映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・サロシー

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2007年 まで合計9映画作品)

2007年

ウィッカーマン

  • 2007年9月1日(土)公開
  • 撮影

1973年の英国製カルト・ムービーをニコラス・ケイジ主演でリメイク。奇怪な因習の残る孤島を訪れた警官の恐怖体験と、その壮絶な運命を描く異色サスペンス映画だ。

監督
ニール・ラビュート
出演キャスト
ニコラス・ケイジ エレン・バースティン ケイト・ビーハン フランセス・コンロイ
2005年

秘密のかけら

  • 2005年12月23日(金)公開
  • 撮影

カナダの名匠、アトム・エゴヤンによるミステリー。ある美女の全裸死体事件からコンビを解消した2人の芸人と、その謎を追うヒロインの駆け引きを幻惑的に映す。

監督
アトム・エゴヤン
出演キャスト
ケヴィン・ベーコン コリン・ファース アリソン・ローマン レイチェル・ブランチャード
2004年

トリコロールに燃えて

  • 2004年10月30日(土)公開
  • 撮影

シャーリーズ・セロン主演によるラブ・ストーリー。第2次世界大戦下の激動のパリを舞台に、享楽的に生きる奔放な女性の生きざまと、真実の愛の行方を痛切に映し出す。

監督
ジョン・ダイガン
出演キャスト
シャーリーズ・セロン ペネロペ・クルス スチュアート・タウンゼント トーマス・クレッチマン
2003年

アララトの聖母

  • 2003年10月4日(土)公開
  • 撮影

アルメニア人の虐殺を題材に、「スウィートヒアアフター」のアトム・エゴヤン監督が描く一大叙事詩。1枚の絵画を題材に、家族のきずなと民族の歴史を壮大な視点でつづる。

監督
アトム・エゴヤン
出演キャスト
デイヴィッド・アルペイ シャルル・アズナヴール アーシニー・カンジャン マリ・ジョゼ・クローズ
2001年

デュエット

  • 2001年9月29日(土)公開
  • 撮影

人気女優グウィネス・パルトロウを主演に、実父ブルース・パルトロウが監督を手がけた人間讃歌。問題を抱える人々がカラオケを通じて心を通わせ絆を深める姿を、やさしくつづる。

監督
ブルース・パルトロウ
出演キャスト
グウィネス・パルトロウ ヒューイ・ルイス マリア・ベロ スコット・スピードマン
2000年

白い刻印

  • 2000年6月1日(木)公開
  • 撮影

 主人公ウェイド役に演技派、N・ノルティ。父親の呪縛から逃れられずに人生を踏みはずす悲劇の男を、激しい情念をたたえて演じ、アカデミー賞にもノミネートされた。

監督
ポール・シュレイダー
出演キャスト
ニック・ノルティ ジェームズ・コバーン シシー・スペイセク ウィレム・デフォー

フェリシアの旅

  • 2000年3月18日(土)公開
  • 撮影

純粋な少女と悪魔的な中年男の奇妙な交流を描いた異色サスペンス。監督・脚本は「スウィート ヒアアフター」のアトム・エゴヤン。原作はウィリアム・トレヴァーの同名作(角川文庫刊)。製作は「ペイバック」のブルース・デイヴィ。製作総指揮はポール・タッカーとラルフ・カンプ。撮影のポール・サロシー、音楽のマイケル・ダナ、編集のスーザン・シプトンは「スウィート ヒアアフター」に続く参加。美術は「知らなすぎた男」のジム・クレイ。衣裳は「ベルベット・ゴールドマイン」のサンディ・パウエル。出演は新人のエレーン・キャシディ、「シークレット・エージェント」のボブ・ホスキンス、監督夫人である「スウィート ヒアアフター」のアルシネ・カーンジャンほか。

監督
アトム・エゴヤン
出演キャスト
ボブ・ホスキンス エレーン・キャシディ アルシネ・カーンジャン ピーター・マクドナルド
1998年

スウィート ヒアアフター

  • 1998年7月25日(土)公開
  • 撮影

スクールバス転落事故が起こった小さな町をめぐる謎めいた物語を、独特の美学で描き出す神秘性あふれる人間ドラマ。監督・脚本は「エキゾチカ」のアトム・エゴヤン。製作はエゴヤンとカメリア・フリーバーグ。製作総指揮はロバート・ラントスとアンドラス・ハモリ。原作はベストセラー作家、ラッセル・バンクスの名作『この世を離れて』(邦訳・早川書房)。さらにドイツの童話『ハメルンの笛ふき』が引用されている。撮影は「エキゾチカ」のポール・サロシー。音楽は「エキゾチカ」「カーマ・スートラ」「百合の伝説」などのマイケル・ダンナ。美術はフィリップ・バーカー。編集はスーザン・シップトン。出演は「炎のランナー」「裸のランチ」「フィフス・エレメント」のイアン・ホルム、「エキゾチカ」のサラ・ポーリーと「エキゾチカ」のブルース・グリーンウッド、エゴヤン監督の妻であるアルシネ・カーンジャンほか。97年カンヌ国際映画祭グランプリなど各賞を受賞。

監督
アトム・エゴヤン
出演キャスト
イアン・ホルム カーサン・バンクス サラ・ポーリー トム・マッカムス
1997年

エキゾチカ

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 撮影

「エキゾチカ」なるナイトクラブと、裏稼業で稀少動物を密輸するペットショップを舞台に、最初はバラバラの4人の主人公たちの過去と現在が複雑にからまっていく過程を、独特のパズル感覚で描いた人間ドラマ。監督のアトム・エゴイアンは長編第6作となる本作が日本に初紹介。脚本もエゴイアンが自身のアイディアを基に単独で執筆。音楽はプラネタリウムの専属作曲家の出身という変わり種のマイケル・ダンナ、美術は「ジョン・キャンディの大進撃」のリンダ・デル・ロザリオとリチャード・パリスのコンビ、編集のスーザン・シップトンはエゴイアン作品の常連。出演は「蘭の女」「パッセンジャー57」のブルース・グリーンウッド、「告発」のミア・カーシュナー、「グレン・グールドに関する32章」「ロードキル」の脚本家でもある「月の瞳」のドン・マッケラー、エゴイアン夫人のアルシネー・カーンジャン、「クラッシュ」のエライアス・コーティアスほか。94年カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞、95年カナダ映画賞(ジニー賞)8部門(作品、監督、脚本、助演男優、撮影、美術、衣裳、音楽)受賞。

監督
アトム・エゴヤン
出演キャスト
ブルース・グリーンウッド ミア・カーシュナー ドン・マッケラー アルシネー・カーンジャン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・サロシー