TOP > 人物を探す > William Fildew

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1923年 まで合計7映画作品)

1923年

我れ死すとも

  • 1923年
  • 撮影

1922年6月からコリアー誌に連載されたアーサー・ソマーズ・ローシェ氏原作の小説を、ジューン・メイシス女史とキャサリン・カヴァノー女史が脚色し、「法の外(1921)」「妖雲渦巻く」「スタムブールの處女」等を監督したトッド・ブラウニング氏がゴールドウィンにおける第一回作品である。主役は「売られて行く魂」「愛欲の渦」等出演のエリナー・ボードマン嬢、「足音」「激怒(1923)」等出演のタイロン・パワー氏、「ホワイト・タイガー」「ミニー」等出演のレイモンド・グリフィス氏、「愛国の喇叭」「爆弾児」等出演のウォーレス・マクドナルド氏で、その他なかなかによい顔ぶれであった。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
エリナー・ボードマン タイロン・パワー レイモンド・グリフィス ウォーレス・マクドナルド

ホワイト・タイガー

  • 1923年
  • 撮影

プリシラ・ディーンが「妖雲渦巻く」と「嵐の娘(1949)」の間に主演したジウエル映画で、「法の外(1921)」「妖雲渦巻く」等を監督したトッド・ブラウニングが原作及び監督をした。脚色はブラウニングとチャールズ・ケニヨンの手になり、ディーンの対手役は「妖雲渦巻く」と同じくマット・ムーアとウォーレス・ビアリー。ディーン得意の女賊劇である。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
プリシラ・ディーン マット・ムーア レイモンド・グリフィス ウォーレス・ビアリー
1922年

二国旗の下

  • 1922年
  • 撮影

「野に咲く花」に次いで製作されたプリシラ・ディーン嬢主演のユ社ジウエル特作品で有名なウィーダ女史の小説を原作してトッド・ブラウニング氏及びエドワード・T・ロウ・ジュニア氏脚色し、「法の外(1921)」と同じくブランウニング氏が監督した。相手役としてはジェームズ・カークウッド氏が出演し、その他色敵役で有名なスチュアート・ホームズ氏や「一騎当千の男」等に出演のエセル・グレイ・テリー等が出演している。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
プリシラ・ディーン ジェームズ・カークウッド ジョン・デイヴィッドソン スチュアート・ホームズ

情熱地獄

  • 1922年
  • 撮影

フォックス社を去りしばらく欺界をさっていたグラディス・ブロックウェル嬢が映画界に復帰ユ社に入って主演した第一回映画でルイス・D・ライトン氏の原作をホープ・ロアリング氏が脚色し、古くから俳優としてお馴染みのアーヴィング・カミングス氏が監督したものである。スチュアート・ホームズ氏マーロン・ハミルトン氏エドナ・マーフィ嬢等立派な共演触れ。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
グラディス・ブロックウェル スチュアート・ホームズ マーロン・ハミルトン リリアン・ウェスト
1921年

焔の山道

  • 1921年
  • 撮影

「北国の巨人」等と同じくロバート・ソーンビー氏の監督で、フランク・メイオ氏が主演した活劇である。ウァールド誌は立派に監督撮影された深刻な劇的物語であると評している。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
フランク・メイオ Frank Holland Verne Winter バート・スプロット

沈黙の都

  • 1921年
  • 撮影

「海の壮漢」「子煩悩」等同様パ社トーマス・ミーアン氏主演映画で、「海の壮漢」と同じくかつて俳優としても知られたトム・フォーマン氏が監督した。ジョン・モロッフ氏の小説 The Quarry からフランク・コンドン氏が脚色したもので、相手役はお馴染みのロイス・ウィルソン嬢。

監督
トム・フォーマン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ロイス・ウィルソン ケイト・ブルース ポール・エヴァートン
1919年

彼女の霊感

  • 1919年
  • 撮影

ジョージ・D・ベイカーとトム・ジェラティーが共同で原作および脚色した人情喜劇で、ロバート・ソーンビーの監督、メイ・アリソンとハーバート・ヘイスの共演である。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
メイ・アリソン ハーバート・ヘイス Charles Edler Allen D. Sears
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > William Fildew

ムービーウォーカー 上へ戻る