映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェイ・モーア

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2011年 まで合計8映画作品)

2011年

ヒア アフター

  • 2011年2月19日(土)
  • 出演(ビリー 役)

名匠クリント・イーストウッド監督が、スティーブン・スピルバーグを製作総指揮に迎え、“死”を題材につづる感動の人間ドラマ。死後の世界と不思議な繋がりを持つ男女3人の運命が交錯する。『インビクタス 負けざる者たち』でアカデミー賞助演男優賞候補となったマット・デイモンが再び同監督作で重要な役どころに扮する。

監督
クリント・イーストウッド
出演キャスト
マット・デイモン セシル・ドゥ・フランス フランキー・マクラレン ジョージ・マクラレン
2003年

プルート・ナッシュ

  • 2003年5月17日(土)
  • 出演(Tony Francis 役)

人気コメディアン、エディ・マーフィが大活躍するSFアドベンチャー・コメディ。開拓時代の月を舞台に、クラブ・オーナーの決死の冒険がスリリングかつコミカルに展開。

監督
ロン・アンダーウッド
出演キャスト
エディ・マーフィ ランディ・クエイド ロザリオ・ドーソン ジョー・パントリアーノ

シモーヌ

  • 2003年9月13日(土)
  • 出演(Hal Sinclair 役)

アル・パチーノ主演のユニークな人間ドラマ。落ち目の映画監督が、再起をかけて作り出した完全無欠のバーチャル女優に振り回される姿をユーモラスに描いた悲喜劇だ。

監督
アンドリュー・ニコル
出演キャスト
アル・パチーノ レイチェル・ロバーツ キャサリン・キーナー ウィノナ・ライダー
2001年

ペイ・フォワード 可能の王国

  • 2001年2月3日(土)
  • 出演(Chris Chandler 役)

「ディープ・インパクト」のミミ・レダー監督のもとに、実力派キャストが結集。孤独な少年のアイデアが殺伐とした現代社会に希望の光をもたらす、ドラマティックな感動作。

監督
ミミ・レダー
出演キャスト
ケヴィン・スペイシー ヘレン・ハント ハーレイ・ジョエル・オスメント ジェイ・モーア
2000年

マイ・ハート,マイ・ラブ(1999)

  • 2000年5月20日(土)
  • 出演(Mark 役)

過去を乗り越えて生きようとする男女の姿を描く群像劇。監督・脚本は『ヘルガイバー 魔獣大戦』(V)のウィラード・キャロル。撮影は「ゴースト&ダークネス」のヴィルモス・ジグモンド。音楽は「007」シリーズのジョン・バリー。出演は「エントラップメント」のショーン・コネリー、「将軍の娘」のマデリーン・ストウ、「ボーン・コレクター」のアンジェリーナ・ジョリー、「Xファイル ザ・ムービー」のジリアン・アンダーソン、「ミルドレッド」のジーナ・ローランズ、「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップ、「ドラゴンハート」のデニス・クェイドほか。ナスターシャ・キンスキーが特別出演。

監督
ウィラード・キャロル
出演キャスト
ショーン・コネリー マデリーン・ストウ アンジェリーナ・ジョリー ライアン・フィリップ
1999年

200本のたばこ

  • 1999年11月20日(土)
  • 出演(Jack 役)

大晦日、年越しパーティーに集う独身男女の姿をコミカルに描いた恋愛群像劇。監督は「ピースメーカー」などのキャスティング・ディレクターとして知られるリサ・ブラモン・ガルシアで、本作が監督デビュー。脚本はシェイナ・ラーセン。撮影は「リアル・ブロンド」のフランク・プリンゼ。音楽は「ハンナとその姉妹」のマイケル・ブラモン。出演は「恋は嵐のように」のベンとケーシーのアフレック兄弟、「I love ペッカー」のクリスティーナ・リッチ、「ラリー・フリント」のコートニー・ラヴほか。

監督
リサ・ブラモン・ガルシア
出演キャスト
ベン・アフレック ケイシー・アフレック ギレルモ・ディアス ジャニーヌ・ギャロファロ

ポーリー

  • 1999年3月27日(土)
  • 出演(声)(voice of Paulie 役)

人間の言葉をしゃべる不思議なオウムの冒険を描いたファンタジー・ロマン。監督は「草原とボタン」のジョン・ロバーツ。脚本はローリー・クレイグ。製作は「フラッド」のマーク・ゴードンとアリソン・リオン・セーガン、「12モンキーズ」のゲーリー・レヴィンソン。製作総指揮はジニー・ニュージェント。撮影はトニー・ピアース=ロバーツ。音楽はジョン・デブニー。美術はデニス・ワシントン。編集はブルース・ワシントン。衣裳は「ビッグ・リボウスキ」のメアリー・ゾフレス。SFXは「ジュラシック・パーク」のスタン・ウィンストン。出演はオウムのポーリーの声が「スモール・ソルジャーズ」のジェイ・モーア。共演は新人のハリー・ケイト・エイゼンバーグ、「微笑みをもう一度」のジーナ・ローランズ、「フロム・ダスク・テイル・ドーン」のチーチ・マリン、「クルーシブル」のブルース・デイヴィソンほか。

監督
ジョン・ロバーツ
出演キャスト
ジーナ・ローランズ トニー・シャルーブ チーチ・マリン ブルース・デイヴィソン
1997年

ザ・エージェント

  • 1997年5月17日(土)
  • 出演(Bob Sugar 役)

理想主義のスポーツ・エージェントが挫折のどん底で愛する人に出会い、本当に大切なものに気づく姿を描く、ハートフルなサクセス&ラブ・ストーリー。製作・監督・脚本は「シングルス」のキャメロン・クロウ。製作はクロウ、「愛と追憶の日々」の監督ジェームズ・L・ブルックス、同作を手掛けたローレンス・マーク、リチャード・サカイの共同。撮影は「キルトに綴る愛」のヤヌス・カミンスキー。音楽は元『ローリング・ストーン』誌の編集者だった監督らしく、ダニー・ブラムソンの監修の下、ブルース・スプリングスティーン、ザ・フー、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、エルヴィス・プレスリー、そして監督夫人のナンシー・ウィルソン(オリジナル・スコアも)らの多彩な楽曲が劇中に使用されている。美術は「シングルス」のスティーヴン・ラインウィーヴァー、編集は「JFK」のジョー・ハッシング、衣裳は「パルプ・フィクション」のベッツィ・ハイマン。主演は「ミッション:インポッシブル」のトム・クルーズと「エンパイア レコード」のレニー・ゼルウィガー。共演は「アウトブレイク」のキューバ・グッディングJr.、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のケリー・プレストン、「ジュマンジ」のボニー・ハントほか。96年度(第54回)ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞(トム・クルーズ)、96年度(第69回)アカデミー賞助演男優賞受賞(キューバ・グッディングJr.)。

監督
キャメロン・クロウ
出演キャスト
トム・クルーズ キューバ・グッディング・Jr レニー・ゼルウィガー ケリー・プレストン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェイ・モーア