TOP > 映画監督・俳優を探す > ハーマン・ヤウ

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2020年 まで合計10映画作品)

2020年

ホワイト・ストーム

  • 11月13日(金)
  • 監督、脚本

「追龍」のアンディ・ラウと「SPL 狼たちの処刑台」のルイス・クーが共演した香港ノアール。ティンが組織の掟に背き麻薬に手を出した義兄弟の地蔵に制裁を加えてから15年後、香港麻薬四天王の一人となった地蔵と麻薬撲滅に向け動くティンの全面対決が始まる。「レクイエム-最後の銃弾-」の第2弾で、ルイス・クーが引き続き出演。アンディ・ラウは自らプロデューサーを務める。監督は「SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班」のハーマン・ヤウ。第92回アカデミー賞国際長編映画賞香港代表作品。特集『のむらコレクション(のむコレ2020)』にて上映。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
アンディ・ラウ ルイス・クー クリッシー・チャウ カリーナ・ラム

新喜劇王

  • 4月10日(金)
  • 共同監督

チャウ・シンチーが主演・監督を務めた1999年の香港興収1位コメディ「喜劇王」を、女性を主人公にして新たに映画化。女優志望だが、端役や死体役ばかりのモンは、かつてのスター俳優マーの主演作に抜擢される。だが、マーは演技も性格も最低最悪だった。出演は、「アイスマン」シリーズのワン・バオチャン、本作がスクリーンデビューとなるエ・ジンウェン。チャウ・シンチーが監督・脚本・製作を担当し、「イップ・マン」シリーズのハーマン・ヤウが共同監督を務める。

監督
チャウ・シンチー
出演キャスト
ワン・バオチャン エ・ジンウェン チャン・チュエンダン ジン・ルーヤン
2019年

ザ・スリープ・カース

  • 2019年2月1日(金)
  • 監督

「八仙飯店之人肉饅頭」などで脚光を浴びた監督ハーマン・ヤウと主演アンソニー・ウォンのコンビによるホラー。睡眠を研究するDr.ラムの元に、元婚約者が助けを求めてやってくる。彼女の家族は、攻撃的になり人肉を欲するという異様な不眠症に陥っていた。睡眠を研究する一方で自ら不眠症を抱えるサイコパスのDr.ラムをアンソニー・ウォンが演じるほか、「少女たち」のミシェル・ワイ、「SPL 狼たちの処刑台」のラム・カートンらが出演。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
アンソニー・ウォン ミシェル・ワイ ジョジョ・ゴー ラム・カートン
2018年

SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班

  • 2018年8月18日(土)
  • 監督、脚本、撮影

「グレートウォール」のアンディ・ラウ主演、自らプロデューサーも務めたアクション。1年半前に爆弾物処理局指揮官チョンが捕まえ損ねたテロリスト集団のボス・ホンらが再び香港へ。そしてチョンへの復讐と身代金を目当てに、香港市民を人質に爆弾を仕かける。監督は「イップ・マン 最終章」のハーマン・ヤウ。「インファナル・アフェア」などの中華圏の作品のみならず「スパイダーマン2」などハリウッド作品も手がけるディオン・ラムがアクション指導している。2017東京・中国映画週間にて北京語吹替された中国公開版が上映された(同企画タイトル「ショックウェーブ」)。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
アンディ・ラウ チアン・ウー ソン・ジア フィリップ・キョン
2012年

イップ・マン 誕生

  • 2012年3月17日(土)
  • 監督

ブルース・リーの師として知られるイップ・マン。その知られざる幼年〜青年期にスポットを当てた人間ドラマ。イップ・マン同様に詠春拳の使い手で、ドニー・イェンに次ぐ新世代アクションスターと呼ばれるデニス・トーが若き日の主人公に。また、その師匠役でサモ・ハン・キンポーとユン・ピョウが10年ぶりの共演を果たしている。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
デニス・トー ルイス・ファン サモ・ハン・キンポー ユン・ピョウ
2007年

忍者

  • 2007年3月31日(土)
  • 監督、脚本

K-1ファイターの魔裟斗が主演した、日本・香港・中国合作のアクション。人類存亡のカギを握る新薬を巡り、伊賀と甲賀の忍者が剣と拳の乱舞する熾烈なバトルを展開する。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
魔裟斗 白田久子 ホアン・シェンイー ウォン・ジーワー
2001年

ドリフト(2000)

  • 2001年6月2日(土)
  • 撮影

ハリウッド進出も果たした香港の巨匠ツイ・ハークが、故郷を舞台に久々の正統派アクションを完成。2人のアウトローと非情な組織との壮絶な死闘が、スリリングに展開。

監督
ツイ・ハーク
出演キャスト
ニコラス・ツェー Wu Bai アンソニー・ウォン Couto Remotigue Jr.
1996年

欲望の街・外伝 ロンリーウルフ

  • 1996年
  • 監督

人気シリーズ「欲望の街」を世に出した三人アンドリュー・ラウ、マンフレッド・ウォン、バリー・ウォンらに製作された番外編。監督は「エボラ・シンドローム」のハーマン・ヤオ。出演は「ブエノスアイレス」のトニー・レオン、「ドラゴン危機一発'97」のカルメン・リー、そして「欲望の街」シリーズの常連ラム・ソーンイーとン・チーホンが客演。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
トニー・レオン カーマン・リー ジョーダン・チャン ラム・ソーンイー
1997年

エボラ・シンドローム 悪魔の殺人ウィルス

  • 1997年3月29日(土)
  • 監督

猛毒病原菌“エボラ菌”に感染した犯罪者が香港中を徘徊し、特殊な免疫のある本人は知らないままに、周囲をパニックに陥れる姿を猟奇趣味たっぷりに描いた、グロテスクな異色サスペンス。猟奇映画ブームを巻き起こした『八仙飯店人肉饅頭』(V)で一躍注目を集めた俳優アンソニー・ウォンと、監督のハーマン・ヤウが、香港の娯楽王バリー・ウォンの製作のもと、再びコンビを組んだ。共演は「恋する天使」のセン・フイオンほか。「スーパークレイジー極悪列伝」として2015年8月1日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて上映された。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
アンソニー・ウォン シン・フイオン ワン・イェンミン ロー・マン
2015年

八仙飯店之人肉饅頭

  • 2015年8月1日(土)
  • 監督

マカオで実際に起こった猟奇殺人事件を基にしたスプラッターホラー。海岸からバラバラ死体が発見され、ウォンという男が逮捕された。彼は雇い主一家を殺し、バラバラにして饅頭の具に混ぜて客に食わせていたと自供し始めた。2016年8月1日より開催された特集上映『III級片(スーパークレイジー)極悪列伝』にて劇場初公開された。【スタッフ&キャスト】監督:ハーマン・ヤウ 製作・出演:ダニー・リー 出演:アンソニー・ウォン/ラウ・スーミン/クァン・ボーウァイ/ハグマン・ウォン

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
アンソニー・ウォン ダニー・リー ラウ・スーミン クァン・ボーウァイ

関連ニュース

アンソニー・ウォンとハーマン・ヤウが再タッグを組んだ『ザ・スリープ・カース』
『人肉饅頭』の惨劇再び…とことん血まみれ!ぶっ飛びまくりのカニバルムービーがアツい!? 2月2日 21:00

人が人を食べる…。そんな禁忌である“カニバリズム”を描いた映画はこれまでにも数多く作られ、描き方は違えど『悪魔のいけにえ』(74)、『食人族』(80)や、『羊たちの沈黙』(91)、『デリカテッセン』(91)、最近では『R…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ハーマン・ヤウ

ムービーウォーカー 上へ戻る