リチャーズとラス・タンブリン、ジェームズ・アーネスなど。イーストマン・カラーによる1955年作品。

監督
ロイ・ローランド
出演キャスト
ロバート・テイラー エレノア・パーカー ヴィクター・マクラグレン ジェフ・リチャーズ

地獄の埠頭

  • 1956年6月30日(土)
  • 撮影

「狂恋の果て」のフランク・タトルが監督。撮影は「マッコーネル物語」のジョン・サイツ、音楽は「愛欲と戦場」のマックス・スタイナー。主演は「マッコーネル物語」のアラン・ラッド、「死刑5分前」のエドワード・G・ロビンソン、「覆面の騎士」のジョーン・ドルウ、助演はウィリアム・デマレスト、ポール・スチュワート。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
アラン・ラッド エドワード・G・ロビンソン ジョアン・ドルー ウィリアム・デマレスト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョン・サイツ

ムービーウォーカー 上へ戻る